コリアンダーシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

元気が欲しい時、お腹の調子が悪い時などにも

コリアンダー(Coriander)

コリアンダーとは

日本ではカレー粉に欠かせないスパイスとして知られるコリアンダー。葉と果実がスパイス・薬味として利用されており、葉はコリアンダーリーフ、果実は種子のように見えることからコリアンダーシードと呼ばれています。カレーに使われているのは主にコリアンダーシードの方。カルダモンなどと同様にカレーのイメージから刺激的な香りを持つと思われがちですが、コリアンダーシードは単品だと「オレンジに近い」と称される甘く爽やかな香りがしますよ。エスニック料理のイメージがあるスパイスですが、ベネディクティーヌ酒およびシャルトルーズ酒など有名なリキュール類やビール類・クッキーなどの焼き菓子の香り付けにも使われています。

ちなみに葉の方はコリアンダーリーフという呼称よりも“パクチー”の名の方で定着しています。中華料理で香菜(シャンツァイ)やチャイニーズパセリと呼ばれているのもコリアンダーの葉=パクチー。独特な香りから好き嫌いは別れますが、こちらもタイを始めとする東南アジア系の料理の普及でお馴染みの存在となっていますね。かつては乾燥して香辛料として用いられるものは果実も葉もまとめて“コリアンダー”と呼んでいたそうですが、パクチーという呼び名が定着した現在は単にコリアンダーと言った場合はコリアンダーシードの方を指すのが一般的になっています。葉は生であればパクチー、乾燥したものはコリアンダーリーフもしくは乾燥パクチーと言う方が多いのではないでしょうか。

そんなコリアンダーはセリ科に分類される一年草で、原産地は地中海東部~中東地域にかけてのエリアだと推測されています。学名はCoriandrum sativumで、和名はコエンドロ。コリアンダーの葉であるパクチーは好き嫌いが激しく「あの香りだけは無理…」という方も少なくありませんし、カメムシに似ていると表現される独特の臭気や属名の由来(説)から「カメムシソウ」という別名も知られています。コリアンダーという呼び名や属名についてもカメムシが語源とする説がありますが、属名のCoriandrumはコリアンダーを意味する古代ギリシア語koriannon(ラテン語のcoriandrum)。更に遡って古代ギリシア語koriannonの語源になってはじめて、南京虫を意味するギリシア語“koris”から変化したという説が出てきます。

ただしコリアンダーは3500年以上前のテーベの医学書にも記録が残っている歴史ある薬草で、バビロンの空中庭園に植えられていたという伝説もあります。古代エジプトでは「幸福をもたらすスパイス」とされていたとも言われ、ファラオ(ラムセス2世)の墓からもコリアンダーシードが発見されていますよ。古代ギリシアでは「医学の祖」と称されるヒポクラテスが薬として処方していたと伝えられていますし、料理用や保存料・媚薬など幅広く用いられていたことも分かっています。ヨーロッパ以外では、やはり原産地付近と言える中近東地方でもコリアンダーが媚薬として用いられていたと考えられています。1000年以上前には原型ができていたとされる『千夜一夜物語(アラビアンナイト)』の中にもコリアンダーが媚薬として用いられていたという記述があるのだとか。こうした歴史を考えると南京虫を意味する言葉が語源とは考え難い部分もありますから、キャラウェイまたはクミンを意味する“karon”から派生した言葉だという説の方が納得出来るような気がしますね。

コリアンダーの精油はコリアンダーシードとコリアンダーリーフの2種類がありますが、単に「コリアンダー」と呼ばれた場合はコリアンダーシードの方を指すのが一般的となっています。使用する部位が違いますから勿論パクチー系の香りではありませんし、香辛料として使われるコリアンダーシードとも少し雰囲気が違うと感じる方が多いようです。コリアンダーシード精油の香りはビターな柑橘系のような印象がメインで、ほのかにウッディーさやスパイシーさを含んだ温かい香り。スパイス系の精油の中で最もクセがなく、激しく嫌われることのない部類と称されることもありますよ。この大人っぽく、程よくスパイシーな香りから石鹸・化粧品・香水などの原料としても需要が高いそうです。コリアンダーそのものは世界中で栽培されていますが、精油は主にロシアや東欧で生産されています。

基本データ

通称
コリアンダー・シード(Coriander seed)
別名
コエンドロ
(葉はパクチー、香菜、中国パセリ、コエンドロ、カメムシ草などとも)
学名
Coriandrum sativum
科名/種類
セリ科コエンドロ属/一年草
主産地
ロシア、ルーマニア、インド、ハンガリー
抽出部位
完熟した果実(種子)
抽出方法
水蒸気蒸留法
無色~淡い黄色
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
中くらい
代表成分
リナロール、酢酸ゲラニル、カンファー、ゲラニオール、α-ピネン、y-テルピネン、リモネン、ミルセンなど
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・ハウスキーピング

主に甘さと爽やかさを感じるが、その奥にスパイシーさを含む妖艶な香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・神経疲労
  • 気持ちの落ち込み・無気力
  • 不安・緊張・心配
  • イライラ・興奮
  • リフレッシュしたい
  • 前向きになりたい
  • 集中力・やる気を保ちたい
  • 気持ちを安定させたい

【肉体面】

  • 消化不良・食欲不振
  • 冷えによる腹痛や下痢に
  • 血行不良・冷え性
  • 関節痛・神経痛・筋肉痛
  • むくみ軽減・デトックスに
  • 疲労・慢性疲労の軽減に
  • 風邪・インフルエンザ予防に
  • デオドラント用として

Sponsored Link

コリアンダーシードに期待される効果・効能

心への作用

コリアンダーの爽やかながらスパイシーさを含む香りには精神・神経に対する刺激作用があるとされており、ストレスや精神的な疲労感で気持ちが落ち込んでしまっている時に適していると考えられています。スッキリとした香りは気分をリフレッシュさせてくれますし、前向きさややる気を取り戻す手助けが期待できます。アドレナリンの分泌を促すという説もあり、特に倦怠感が強い・無気力状態に陥っている時に適し香りであるとも言われていますよ。また記憶力・集中力が低下しているときに役立つ精油として紹介されることも多く、やる気と集中力を保ちたい仕事・勉強中の香りに使われる事もあります。

スパイス系の精油は高揚・刺激作用を持つとされるものが多いですが、実はコリアンダー精油の6~7割を占めている主成分はモノテルペンアルコール類のリナロール。リナロールはローズウッドバジル(ctリナロール)などの主成分で、鎮静作用や抗不安作用などが期待されている成分でもあります。このためコリアンダー精油は気分を高揚させるだけではなく、気持ちを落ち着けたり、心のバランスを整える働きも期待できるでしょう。インドでは安眠促進のためのスパイスとしてコリアンダーが利用されるという話もありますので、ストレスなどによってイライラしたり精神が昂ぶって寝付けない時にも役立ってくれるかも知れません。

体への作用

古くはヒポクラテスが健胃作用を持つ生薬として利用したと伝えられ、現在でもコリアンダーは健胃・整腸作用の期待できるスパイスとして各地で利用されています。スパイスからは若干香りが変わっているように感じるコリアンダーシードの精油ですが、こちらも同様に健胃・駆風・食欲増進・消化促進作用など消化器系への働きかけに優れた存在と考えられています。リナロールを筆頭にストレスを緩和してくれる働きが期待できる成分が多いことと合わせて、ストレス性の便秘・下痢・腹部膨張(ガスによるお腹のハリ)・食欲不振などにも有効と言われています。

またリナロールには抗菌作用や抗ウイルス作用も報告されており、コリアンダー精油としても抗感染症作用を持つ精油に数えられています。胃腸の調子を整える働きと合わせて風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも役立つとされていますし、風邪気味でお腹の調子が良くないときにも回復をサポートしてくれるでしょう。スッキリめの香りであること・食欲増進などの働きが期待できることから夏バテ予防・軽減にも利用できます。

巡り・デトックスサポートにも…

コリアンダーは血行を促し体を温める働きがある精油とも考えられています。上記の胃腸機能サポートに役立つとされる理由の一つにも、お腹の冷えを軽減することが関係していると考えられます。鎮痛・鎮痙作用と合わせて血行不良が原因の肩こりや筋肉痛、冷えによって痛みが悪化する関節痛・神経痛・リウマチなどの軽減にも効果が期待されています。

そのほか内分泌系に対しての刺激作用を持つとする説もあり、リンパの流れを整える働き+血行促進作用によってデトックス(老廃物の排泄促進)にも役立つと考えられています。デトックスや血行促進作用からむくみや冷え性の改善に良い・疲労回復に良いという声もありますよ。

女性の体への働きかけについて

コリアンダーシードの精油はゲラニオールを含むことから、生理痛の緩和や月経不順など女性特有のトラブル軽減に役立つという説もあります。しかしゲラニオールは女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を助ける可能性があると言われているものの、その作用についてはハッキリと解明はされていません。同じくゲラニオールを含むゼラニウム精油の場合は「女性ホルモン様(エストロゲン様)作用をもつ成分は含まれていない」という見解も少なくありませんから、コリアンダー精油の場合も女性ホルモン様作用については期待しないほうが良いでしょう。

ただし血液・リンパ液の循環を促したり体を温める働きが期待できるため、生理痛の軽減に繋がる可能性はあります。同様に血行不良の改善・リナロールなどの成分が自律神経のバランスを整えることで、月のリズムを整える手助けとしても効果が期待できます。また妊娠中の使用は避けるべき精油とされているため、女性ホルモン様作用については定かではありませんが安全のために大切な時期の利用は避けて下さい。

その他作用

皮膚利用について

コリアンダーは17世紀にパリのカルメル会の修道女たちが作った化粧水の成分として利用されたという歴史があり、現在でも皮膚に対して有益な働き(蕁麻疹・湿疹・火傷の回復など)があるとする説もあります。しかし皮膚刺激性が強くコリアンダー精油そのものが皮膚炎症を起こす原因となる可能性が高いため、スキンケアなどにはほとんど使用されていません。低濃度に希釈することで足や足裏などのマッサージに利用されることはありますが、顔など皮膚が薄く敏感な部分への利用は避けたほうが良いでしょう。

デオドラント(消臭)にも

リナロールやカンファーなど抗菌・抗真菌が期待できる成分が多く含むことから、コリアンダーは嫌な臭いを発するバクテリアなどの増殖を抑制し消臭(デオドラント)に役立つと言われています。特に足の裏やなど汗で蒸れ雑菌が繁殖しやすい場所から発生する体臭対策に良いと考えられていますよ。皮膚刺激性があるので使用には注意が必要ですが、希釈してデオドラント用のアロマスプレーを作っておくと身体以外にも靴の中敷きや洗濯物の生乾き臭対策などにも活用できます。

コリアンダーシードの利用について

相性の良い香り

コリアンダーシードはスパイス系の精油に分類されるものの、香りとしては柑橘系のニュアンスを持ち合わせています。このため量さえ気をつければほとんどの系統の香りとマッチしますが、特に同系統の柑橘系・スパイス系とは相性が良いと言われています。さっぱりした印象で香りそのものもあまり強くない精油ですが、多量に使用すると麻痺を起こす可能性があるので香りに奥行きを出す程度に使用するのがオススメです。

【コリアンダーシードのブレンド例】

コリアンダーシード精油の注意点

  • 妊娠中・幼児は使用を控えましょう。
  • 大量に使用した場合は知覚麻痺などを引き起こす危険性や、皮膚刺激を起こす危険性があります。多量・長時間の使用を避け、利用する場合は低濃度希釈を心がけて下さい。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ