【アロマ】ティーツリー(ティートリー)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

【アロマ】ティーツリー(ティートリー)精油<br />-植物の特徴・期待される効果効能とは?

天然の殺菌消毒剤として注目

ティーツリーはオーストラリア原産のフトモモ科樹木で、優れた抗菌・殺菌作用を持つことから消毒剤として利用されてきた歴史があります。現在の研究でもインフルエンザウィルスや白癬菌などに対しての有効性が示唆されており、風邪予防からニキビ・水虫ケアまで様々な芳香で活用されています。抗炎症作用も期待できることから花粉症ほか呼吸器系の不調、虫刺されのケアなどにも取り入れられています。

ティートリー(teatree)

ティーツリー(ティートリー)とは

ティーツリーの特徴・歴史

ナチュラルな消毒薬のような感覚で、インフルエンザシーズンなどにはハーバルショップや雑貨店で焚かれていることの多いティートリー(読み方の問題でティーツリー/ティートゥリーとも)。スキンケアやヘアケア商品にも利用されているので、ミントやカンファーに似た印象のシャープな香りに馴染みがある方も少なくないのではないでしょうか。Tea treeは直訳すると“お茶の木”となりますが、紅茶や緑茶の原料となっているチャノキとは全く関係のない植物。原産はオーストラリアで、植物としてはフトモモ科メラレウカ属に分類される樹木。

ティーツリー(Tea tree)という呼称は、18世紀にイギリス人海軍士官のキャプテン・クックが命名したのだとか。原産地であるオーストラリアに古くから暮らしてきたアボリジニの人々は、何千年も前から木の葉を砕いたものを寄生虫の防止や感染症や傷などを治す万能薬として用いてきたと伝えられています。クック船長が初めてオーストラリアに上陸した際にも、現地の人々が葉を使ったお茶を飲んでいる場面を見たためティーツリーと呼んだそう。ただし、この時にクック船長が見たアボリジニのお茶はティーツリーではなく、近縁種のマヌカの葉を煮出したものだったという見解もあります。

ともあれ、クック船長や同世代を生きた探検家達はアボリジニの人々が薬として利用していた植物を本国へと持ち帰ります。持ち込まれた当初はヨーロッパでは受け入れられず普及しなかったそうですが、医療や科学技術が進歩した1920〜1930年代になると各国でティートリーの成分や効能に付いての研究が行われるようになります。結果ティーツリーには優れた消毒効果を持つことが報告され、第二次世界大戦ではティーツリー油(ティーツリーオイル)がオーストラリア兵の常備薬として使われるまでになりました。殺菌剤の合成が可能になるとティーツリーの使用は少なくなりましたが、20世紀後半からは自然療法への関心が高まったことで再び注目されるようになります。

研究でも抗炎症作用・抗ウイルス作用などが報告されていますし、副作用が比較的少ないことや耐性菌が発生しにくいと近代医学でも注目されている存在。補完・代替医療や医薬品としての利用など研究・開発が行われています。またティートリーオイルは殺菌作用やデオドラント作用に優れているとして市販のフケ防止のシャンプー・ニキビ用スキンケア商品・フットクリーム・石鹸・歯磨き粉などにの製品にも幅広く利用されていますよ。アロマテラピーでもラベンダーと並んで使用頻度の高いオイルと言われていますし、ラベンダーとティートリーオイルは局部的にであれば原液のまま肌に付けられる精油としても重宝されています。

ティーツリーの仲間たちも

ティートリーの精油はかなりメジャーなものの、消毒薬のような独特の薬品臭さがあります。お部屋の芳香剤を兼ねて使うには病院っぽくてちょっと…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。その場合には精油成分や比率などは異なりますが、同じ様な殺菌・抗ウィルス作用が期待出来るメラレウカ属の近縁種カユプテニアウリなどをチョイスするという方もいらっしゃいます。この二つはティーツリーをマイルドにしたような印象で、やや甘さを感じさせる香りが特徵。ラベンダーティートリーとも呼ばれるロザリーナも呼ばれているようにフローラル感が強く、芳香を楽しむという点で利用しやすい精油と言えます。

そのほか別属にはなりますが同じフトモモ科のマートルも香りに甘さがあり作用が穏やかとされていますし、レモン様の香りを持つレモンティーツリーなどもありますね。近年は同じくフトモモ科のマヌカオイルも高い抗菌・抗ウィルス作用が注目されており、ルームフレグランスとしてブレンドしやすい甘さのある香りから人気が高まっています。ティツリーは使用しやすく様々なメリットが期待されている精油ではありますが、医薬品のような効果が認められているものではありません。雑貨として販売されているものですから、こだわり過ぎずに「好きな香り」であるかも選択基準に入れることをお勧めします。

香料原料データ

通称
ティーツリー(Tea tree)
※ティートリー/ティートゥリーとも
別名
ナローリーフ・ペーパーバーク・ティーツリー(Narrow-leaved Paperbark Tea tree)、メラレウカ(Melaleuca)、ゴセイカユプテ
学名
Melaleuca alternifolia
科名/種類
フトモモ科メラレウカ(メラルーカ)属/常緑樹
主産地
オーストラリア、ニュージーランド
(オーストラリアには精油の品質規格がありますが、ニュージーランド産は製品による差が激しいため日本ではあまり用いられていません)
抽出部位
葉、枝
(葉の方が免疫機能向上効果が高く、皮膚刺激が少ないとされてます)
抽出方法
水蒸気蒸留法
ほぼ無色透明
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
強め
精油成分
テルピネン-4-オール、γ-テルピネン、α-テルピネン、α-テルピネオール、1,8-シネオールなど
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・ヘアケア・ハウスキーピング

清涼感とスパイシーさが混じった、シャープで薬品っぽい香り

Advertisement

ティーツリーに期待される働き・効能

精神面への作用と効果

ティーツリーは消毒や肉体面のサポートとして用いられる精油のため、心のサポーターとして取り入れられることは多くありません。明確な根拠はないものの、シャープな香りには頭をスッキリとさせる働きがあり、集中力や記憶力を高める効果が期待されています。成分的にも主成分であるテルピネン-4-オールには神経強壮作用があるとされていますし、鎮静効果も持ち合わせてると考えられています。

このためショックを受けているときや怒り・ヒステリーなど感情が高まってコントロール出来ない時や煮詰まってしまった時に冷静さを取り戻す手助けをしてくれる可能性はあるでしょう。そのほか気持ちを落ち着かせリラックスさせる働とリフレッシュ効果の両方を持ち、ストレスや緊張による神経疲労の緩和に役立つという見解もあります。気持ちが落ち込んでいる時や無気力になっている時、課題や困難なことを乗り越えたい時にも、気持ちを切り替えて前向きに取り組めるようにサポートする働きも期待されていますよ、自分に自信が持てない方に良いとする説もあります。

肉体面への作用と効果

ティートリー精油の構成成分であるテルピネン-4-オールや1.8-シネオールは抗菌・抗ウイルス作用を持つ芳香成分です。こうした成分を多く含むティーツリーオイルは殺菌効果・抗ウイルス作用が極めて高いことが認められており、インフルエンザ(H1N1型ウイルス)に対しても「殺菌には至らないものの驚異的に増殖を抑えることが出来る」ことが報告されています。2006年に『Clinical Microbiology Reviews』などにも様々な細菌・真菌・ウィルスに対しての殺菌・抗菌作用が掲載されていますし、抗生物質耐性菌の出現に影響しにくいという点からも注目されています。

加えてテルピネン-4-オールには白血球の活動性を高め、免疫機能をサポートする働きを持つ可能性があることを示唆した報告もなされています。含有率が高いγ-テルピネンも抗感染作用や抗炎症作用を持つことが期待されている成分のため、合わせて風邪・インフルエンザ予防や病中病後の回復促進サポートにも効果が期待されています。風邪などの感染症には精油を希釈して拡散する以外に、マスクの内側にスプレーしたり、うがい用のお水に1滴垂らすなどの方法も使われていますよ。

またテルピネン-4-オールや1.8-シネオールには抗炎症作用もありますので、抗菌作用と合わせて咳・気管支炎・扁桃炎・鼻水・鼻づまり・副鼻腔炎など呼吸器系トラブル全般の軽減や改善用としても取り入れられています。抗炎症作用が期待できることから花粉症対策にも注目されている精油の一つ。鼻が詰まって頭がぼんやりするような場面では、気分的にもティーツリーの清涼感あるシャープな香りは嬉しいのではないでしょうか。

その他に期待される作用

肌への働きかけ

ティートリーオイルは肌に利用した場合でも優れた抗菌・抗真菌作用を発揮してくれます。古くは兵士の水虫対策や傷口の消毒薬にも用いられていたという歴史がありますし、現在でもオーストラリアでは家の救急箱の必需品として親しまれているのだとか。ちょっとニキビが出来たなと思った時には、ティーツリーオイルをちょんちょんと付けておくという方も多いそうです。ニキビケア用の石鹸などでもティーツリー精油が配合されたものは結構ありますよね。

ニキビや白癬(水虫)以外にも口腔カンジダ・ヘルペス・疥癬・脂漏性皮膚炎・爪水虫など様々な皮膚トラブルのケアにティツリー精油は活用されています。抗炎症作用によって炎症や痒みを軽減する効果も期待できますので、重い炎症でなければ虫刺されやアトピー性皮膚炎などのかゆみ、日焼け肌のヒリヒリ感などの緩和用としても使用できます。特に乾燥によって生じるかゆみの軽減に用いられることが多いようです。

局所的にであれば原液塗布できる精油には数えられているものの、ティーツリーオイルで接触性皮膚炎を起こす可能性があることも認められています。炎症を起こしている部位への使用や、敏感肌・アレルギー体質の方は炎症を悪化させてしまう可能性もありますので使用には注意が必要。いきなり原液・高濃度で使用するのは避け、希釈したものからパッチテストを行うようにしてください。

オドラント用として

様々な菌に対しての殺菌・抗菌作用を持つことが認められていることから、ティートリーは消臭(デオドラント)にも優れた効果がある精油であると考えられています。体臭を発生させるバクテリア類の活動を抑制することで脇や足の臭いを抑える働きが期待できますし、より直接的な消臭作用も期待されています。ティートリーを希釈してアロマスプレーを作り、靴を履く前に靴下に掛けたり、生理用ナプキンにスプレーするなどの利用法もあります。

そのほかに水拭きする際のバケツやお洗濯用の水にティーツリー精油を数滴混ぜれば、消臭・殺菌効果両方に役立ってくれます。お洗濯のすすぎに使えば生乾き臭・部屋干し臭の抑制に、など家事のお助けグッズとしても優秀。お部屋に拡散させることで空気浄化にも繋がりますから、天然成分にこだわりたい方には心強い味方となってくれそうですね。ちょっと変わった使い方としては、ティーツリーオイルを数滴落とした水で果物や野菜を洗うとカビ予防になるというものもあります。

口腔ケアにも

ティーツリー精油の持つ優れた殺菌作用や消臭作用は、口腔内を清潔に保つ目的でも使用されています。口腔内のバクテリアの働きを抑えることで歯垢や口臭予防に繋がりますし、歯石形成抑制作用も期待できることからティートリーを配合した歯磨剤や洗口剤も販売されています。入れ歯のすすぎに使うという方もいらっしゃるのだとか。

ただし日本で精油は“雑貨”として扱われているものがほとんどのため、経口摂取は厳禁精油を食品として認可し、料理の香り付けなどに使っている欧米諸国でも飲み込むと危険であることが警告されています。口腔ケアや口に入るものにティーツリー精油を使用する場合には飲み込まないように注意し、十分すぎるほどにすすぎを行う必要があります。不安がある場合は、安全性が認められているティーツリー(抽出物)配合商品を購入して利用することを強くお勧めします。

ティーツリーが利用されるシーンまとめ

【精神面】

  • リフレッシュ用として
  • 気分が落ち込んでいる時に
  • ストレス・神経疲労緩和に
  • イライラ・ヒステリー対策に
  • 冷静さがほしい時に
  • 集中力・記憶力を高めたい時に
  • 自信や前向きさが欲しい時に

【肉体面】

  • 風邪・インフルエンザ予防に
  • 喉の不快感や咳・痰のケアに
  • 鼻炎・鼻詰まり・花粉症に
  • ニキビや水虫(白癬)のケアに
  • 虫刺され・皮膚のかゆみ緩和に
  • 殺菌・消臭剤代わりとして
  • 体臭・口臭予防に

ティーツリーの利用と注意点について

相性の良い香り

消毒薬などを連想させるシャープなティーツリーの香り。ブレンドする場合にはやや相手を選ぶ精油の一つですが、柑橘系の精油とは比較的違和感なく組み合わせることが出来ます。ティーツリーと共通するような清涼感を含んだハーブ系・スパイス系ともブレンドしやすいですが、甘めの香りと組み合わせる場合には使用量に注意が必要です。

ティーツリーのブレンド例

ティーツリー精油の注意点

  • 妊娠中の方、乳幼児やペットへの利用は避けるようにしてください。
  • お子様に利用する場合は通常の半分以下の量で使用しましょう。
  • 皮膚炎症を起こす原因となることが認められています。初めて使用する場合は希釈した上でパッチテストを行い、敏感肌の方であれば芳香浴でも違和感を感じたら使用を中止してください。
  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

参考元