スパイス系

1/3ページ

ガランガル精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガランガルは香辛料として用いられているショウガ科植物で、やや甘さのある生姜に似た香りが特徴。酢酸ゲラニル・リナロールなど様々な成分が含まれています。リフレッシュ効果・気持ちを前向きにするサポートに役立つと考えられるほか、1,8-シネオールの働きから風邪予防や

ターメリック精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カレーの材料として知られるターメリック。香辛料としても精油としても一般的に「ターメリック」と呼ばれているものは秋ウコンと呼ばれる種類(学名:C. longa)が使用されています。精油はスパイシーさとウッディー感のある温かい香りが特徴で、心に対しての刺激・強壮作用や消化機能サポートなどに役立つと考えられています。だたしカンファーなどのケトン類をはじめ様々な微量成分が含まれているため刺激性・毒性・感作作用などが

アジョワン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやキャラウェイなどと同くセリ科のスパイスであり、アーユルヴェーダを代表するハーブの1つにも数えられるアジョワン。精油はモチールなどのフェノール類含有量が多く刺激性・毒性が高いと考えられますが、強い殺菌効果と抗真菌・抗ウィルス作用が高いことから風邪やインフルエンザ予防

シナモンバーク精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド濃度が高いこと・長期間の継続利用で毒性(肝機能障害)の危険があるクマリン類を含んでいることから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて前向きさを取り戻す手助けを

クベブ/キュベブ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クベブ(キュベブ)はブラックペッパーと近縁種にあたるコショウ科で、精油はスパイシーさを含むビターな香りが特徴。クールな芳香から香水原料としても利用されますし、インド伝統医療アーユルヴェーダでは口腔・呼吸器ケアに良い生薬ともされています。精油も呼吸器系や消化器系のサポートに

オールスパイスの精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オールスパイスはナツメグ・シナモン・クローブの3つのスパイスの香りが含まれていることが名前の由来で、複雑でニュアンス感に満ちた香りから男性用・ユニセックス香水にも利用されています。オイゲノールの働きによる抗菌・抗ウイルス作用や、血液循環を改善して体を温める働き、消化機能サポートなど

キャラウェイシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ディルやクミンと同じセリ科に属し、スパイスとしても利用されるキャラウェイシード。精油は甘苦さとスパイシーさの混じった複雑な香りを持ち、d-カルボンとリモネンが主成分。どちらも鎮静作用が期待できる成分のためメンタルサポートに効果が期待されていますし、胃腸機能のサポートや血行促進など

クミン/クミンシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カレースパイスとしてもお馴染みのクミン。精油は催淫作用があるとも称されるムスク調のスパイシーな香りが特徴で、消化器系への働きかけが高いと考えられています。鎮痛・抗痙攣作用と合わせて腹痛をはじめ関節痛など様々な痛みの緩和に、殺菌消毒作用から風邪予防高価なども期待されていますよ。強壮

1 3