PMS(月経前症候群)一覧

ホルモンバランス調整機能・もしくはホルモンバランスを整える働きがある成分、生理前のイライラや落ち込み対策などPMS(月経前症候群)緩和に役立つもの

ホップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ビールの材料としてお馴染みのホップ。シュメール文明期には既に野生のポップと大麦を使って自然発酵させたビールの原形があったと言われるほど人との関わりが深く、また嗜好品としてではなく薬としても用いられていたと伝えられています。中世ヨーロッパのハーブ辞典にはホップの鎮静効果も記されており、現在でもドイツのコミッションEなどで認められています。ホップ精油は日本では非常にマイナーな存在ですが、鎮静作用や小鎮痛・抗炎症作用が期待できるとして欧米を中心に取り入れられているそう。ただし香気成分については未解明な部分も多く、常用すると逆に鬱症状の原因となる可能性がある・皮膚刺激性の強い精油であるという説もあります。エストロゲン様作用なども不明瞭なので

タイム・ゲラニオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ゲラニオールはモノテルペンアルコール類のゲラニオールを多く含むタイム(T. vulgaris)のケモタイプ精油で、薔薇を連想させるフローラル調の香りが特徴。酢酸ゲラニルやリナロールなども含まれていることから精神面のサポートに高い効果が期待されており、刺激性が低いので適切に希釈すれば皮膚利用も可能

チャンパカ(金香木)アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

エキゾチックで甘い香りを持つチャンパカアブソリュートは、インドなどで神聖な木とされているキンコウボク(金香木/金厚朴)の花を原料としています。“世界一高価な香水”『Joy』に用いられたことで香水産業で用いられるようになりました。アロマテラピーでは使われませんが、華やかな香りはメンタル面のサポートにも役立つのでは

フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

南国を連想するような甘くフローラルな香りのフランジュパニ(プルメリア)アブソリュート。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されています。血行不良や冷え性軽減に良いとも言われていますが血圧降下

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

麝香(ムスク)に似た香りの種子から採油されるアンブレッドシード。アロマテラピーというよりは香水・香料としての利用が主体ですが、植物性ムスクのため動物保護的な観点からも注目されています。甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあると考えられていますし、女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用も報告され

バルサムコパイバ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

コパイババルサムノキは古くから南米のインディオ達が樹液などを薬用として利用し「天然の秘薬(万能薬)」や「アマゾンの秘宝」と呼ばれています。精油は甘みのあるウッディー系で、抗不安やストレス軽減、風邪予防や呼吸器系トラブル緩和などに利用されています。またエモリエント作用や抗炎症作用があるためスキンケアや皮膚炎症緩和

スパイクナード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクナードは非常に古い歴史を持つ精油の一つでキリストの足を拭う際に使われた「ナルドの香油(ナルデの香油)」としてもよく知られています。香りは重く個性的なため好き嫌いが別れますが、グラウンディング作用が高い精油として精神安定(鎮静)・精神面に起因する不調の緩和に高い効果が期待されています。血行促進や月経リズム

ガルバナム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガルバナムの精油はバルサミックさ・グリーンさ・甘さ・スパイシーさを併せ持った複雑な香りが特徴で、高級香水原料としてよく利用されています。鎮静・リラックス作用による精神安定や神経疲労の緩和に役立つと考えられるほか、女性ホルモン様物質を含むため女性特有の不調緩和にも効果が期待されています。呼吸器系や消化器系を整える

Sponsored Link