ローズ・オットー
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

お肌のケアにも人気の「精油の女王」

ローズオットー(Rose otto)

ローズ・オットーとは

さり気なくふんわりと香るバラの香りは女性的であり、かつ女性を魅了して止まないもの。そんな薔薇(バラ)の花びらから蒸留されたローズオイルは「女性のための精油」とも称されるように、香りだけではなく女性の体に対しても優れた作用を発揮してくれる精油と考えられています。古くは肌を若く保つ“若返りの薬”や“不老長寿の媚薬”として女性の憧れであったとも言われていますね。現在確認されているだけでもローズには300以上の成分が含まれており、10~15%くらいは未知の微量成分なのだとか。この非常に多い組成成分はローズの素晴らしい香りを構成するしているだけではなく、人の精神・肉体面のサポートとして優れた特性を持つ可能性も示唆されています。

ちなみに水蒸気蒸留法を確立した人として、アロマテラピーの歴史にも必ずと言って良いほど登場するのがアラビアの哲学者で医学者のイブン・シーナー。彼が初めて蒸留に用いたのがバラの花だったことから、はじめに確立されたのはローズ精油だったとも言われています。精油を抽出した際に出来る芳香蒸留水(ローズウォーター)も治療に取り入れていたのだとか。現在でも精油1滴がバラの花200個分と言われるほどバラの採油率は非常に低く、精油の中でもトップクラスに高価な部類に含まれています。水蒸気蒸留法が確立された約1000年前には、ローズ精油は金などの貴金属・宝石類よりも貴重なものだったと考えられます。現在でも最高級のローズオットーは「液体の宝石」と呼ばれています。

ローズ・アブソリュートとローズ・オットーの違い

香料として用いられるローズオイルは大きくローズ・アブソリュートとローズ・オットーの2つに分けられます。この“オットー(otto)”は水を意味するトルコ語からきており、その名の通り水蒸気蒸留法で抽出された精油(エッセンシャルオイル)のことを指します。対してアブソリュートは溶剤を使って香りを移したもの指します。

古い時代にはダマスクローズ(別名ブルガリアンローズ Rosa damascena)を水蒸気蒸留した精油をローズオットー、キャベッジローズ(Rosa centifolia)から溶剤抽出されたものをローズアブソリュートと、使用するバラの種類も決められていたと言われています。しかし現在は材料植物の種類ではなく、抽出方法によってローズオットー・ローズアブソリュートと分けることが多くなっています。

⇒ローズ・アブソリュートはこちら

ローズを原料とした精油(エッセンシャルオイル)やアブソリュートは採油率が非常に低く、高価な事でも知られています。抽出に溶剤を使うローズアブソリュートの方がやや採油率が高く安価とは言われていますが、どちらにせよローズオイルはゼラニウムやパルマローザなどと混ぜ合わせる・合成物質を加えるなど、偽和が容易にできてしまうことから偽物が多いことも指摘されています。ローズアブソリュートが固まりやすいことはよく紹介されていますが、ローズオットーも脱ロウなどの科学的処理をされていない高品質のものであれば10℃程度になると半固形化する性質があります。100%と銘打っていても冷蔵庫に入れても固まらないものは偽物(偽和)もしくは化学処理が行われている可能性が極めて高いでしょう。

ローズオットーのメリットとして、溶剤抽出のローズアブソリュートのように残留溶剤の心配が無いことが挙げられます。アブソリュートも低濃度に希釈した場合はさほど問題はないとして利用されるケースもありますが、アロマトリートメントやスキンケアなど肌に直接塗る場合の安心感が高いのはローズオットーの方。せっかく奮発してローズオットーを購入したのに…と残念な思いをしないように、信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。またローズオットーは水蒸気蒸留の過程でアブソリュートよりも香りそのものは弱い・奥行きに欠けると言われることもありますが、シトロネロールなどの含有率が上がっていますので抗菌・皮膚軟化作用などに優れているという見解もあります。

基本データ

通称
ローズ・オットー(Rose otto)
学名
Rosa damascena
もしくはRosa centifoliaなど
別名
Rosa damascena:ダマスクローズ、ブルガリアンローズ
科名/種類
バラ科バラ属/低木
主産地
ブルガリア、トルコ、モロッコ、ロシアなど
抽出部位
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡黄色~薄茶色
粘性
低い
ノート
ミドル~ベースノート
香り度合い
強め
代表成分
シトロネロール、ゲラニオール、ネロール、オイゲノール、フェニルエチルアルコール、ローズオキシド類他
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア

エレガントな印象の強い、フレッシュな薔薇のな香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 気分の落ち込み・抑うつ
  • ストレス・緊張・神経疲労<
  • 悲観・不安・自信喪失
  • 嫉妬・妬み・イライラ感
  • 無感動・無気力
  • 気持ちのリフレッシュ・リセット
  • 嫌なことから立ち直りたい
  • 幸せな気分になりたい

【肉体面】

  • 風邪・インフルエンザ予防
  • 花粉症・二日酔いの軽減
  • 更年期障害の予防や軽減に
  • 月経前症候群(PMS)に
  • 生理痛や月経トラブルに
  • 夜のお悩みに
  • 肌のアンチエイジングに
  • 乾燥肌・肌トラブルに

Sponsored Link

ローズ・オットーに期待される効果・効能

心への作用

薔薇の香りは心を癒し幸福感をもたらす働きが高いと考えられており、ローズオットー・アブソリュートどちらもメンタル面のサポートとして優れた効果が期待されています。特にショックや気持ちの落ち込み・悲観・嫉妬・イラつき・不安などのネガティブな感情を和らげるために用いられることが多く、挫折や失恋などの際に自分へ怒りが向いてしまう・悲しみが内にこもるなど自分を苛みやすいタイプの方に適していると考えられています。拒絶され傷ついてしまった時など、自分へ自信が持てなくなったり自己嫌悪に陥った時にも良いでしょう。

ローズオットーに含まれている精油成分のうち主成分と言えるのはシトロネロールで、そのほかの成分としてもモノテルペンアルコール類が多くなっています。鎮静作用や抗うつ作用などが期待されている成分が多く含まれていますから、気持ちを落ち着けるほかストレス・神経性の緊張などを軽減する働きも期待できるでしょう。シトロネロールはリフレッシュ効果も期待されている成分でもあり薔薇の香りには高揚作用もあるとされていますから、孤独感や失望感を和らげて自信や前向きさ・幸福感を取り戻すサポートにも役立ってくれそうですね。

体への作用

ローズオットーに多く含まれているシトロネロールやゲラニオールなどの成分は抗菌・抗ウイルス作用を持つ成分です。またローズオイルには免疫調整作用や血液を浄化する作用などがあるとしている説もあるため、風邪やインフルエンザ予防・花粉症軽減などにも効果が期待されています。また古代ローマ時代から二日酔いの緩和に利用されていたこと、強脾・強肝作用を持つとする説があることから二日酔いにも用いられます。

金以上とも言われる非常に高価な精油ですからデイリー使いにはさほど適していませんが、ローズアブソリュートは作用が穏やかでお子様にも利用できる精油の一つにも数えられています。一滴加えるだけでもほんわりと癒される薔薇の香りが楽しめますから、ここ一番という時は低濃度で室内に拡散しゆったりした気分で芳香浴をしても良いでしょう。成分的には防虫・昆虫忌避(虫除け)にもなると考えられます。

女性の身体への働きかけ

ローズオイルは子宮に対しての強壮効果に優れた効果を持つと考えられています。成分的に見てもシトロネロールやゲラニオールには女性のホルモンバランスを調整してくれるのではないかという説があります。ゼラニウムと同様に女性ホルモン様(エストロゲン様)作用をもつ成分は含まれないか、含まれていてもごく微量であると考えられますから、ホルモン症作用が強いものを使うのは不安という方にも適しているでしょう。

このためローズオットーは月経前症候群(PMS)、更年期障害、月経不順、月経過多、少量月経、生理痛などあらゆる女性の悩みや不調に役立つ精油として用いられています。特に更年期障害やPMSの肉体面の不調・生理痛などの軽減にはマッサージオイルとしても使えることから適していると考えられます。そのほか幸福感の元となる“ドーパミン”の分泌を促すことや催淫特性を持つとされることから不感症や男性のED(勃起障害)などに良いとも言われています。不妊に良いという説まであるようなので、ベットサイドアロマとして取り入れてみても良いかもしれません。

その他作用

肌への働きかけ

ローズオットーは高い美容効果が期待されている精油で、スキンケアに最適な精油の一つとして紹介されることも多い存在。残留溶剤の心配がないことに加え、シトロネロールやゲラニオールなどの含有率がアブソリュートよりも多いため、皮膚を柔らかくし弾力を回復するなどお肌の若返りに役立ってくれるでしょう。アンチエイジング用としても人気がある精油ですし、高級化粧品の原料としてもよく用いられていますね。

また抗炎症作用や瘢痕形成作用が期待できるのでニキビや炎症・傷のケアにも有効とされています。スキンケアやアロマバスとして利用すると肌を整える働きと、香りによる心身への働きがダブルで期待できますね。そのほか保湿効果などもあるとされているため、ローズオットーは乾燥肌・脂性肌・成熟肌・敏感肌と肌タイプを選ばずに使用でき、肌をベストコンディションに導いてくれる精油とも言われています。ただし全て方にマッチする訳ではありませんので、パッチテストは必ず行うようにして下さい。

手作り香水・虫除けに

抗炎症作用から虫刺されに良いとも言われていますが、ローズオットーの主成分であるシトロネロールやゲラニオールには昆虫忌避作用があるので虫除けにも役立ちます。贅沢にローズオイルを蚊除けに利用するということはあまりないでしょうが、手作り香水などを作る時に若干の虫除け効果が期待できるのは嬉しいのではないでしょうか。市販されている虫除けはティーツリーペパーミントなどの清涼感ある香り、もしくはハーバル調の香りの物が多いので、フローラル調の香りが好きな方は香水兼虫除けを自作してみても良いと思います。

ローズ・オットーの利用について

相性の良い香り

フローラル系・オリエンタル系の香りと相性が良いとされています。甘さが濃すぎると感じる場合は柑橘系とのブレンドも良いでしょう。ブレンドする際は香りが強いので少量ずつ加えるようにします。

【ローズ・オットーのブレンド例】

ローズ・オットーの注意点

  • 妊娠中の使用は避けてください。
  • 香りや作用が強く持続性も高いので、高濃度での使用は控えてください。
  • 低温で固まる性質があります。固まってしまった時は手のひらなどゆっくりと温め、元に戻して利用して下さい。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ