ウッディー(樹木)系一覧

コウヤマキ(高野槇)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本の航空会社がファーストクラスで使用した事が報じられたこともあり、国産精油として注目されているコウヤマキ(高野槙/高野槇)。和歌山県にある真言宗の総本山“高野山”の周辺に多く生えていることが名前の由来とされており、イチョウとともに生きた化石と称される植物でもあります。精油は枝葉から採油されるので木を切り倒す必要はありませんが、採油率が低いので貴重な存在。香りは樹木系経由の中でもシャープな印象で、心身をリラックスさせてくれる働きが期待されていますよ。そのほかストレス性の胃腸トラブルや循環不良改善・免疫力サポートや風邪予防についてなど、コウヤマキ精油に期待される作用や使用時の注意点・精油のブレンド例をご紹介します。

ダグラスファー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

北米原産ベイマツから採油されるダグラスファーの精油。ピネン類が主成分であることから神経系や肉体面の疲労回復や強壮をサポートしてくれると考えられています。清々しい森の香りであり、α-ピネンには免疫機能賦活作用も期待できるので風邪などの感染症予防にも役立ってくれるでしょう。そのほか血行促進作用による冷え性改善など

ブルーサイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジャーマンカモミールに含まれているカマズレンと同じ“アズレン誘導体”に含まれるグアイアズレン(Guaiazulene/ガイアズレンとも)を含み、濃い青色が特徴のブルーサイプレス。抗ウィルス作用や抗炎症作用・抗アレルギー作用などあると考えられ、花粉症などのアレルギー症状軽減、皮膚の治癒・再生促進効果などが期待

ヒバ/アスナロ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒバやアスナロと呼ばれ建材の青森ヒバなどでも馴染みのある樹木を原料としたヒバ精油。「ヒノキチオール」という精油成分が低毒性かつ幅広い抗菌作用を持つことが報告され、化粧品・医薬品・食品などに添加されています。ご家庭でも天然の抗菌・消臭・防虫剤として役立ってくれますし、フレッシュな樹木の香りでリラックス効果も期待

シダーウッド・テキサス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シダーウッド・テキサスはアメリカ大陸に自生するヒノキ科ビャクシン属の樹木で、ヒマラヤスギ(Cedrus)属のホワイトシダーなどよりもジュニパーに近い存在。やや甘みのある香りを持つとされており、シダーウッド・バージニアンの代替品として用いられています。鎮静作用や呼吸器ケアに効果が期待できますが、刺激が強いため注意

シベリアモミ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロシアでは“伝統療法の万能薬”とも呼ばれているシベリアモミを原料とした精油は、カンファー感がありファー系精油の中でもスッキリとした香りが特徴。他モミ系の精油と同様にα-ピネンやリモネンを多く含むことからメンタルバランスを整える働きや強壮、風邪・インフルエンザ予防に役立つと考えられています。また血行を促進する成分

ヘムロックスプルース/ツガ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スプルース系精油の中では比較的メジャーなヘムロック(ツカナダツガ)は、同じ北アメリカ原産のブラックスプルースよりも明るく爽やかな印象のある香りが特徴。緊張を和らげたり自律神経のバランスを整える・強壮などに役立つ香りと考えられている他、疲労回復や冷え性・循環不全の改善・呼吸器系トラブルや風邪予防などにも効果が期待

バルサムファー/カナディアンファー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

北米原産のバルサムモミ(カナディアンファー)を原料とするバルサムファーはやや甘みのあるライトな香りが特徴で、清々しい森の香りでリラックス・リフレッシュ効果が期待できます。免疫力向上や抗菌作用による風邪予防や、血液・リンパ液の循環を改善する働きから冷え性やむくみの緩和にも役立つと考えられています。心と体をクリアに

Sponsored Link