オリエンタル系

ホワイトチャンパカ/マグノリア精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ホワイトチャンパカ(マグノリア)はシャンパンを連想させる、フルーティーフローラル系の香りから香料として人気のある植物。心地よい香りを楽しむの利用が主であり、使用データが少ないため作用については分かっていませんが、精油成分ではリナロールが多いことからストレス対策にも繋がると

カナンガ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カナンガはアジア熱帯地域に分布するイランイランと非常に近い樹木(花)を原料とした精油で、香りもよく似ています。β-カリオフィレンが多いこと・微量成分を含めると100種類以上の芳香成分を含むことからストレスケアなどに効果が期待されています。PMSや更年期障害による精神面

アンブレットシード/ムスクシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンブレットはムスクシードとも呼ばれる、種子に麝香に似た甘く陶酔感を持つ香りがある植物です。原産地である熱帯アジアではスパイスとしても利用されていますし、抽出された精油もアロマテラピー的目的よりは香水・食品香料としての利用が主。しかし女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用が

サンダルウッド/白檀精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

サンダルウッドは白檀とも呼ばれる世界最古の香料(香木)の一つにも数えられる樹木。精油はお寺や仏間を連想させるしっとりとした香りで、定着性が高く時間の経過と共に香りが成熟し品質が向上するとことが特徴。気持ちを落ち着ける働きが非常に強いと考えられていますが、抑鬱の場合は鎮静効果が強

パチュリー/パチョリ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

墨汁のようなとも称される独特なスモーキー調の香りから、好き嫌いがくっきり分かれるパチュリー(パチョリ)精油。精油は心を落ち着けるサポートに用いられるほか、リンパの巡りを整える・食欲抑制作用が期待できることからダイエット中のサポートにも取り入れられています。またスキンケア面において

ベチバー精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

湿った土のような臭いとも称され好き嫌いが別れるベチバー精油。インドでは宗教的儀式やアーユルヴェーダで使用され、現在でも「安静のオイル」と呼ばれ瞑想時の香りにも使われています。また血行促進や軽い通経作用による月経トラブルの緩和、皮膚の再生促進作用や皮脂分泌調整作用による美肌

【アロマ】イランイラン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

イランイランは甘く濃厚な香りが特徴的で、呼び名も“花の中の花”を意味する言葉が語源。華やかでセクシーな香りは女性らしさを与えるとも言われていますよ。また鎮静・高揚両方により心のサポートに、血行促進作用やホルモンバランス調整作用と合わせて生理痛・月経前症候群(PMS)・更年期障害