PMS(月経前症候群)一覧

ガルバナム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガルバナムは古くから宗教面でも大切にされてきた香料で、旧約聖書にモーセが用いたという記述もある樹脂香料。精油はバルサミックさ・グリーンさ・甘さ・スパイシーさを併せ持った複雑な香りが特徴で、現在でもスピリチュアルな方面で利用されているほか、オリエンタル系の高級香水の香りとしても知られる存在。精神安定や神経疲労の緩和にも効果が期待されています。女性ホルモン様物質を含むという説もありますよ。そのほかガルバナム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ラブダナム/シストローズ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラブダナムはシストローズの木の芳香性樹脂のこと。“世界最古の天然芳香剤”とも言われるほど古くから人々に香料・薬用として利用されてきた存在で、甘く重厚な香りが特徴です。現在でも香水原料やスキンケアに優れた働きを持つオイルとして化粧品原料などに使われており、鎮静作用によって緊張をリラックスさせる働きも期待されています。そのほか自律神経のバランスを整えることで血液やリンパの循環を整える、風邪予防などラブダナム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アニス/アニシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アニスシード精油はスパイスの時と同じく甘い香りがあり、柑橘系やスパイス系の香りと相性も良いのでブレンドにもよく使われています。昆虫忌避作用があるので天然成分の防虫剤としても重宝しますよ。アニスも他スパイス系精油と同様にお腹の張りや便秘ケアなど消化器系のサポートが得意な精油とされていますし、月経トラブルやPMS・更年期障害など女性の心と体の不調サポートに繋がる可能性もあると考えられています。そのほかアニスシード精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

バレリアン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バレリアンは古代ギリシア時代から神経の高ぶりを抑えて、眠りに導いてくれるハーブとして用いられていた歴史があり、古くは「オールヒール(全てが治る)」や「神様の睡眠薬」とも呼ばれたハーブ。ハーブやサプリメントと比べるとバレリアン精油というのはマイナーな存在ですが、イソ吉草酸バレレニル・バレレノール・バレレナールなどの特徴成分の働きからメンタル面のサポートに役立つと考えられています。そのほか睡眠サポートなどバレリアン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

サイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒノキに似た軽めで爽やかさのある森林系の香りから、ウッディー系の中でも特に好き嫌いが少ないと言われるサイプレスの精油。精油成分としてもα-ピネン含有量が高めのため、香りを嗅ぐことで森林浴状態を作り出しリラックスやリフレッシュに役立ちます。ストレスケアやメンタルサポートに役立つと考えられていますし、セロドールという成分には不眠改善に有効性も示唆されています。また女性ホルモンのバランスを整える・循環系を整える作用などから女性のお悩みの軽減にも広く利用され、セルライト対策やダイエットにも取り入れられています。そのほか呼吸器系ケアやデオドラントなどサイプレス精油に期待されている作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タラゴン/エストラゴン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タラゴンもしくはフランス語から「エストラゴン」と呼ばれるハーブは、アニスに似ていると称される甘い芳香が特徴。精油の主成分はエストラゴールを筆頭としたフェノールエーテル類で、消化機能サポートのほか生殖器系の強壮作用を持つ可能性がある精油として無月経・生理不順・生理痛など女性特有の不調軽減効果が期待されています。心を刺激して活力を与えると言われていることと合わせてPMSや更年期障害の不調にも役立ってくれるでしょう。その他に花粉症緩和、血行促進による冷えの改善、抗菌・抗ウィルス作用による風邪やインフルエンザ予防対策などタラゴンの精油に期待される働き、エストラゴールに指摘されている毒性や刺激性・使用時の注意点などをご紹介します。

セージ(コモンセージ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

コモンセージは和名を薬用サルビアとされる種で、料理用ハーブとしてもお馴染みのセージ。シャープでクリアな香りが特徴的で、頭をシャッキリと冴えさせる・抗うつ作用によって気分の落ち込み軽減に効果が期待されています。そのほか消化器系の働きを高める・女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分を多く含むことから生理不順や少量月経などの月経トラブルや更年期障害の軽減にも役立つと言われていますよ。そのほかコモンセージ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。特にコモンセージ精油は刺激が強いため、敏感肌の方や疾患がある方などは使用を控えたほうが良い精油の一つにも数えられています。利用する場合は特性や注意事項を確認しましょう。

ベチバー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カビっぽい土の臭いなどとも称される独特の香りから、好き嫌いが別れるベチバー精油。インドなど熱帯アジアを原産とするイネ科植物の根が原料で、古代インドでは宗教的儀式やアーユルヴェーダの治療にも用いられていたのだとか。現在でも「安静のオイル」「静寂のオイル」とも呼ばれるほど高い鎮静効果があると考えられていますし、血行促進や軽い通経作用・貧血予防など女性に嬉しい働きも期待され広く用いられています。心と体両方の強壮に良いという説もあり女性特有の不調にも取り入れられていますし、皮膚の再生促進作用がある・皮脂分泌調整作用があるとも言われるためスキンケアにも使われていますよ。そのほかベチパーに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link