PMS(月経前症候群)一覧

ホルモンバランス調整機能・もしくはホルモンバランスを整える働きがある成分、生理前のイライラや落ち込み対策などPMS(月経前症候群)緩和に役立つもの

カナンガ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カナンガはアジアの熱帯地域に分布するイランイランと非常に近い樹木(花)を原料とした精油で、香りもよく似ています。イランイランの代替品に使われていたり、逆に3級以下のグレードが低いイランイラン精油をカナンガオイルとして売られていたりとグレーな部分も指摘されているため、購入時には信頼できるメーカーを選ぶなど注意が必要。アロマテラピーでは用いられていない精油でしたが、β-カリオフィレンが多いこと・微量成分を含めると100種類以上の芳香成分を含むことからストレスケアなどに効果が期待されています。PMSや更年期障害の精神面のサポートにも繋がる可能性がありますよ。そのほかカナンガ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ホップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ビールの材料としてお馴染みのホップ。シュメール文明期には既にポップと大麦を使って自然発酵させたビールの原形があったと言われるほどで、嗜好品としてではなく薬としても用いられていたと伝えられています。中世ヨーロッパのハーブ辞典にはホップの鎮静効果も記されており、現在でもドイツのコミッションEなどで認められています。ホップ精油は日本では非常にマイナーな存在ですが、鎮静作用や小鎮痛・抗炎症作用が期待できるとして欧米を中心に取り入れられているそう。ただし香気成分については未解明な部分も多くエストロゲン様作用なども不明瞭であること、常用すると逆に鬱症状の原因となる可能性がある・皮膚刺激性が強いなど注意点についてもご紹介します。

タイム・ゲラニオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ゲラニオールはモノテルペンアルコール類のゲラニオールを多く含むタイムのケモタイプ精油。酢酸ゲラニルやリナロールなども含まれており、ハーバル感が強いタイム系精油にはめぐらしく薔薇を連想させるフローラル調の香りが特徴です。ゲラニオールや酢酸ゲラニルなどの含有が高いため鎮静・抗不安作用など精神面のサポートに優れた働きを持つと考えられていますし、女性領域でのサポートも期待されています。また抗菌・抗ウィルス作用を持つと考えられるため風邪などの感染症予防に有効とされ、フェノール類をほとんど含まないことから刺激が低く皮膚利用も可能な精油とされています。そのほかタイム・ゲラニオール精油に期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

チャンパカ(金香木)アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

エキゾチックで甘い香りを持つチャンパカアブソリュート。原料は原産地であるインドなどでは「神聖な木」として大切にされてきた樹木であるキンコウボク(金香木/金厚朴)の花。“世界一高価な香水”『Joy』に用いられたことで香水産業で注目されるきっかけであったとも言われる通り、高価なアブソリュートのためアロマテラピーでは使われていません。しかしリナロールを含んだ華やかな香りはメンタル面のサポートにも役立つとされ、ストレス対策や気持ちの落ち込み軽減をサポートしてくれると考えられています。女性特有の不調にも役立ってくれる可能性もあるでしょう。そのほかチャンパカ・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フランジュパニは別名“プルメリア”とも呼ばれ、ジャスミンに似た甘くフローラルな香りを持つ熱帯の植物。アブソリュートはより濃密な、南国を連想するような濃厚なフローラル調で、リラックスタイムの演出や香水作りなどに役立ちます。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されていますよ。冷所で保存すると固形化する可能性がありますが、ブレンドしやすい香りでもあるのでフローラル系の香りが好きな方には自分へのご褒美として楽しんでみて下さい。そのほかフランジュパニに期待される作用や使用時の注意点などもご紹介します。

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンブレットは熱帯アジアが原産のアオイ科植物で、ムスクシードとも呼ばれるように麝香(ムスク)に似た香りを持つ種子を付けることが特徴。原産地であるアジアではスパイスとしても利用されてきた植物の一つであり、近年は植物性のムスク様香料として動物保護観点からも注目されています。抽出される精油はアロマテラピーにというよりは香水・食品香料としての利用が主体ですが、甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあるとも言われていますよ。また女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用が見られたという報告もあるため、女性の美と健康サポートにも期待されています。そのほかアンブレットシード精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

バルサムコパイバ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バルサムコパイバは南米・熱帯地域に自生する樹木。南アメリカで生活していたインディオ達は古くから貴重な薬用植物として木の中心部にある樹液を利用しており、「天然の秘薬(万能薬)」や「アマゾンの秘宝」とも呼ばています。コパイバの樹脂を原料とした精油は甘めのウッディーさに、胡椒のようなスパーシーさを含む香りが特徴。主成分であるカリオフィレンには抗炎症作用を持つ可能性も報告されていますよ。そのほかコパイバについてや、精油に期待される作用・使用時の注意点などをご紹介します。

スパイクナード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクナードは非常に古い歴史を持つ精油の一つで、キリストの足を拭う際に使われた「ナルドの香油(ナルデの香油)」とも言われています。土を燻したような個性的かつ濃厚な香りのため、好き嫌いは別れますが、グラウンディング作用が高い精油として精神面に起因する不調の緩和に高い効果が期待

Sponsored Link