フローラル系一覧

フレンチラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

花穂の先端にウサギの耳ような二つの花びらがあることが特徴のフレンチラベンダーは、スパニッシュラベンダーや学名からストエカスラベンダーなどとも呼ばれるラベンダーの近縁種。精油はカンファー感のあるハーバルな香りが特徴ですが、神経毒性のあるケトン類を多く含むため取扱の難しい精油でもあります。ただしケトン類による殺菌・抗菌作用や、粘液溶解や去痰作用などが期待できることから風邪・呼吸器トラブルに効果が期待されています。脂肪溶解作用が期待できることからダイエットに役立つ可能性がある精油としても注目されています。そのほかフレンチラベンダー精油に期待されている働きや、オススメのブレンド・使用時の注意点などをご紹介します。

チャンパカ(金香木)アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

エキゾチックで甘い香りを持つチャンパカアブソリュート。原料は原産地であるインドなどでは「神聖な木」として大切にされてきた樹木であるキンコウボク(金香木/金厚朴)の花。“世界一高価な香水”『Joy』に用いられたことで香水産業で注目されるきっかけであったとも言われる通り、高価なアブソリュートのためアロマテラピーでは使われていません。しかしリナロールを含んだ華やかな香りはメンタル面のサポートにも役立つとされ、ストレス対策や気持ちの落ち込み軽減をサポートしてくれると考えられています。女性特有の不調にも役立ってくれる可能性もあるでしょう。そのほかチャンパカ・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

キンモクセイ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

秋の風物詩の一つとも言われる金木犀と近い、どこかノスタルジックな甘くスパイシーな香りを持つキンモクセイアブソリュート。あまり流通しておらずアロマテラピーでもほぼ用いられませんが、親しみやすい香りの香料として愛されています。成分的にもリナロールやゲラニオールが含まれていることから鎮静・抗うつ・抗不安などの働きが期待されており、芳香を楽しむことで皮膚に対する抗炎症作用が期待できるという説もあるようです。また食欲を促す物質(オレキシン)を減少させる・香りを嗅いだマウスに体重減少が見られたという報告もあることからダイエットサポートにも注目されています。そのほかキンモクセイについてや、期待される作用や使用時の注意点などについてもご紹介します。

フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フランジュパニは別名“プルメリア”とも呼ばれ、ジャスミンに似た甘くフローラルな香りを持つ熱帯の植物。アブソリュートはより濃密な、南国を連想するような濃厚なフローラル調で、リラックスタイムの演出や香水作りなどに役立ちます。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されていますよ。冷所で保存すると固形化する可能性がありますが、ブレンドしやすい香りでもあるのでフローラル系の香りが好きな方には自分へのご褒美として楽しんでみて下さい。そのほかフランジュパニに期待される作用や使用時の注意点などもご紹介します。

カーネーション・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

母の日に贈る花として馴染み深く、恋愛運アップに良いとも言われるカーネーション。香料は水蒸気蒸留の精油ではなく、溶剤抽出したアブソリュートが使われています。甘みのあるフローラル感・クローブのようなスパイシー感・草のようなグリーン感を併せ持つ濃厚な香りは香料として高く評価されていますよ。採油率が低いため入手困難かつ高価であり、アブソリュートということもありアロマテラピーでは基本的には使用されていません。芳醇で温かみのある香りはストレス軽減やリラックスに良いという説もありますが、フレグランス作りがメインと言える存在です。そのほかカーネンションアブソリュートに期待される働きや、使用時の注意点などについてもご紹介しています。

ミモザ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

万人受けするグリーンさを含んだ上品なフローラル調の香りを持つミモザ・アブソリュート。少量しか採油できないため高価ですし粘度も高いことからアロマとして利用される少ないですが、高級香水やフレグランススプレー原料として人気があります。リラックス・抗鬱作用が期待できますし、香りの継続時間も長いのでごく少量をベースとして

セントジョーンズワート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

抗鬱作用が期待できるとしてハーブティーやサプリメントでよく利用されるセントジョーンズワート。精油(エッセンシャルオイル)は流通量が少なく高価たなめかなりマニアックな部類に属しますが、深みのあるハーバルな香りで、リフレッシュ・リラックス効果が期待できます。PMSや更年期障害など女性特有のイライラや落ち込み緩和にも

バイオレット/スミレ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

西洋ではローズやラベンダーと並ぶ香料として親しまれきた歴史を持つバイオレット(ニオイスミレ)。古くから花の香りによる鎮静効果も知られており、興奮を落ち着けるときや就寝用としても古くから利用されてきたのだとか。花から香りを抽出したバイオレッドアブソリュートは採油量が少なく高級ですし、アブソリュートですのでアロマテラピーとして用いられることは少ない存在。しかし優れた鎮静作用が期待されており、ストレス・怒り・イライラなどの軽減や不眠対策に役立つと考えられています。また穏やかな鎮痛作用や利尿・発汗・循環器系刺激作用からむくみや血行不良・冷え性などに有効とする説もあるバイオレット精油についてや、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link