ローズ・アブソリュートのアロマ(精油):効果効能紹介

「花の女王」の魅惑的な香りで、女性の心身を整える

ローズアブソリュート(Rose Absolute)photo by Patrick Nouhailler

  1. ローズアブソリュートとは
    1. 基本データ
  2. ローズアブソリュートの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. ローズアブソリュートの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

ローズ・アブソリュートとは

うっとりと酔ってしまいそうにエレガントでゴージャス。「花の女王」「精油の女王」と称されるローズの香りはエジプトの女王クレオパトラが愛した香りとしても知られています。その香りを損なわず、ぎゅっと濃縮されたローズ・アブソリュートは甘く濃厚かつ力強い香りが特徴で、女王の名に相応しい圧倒的な存在感と陶酔感をもたらします。

ローズのオイルは女性の体と心に強く優れた作用を発揮してくれます。また中世ヨーロッパでは肌を若く保つ「若返りの薬」としても利用されていた歴史があり、美容と健康にも有用な、まさに女性の強い味方。ローズには確認されているだけでも300以上の成分が含まれており、10~15%くらいは未知の微量成分だとも言われています。非常に組成成分が多いことはローズの素晴らしい香りだけではなく、優れた特性にも重要な役割を果たしています。

ローズ系のオイルは非常に高価な事でも知られていますが、抽出方法の差によってローズアブソリュートの方がローズオットーと比べると採油量が多く、価格も少し安くなることから香水業界でも広く利用されています。

ローズ・アブソリュートとローズ・オットーの違い

ローズアブソリュートはジャスミンと同様に溶剤抽出されたアブソリュート(香料)で厳密に言えば「精油」ではありません。ローズオットーのオットー(otto)はトルコ語で「水」という意味で、その名の通り水蒸気蒸留法で抽出された精油です。
本来はダマスクローズ(ブルガリアンローズ)を水蒸気蒸留したをローズオットー、キャベッジローズを溶剤抽出したものをローズアブソリュート、と抽出方法だけではなくバラの種類(学名)も決まっていましたが、現在はバラの種類にこだわらず抽出方法のみで「オットー」「アブソリュート」の表示がなされるのが一般的となっているようです。
⇒ローズ・オットーはこちら

ローズ・アブソリュートは抽出に用いる溶剤の関係上、肌に使うのを避ける人もいます(※さほど問題はないとされています)が、水蒸気蒸留では取り出すことのできない成分が抽出でき、デリケートな香り成分が熱による損傷を受けないため深い香りがあります。香り成分のフェニルエチルアルコールが多いのでバラの美しい香りを楽む芳香浴や、精神面への働きかけに優れていると言われています。

基本データ

通称
ローズアブソリュート(Rose Abs.)
学名
Rosa centifolia
(Rosa damascenaの場合もあり)
別名
プロバンスローズ、モロカンローズ、ハンドレッド・ペタルド・ローズ
原料植物
キャベッジローズ
学名のRosa centifoliaは「100枚の花びらがあるバラ(百葉のバラ)」という意味。英名のキャベッジローズとともに重なり合った花弁の様子から命名された。
科名/種類
バラ科/低い木
主産地
フランス、インド、モロッコ、トルコ
抽出部位
抽出方法
溶剤抽出法
アンフルラージュ法
オレンジ~赤茶色
粘性
高い
ノート
ミドル ~ ベースノート
香り度合い
強い
おすすめ
芳香浴・入浴・ヘアケア・スキンケア

甘く濃厚で陶酔感のあるバラの香り

ローズ・アブソリュートの主な効果・効能

心への作用

心を落ち着けてストレスから解放する鎮静作用と多幸感をもたらし気分を高める高揚作用、両方の作用を持ちます。気分の落ち込み・悲観・嫉妬・妬み・不安などあらゆるネガティブな感情や閉ざされた心を解きほぐし、安定と安らぎを取り戻し心を明るい状態へと導いてくれるでしょう。

心を癒す精油としてよく用いられ、人間関係のトラブルや失恋によるショック、挫折による自信の喪失などの場合にも、傷ついた心を包み込むように問題を乗り越え前へ進む勇気や強さを取り戻す手助けをしてくれるでしょう。気持ちを上手く切り替えられないときやリフレッシュしたい時にも向いています。

溶剤抽出法で損なわれる成分が少ない、ローズ・アブソリュートの濃厚な香りは催淫作用により優れていると言われています。また主成分であるフェニルエチルアルコールには記憶力を高める効果があるという報告もされています。

体への作用

免疫調整作用や強脾・強肝作用、血液を浄化する作用などがあり、花粉症対策や二日酔いに有効だとされています。

【女性の体への効果】

ホルモンバランスの調整作用や子宮の強壮作用があり、女性の生殖器系の不調に有効とされています。ローズ・アブソリュートもローズ・オットーも月経前緊張症・月経前症候群(PMS)、更年期障害、月経不順、月経過多、少量月経、生理痛などあらゆる女性の悩みや不調に役立つ精油として用いられています。
不感症や男性のED(勃起障害)にも効果が期待できますから、ベットサイドアロマとして利用しても良いでしょう。

その他作用

【肌への効果】

肌の新陳代謝を高めることで肌細胞の再生を促しシミやシワを防いだり、肌を引き締めるのに有効だとされています。毛細血管を収縮させる働きがあり、肌の強壮に役立つとも言われていますが、多少の肌刺激を与える場合があります。
肌のケアをメインに利用する場合や、刺激や残留溶剤が気になる方は水蒸気蒸留法で抽出されたローズオットーを使用した方が良いでしょう。

【髪への効果】

バラの香りの主成分であるフェニルエチルアルコールは毛乳頭細胞死を抑制するWnt5a(生体内蛋白質の一種)を増加させる働きがあることが発見され、育毛剤の主成分などにも利用されています。ローズ・アブソリュートはフェニルエチルアルコールを55%~70%程度含みますから、抜け毛防止や育毛ケアに利用すると効果が期待できるでしょう。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 気分の落ち込み・抑うつ
  • 無感動・無気力
  • 悲観・不安・自信喪失
  • 嫉妬・妬み・苛立ち
  • 生理前のイライラ
  • ストレス・神経疲労・緊張
  • 記憶力を向上させたいとき
  • 前に進む勇気が欲しいとき
  • 幸せな気分になりたいとき

【肉体面】

  • 月経前症候群(PMS)
  • 更年期障害
  • 月経不順・生理痛
  • 月経過多・少量月経
  • 不感症・ED(勃起障害)
  • 強い肌を作りたいとき
  • 抜け毛防止・育毛

ローズアブソリュートの利用について

相性の良い香り

フローラル系・オリエンタル系の香りと相性が良いとされています。甘さが濃すぎると感じる場合は柑橘系とのブレンドも良いでしょう。

【ローズアブソリュートのブレンド例】

ローズアブソリュートの注意点

  • 妊娠中の使用は避けてください。
  • 香りや作用が強く持続性も高いので、高濃度での使用は控えてください。
  • 肌への刺激を起こす場合があります。敏感肌の方は注意して利用してください。
  • 低温で固まる性質があります。手のひらなどで温めると元に戻ります。
  • ゼラニウムやパルマローザなどと混ぜ合わせる・合成物質を加えるなど、偽和が容易にできてしまうことから偽者の「ローズオイル」が数多く出回っています。
    100%のローズオットーもアブソリュート低温で固まる性質があり、冷蔵庫に入れると半固形状になります(アブソリュートの方が融点が低いので、オットーの方が固まりやすいが、どちらも一晩入れておけば固まります)。100%と銘打っていても冷蔵庫に入れても固まらないものは偽物の可能性が極めて高いでしょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ