スパイス系一覧

アジョワン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやキャラウェイなどと同くセリ科のスパイスであり、アーユルヴェーダを代表するハーブの1つにも数えられるアジョワン。スパイシーさとハーバルさを併せ持つな香りですが、精油はモチールなどのフェノール類含有量が高く刺激性・毒性が高いと考えられるためアロマテラピーではほとんど用いられていません。しかし強い殺菌効果と抗真菌・抗ウィルス作用が高いことから風邪などの予防に、また刺激・覚醒作用があるとされ気持ちを高めたい時や前向きさを取り戻したい時のサポートに役立つのではないかとも

シナモンバーク精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド類の含有率が高いことから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて気分ややる気を高める働き・血行を促し体を温める働き・消化機能をサポートする働きなども期待されています。ブレンド用としてごく少量加える

クベブ/キュベブ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クベブはブラックペッパーなどと近縁種にあたるコショウ科の植物。スパイシーさを含むビターな香りが特徴で、香水原料としても利用されています。アーユルヴェーダでは伝統的に口腔・呼吸器ケアに利用されており、芳香成分的にも呼吸器系や消化器系のサポートに役立つと考えられています。リラックスや精神面の強壮効果も期待出来る

オールスパイスの精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オールスパイスはナツメグ・シナモン・クローブの3つのスパイスの香りが含まれていることが名前の由来で、複雑でニュアンス感に満ちた香りから男性用・ユニセックス香水としても利用されています。オイゲノールの働きによる抗菌・抗ウイルス作用や、血液循環を改善して体を温める働きなどが期待できますし、消化器系への働きかけや鎮痛

キャラウェイシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ディルやクミンと同じセリ科に属し、スパイスとしても利用されるキャラウェイシード。精油は甘苦さとスパイシーさの混じった複雑な香りを持ち、d-カルボンとリモネンという鎮静作用を持つ成分が主成分のため精神安定に役立ってくれるでしょう。肉体面に関しても胃腸サポート、血行促進、冷え性改善、月経促進、鎮痙・去痰などの働きが

クミン/クミンシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

セリ科のハーブの一つで、カレー粉の原料として日本でもお馴染みのクミン。クミンシード精油は消化器系への働きかけに優れた精油とされており、消化不良や腹部膨張感(ガスによるお腹の張り)の改善・食欲不振などの軽減に有効とされています。また強力な強壮作用と催淫作用による精神面のサポート、殺菌消毒作用があるため風邪予防などにも効果が期待されていますが、強い光毒性があるため使用には注意が必要と

アニス/アニシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

独特の甘い芳香を持つアニシード精油。消化器系のサポートに高い効果が期待され、お腹の張りや便秘ケアにも役立つとされています。また精神に対しては鎮静と高揚と両作用を持つと考えられており、ストレス性の不調軽減効果が期待出来るでしょう。そのほか女性ホルモン様作用を持つとされる「トランスアネトール」を含むため、月経トラブルやPMS・更年期障害など女性の心と体の不調サポートに繋がる可能性も

ローレル/月桂樹のアロマ(精油):効果効能紹介

ベイリーフや月桂樹(ゲッケイジュ)とも呼ばれるローレル。料理用ハーブとしても用いられており、やや甘みのあるスパイシーな香りを持ちます。精神面へは優れた鎮静作用があり気持ちを落ち着かせ、自分に自信を持たせてくれます。肉体面に対しては消化器系へのサポートに優れているほか、抗菌・抗ウイルス・免疫力向上作用

Sponsored Link