コモンタイム精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

風邪予防に役立つが、使用には注意が必要

タイム(thyme)

タイム(コモンタイム)とは

肉・動物性食品と相性の良い料理用ハーブとしてもお馴染みのタイム。ハーブティーや抗菌作用と香りを活かしてサシェなどにも使われていますし、消臭剤・芳香剤・入浴剤などの“香り”としても馴染みのあるハーブですね。そんな身近なハーブの一つであるタイムは、薬草として人々が利用してきた歴史が最も古いハーブの一つにも数えられる存在でもあります。古代エジプト文明ではミイラを作る時の防腐剤として利用されていましたし、古代ギリシアでは神殿で焚く薫香や「勇気をくれるお守り」としてなど宗教・精神面でも大切にされていたと伝えられています。ちなみにこの勇気にまつわるハーブというのは中世まで引き継がれていたようですし、現在でもタイムは男性的な印象と称されることが多いハーブです。

タイムはシソ科のイブキジャコウソウ属(Thymus)に分類される植物全般を指す言葉ですが、この条件にあてはまるものは約350種と非常に多くの種類があります。原産地もヨーロッパ・アジア・北アフリカと広く、観賞用・園芸品種なども存在しています。そんな数多い植物ですが、日本で単に「タイム」と言った場合には和名をタチジャコウソウという種(T.vulgaris)を指すのが一般的。英名でもコモンタイム(Common Thyme)と、一般や普通を意味する“Common”が付けられていますからポピュラーな種であることが分かりますね。料理用ハーブとして最もよく使われているのもコモンタイムです。

アロマテラピーや香料としても単に「タイム」と呼ぶ場合はコモンタイム(T.vulgaris)を原料とするものを指すのが一般的ですが、精油の場合は植物としての区分だけではなく含有成分から更に細かく区分しています。これは生産地などによってタイムに含まれている精油成分や含有比率に大きな差があるためで、こうした同種でありながら成分の頃なる精油を“ケモタイプ”と呼んでいます。コモンタイムは一般的なタイムという意味ですが、精油の場合は作用が穏やかな「タイム・リナロール」が最もポピュラーだと言われています。

タイム精油の種類について

タイム系統の精油は一般にあまり流通していないものも含めると約10種類と多くの種類がありますが、コモンタイム(Thymus vulgaris)を原料とした精油・同属別種の植物を原料とした精油(レモンタイムタイムマストキナなど)に大別できます。コモンタイム(Thymus vulgaris)が原料ではあるものの、含有成分が大きく異なる“ケモタイプ精油”としては

の5種類があります(※タイム・カルバクロールを入れて6種類とする説も有)。これらの精油は全てコモンタイム(T.vulgaris)が原料ではありますが、精油としてコモンタイムと呼ばれるものは刺激が強い・毒性が指摘されていることから使用には注意が必要な存在。同じくチモール・カルバクロール・パラシメンタイプも皮膚刺激性・肝毒性があるので取扱が難しい精油です。特別な目的や理由がない限り、作用が穏やかで流通量も多いタイム・リナロールもしくはゲラニオールタイプを選んだほうが良いでしょう。

またコモンタイムの精油は製法によりレッドタイム、ホワイトタイムの2つに更に分かれています。レッドタイムはコモンタイムをそもまま蒸留(抽出)したもので一般向けにはあまり流通していませんが、刺激性・毒性のある成分量が多い精油です。ホワイトタイムはレッドタイムを再蒸留して作られた精油で、フェノール類の含有が低下することで刺激性や毒性が減少しているのでレッドタイムよりは使いやすいと言われています。

ただし製法ではなくフェノール類の多いタイム精油をレッドタイム・フェノール類の少ないものをホワイトタイムと区分しているメーカーもあり、同じ呼び名でも違う精油を指している場合もあります。そうした精油は学名もThymus vulgarisとしか表記されていないことが多いので、不安がある場合は販売員に原料や含有成分・禁忌事項などを問い合わせるようにすると確実です。

基本データ

通称
コモンタイム(Common Thyme)
別名
タイム、立麝香草(タチジャコウソウ)
学名
Thymus vulgaris
科名/種類
シソ科イブキジャコウソウ属/小低木
主産地
フランス、スペイン、モロッコ、イギリス
抽出部位
葉、花
抽出方法
水蒸気蒸留法/水中蒸留法
ホワイトタイム:無色~淡い黄色
(レッドタイムはオレンジ~赤茶色)
粘性
低~中
ノート
トップノート
香り度合い
強い
代表成分
チモール、p-サイメン、y-テルピネン、リナロール、カルバクロール、ボルネオール、カンフェン、α-ピネン
おすすめ
芳香浴・ハウスキーピング(※低濃度ならアロマバス・マッサージも)

微かに甘さを含む、重厚かつ鼻をつくようなハーブの香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 集中力・記憶力のサポートに
  • ストレス・精神的疲労感
  • 無気力・自信喪失時に
  • 活力が欲しい時に
  • やる気を高めたい
  • 前向きになりたい
  • 精神的に強くなりたい

【肉体面】

  • 血行不良・低血圧
  • 食欲不振・消化不良
  • 慢性的な疲労感がある
  • 風邪・インフルエンザ予防に
  • 喉の不快感・咳の軽減に
  • お部屋の空気浄化に
  • 水虫・虫刺されなどのケアに

Sponsored Link

コモンタイムに期待される効果・効能

心への作用

コモンタイムの精油はフレッシュハーブとしてイメージするタイムよりも濃厚な香りで、人によっては薬品臭い・鼻にツンと刺さるようなと表現される事もあります。コモンタイムの代表成分でありスパイシーさを含んだハーバル調の芳香成分であるチモール(Thymol)には、神経の強壮作用や脳細胞を活性化する働きがあるとされており、集中力や記憶力を高める働きが期待されています。チモールには抗菌作用や抗ウィルス作用もありますので、仕事や勉強などの頑張り時に使うと体調管理にも役立ってくれるでしょう。

また集中力以外に、神経を刺激することで活力を蘇らせることにも繋がると考えられています。気力を失ってしまった時・やる気が出ない時・自信がなく前に踏み出す勇気が持てない時など、後ろ向きな気持ちをサポートして欲しい時に利用されています。古くはタイムの香りは勇気を与えると信じられてきましたし、現在でもタイムは“男性的な強さを司る”と称されることがあります。ジェンダーは時代と共に変化していますから男性でなくとも、自分の仕事・目標に向かって邁進している方を活力アップと集中力アップ両方の面からサポートしてくれる存在と言えるかもしれません。

体への作用

フェノール類の含有率が高いことから刺激性・毒性が取り上げられることの多いタイムですが、人体に対して有益な働きかけもあると考えられています。コモンタイムの精油は神経を刺激する事に加え、強心作用や血圧上昇作用を持つと考えられています。このため心臓・循環器系への働きを促し、血行不良や低血圧・貧血などの軽減にも効果が期待されています。

また料理用に利用されている多くのハーブと同様に、タイムも健胃・食欲増進など消化器系への働きかけを持つと考えられています。血行促進や精神面への働きかけと合わせて食欲不振や消化不良の改善に繋がる可能性がありますし、消化機能が整うことで体全体の強壮にも役立ってくれるでしょう。めまいや立ちくらみを起こす方や慢性的な疲労感・体のだるさを感じている方に適しているとされるほか、トニックとして働き疲労回復や性的強壮に役立つという説もあります。

風邪などの感染症予防にも

タイムの精油の主成分であるチモールやカルバクロール、特にチモールには非常に強い殺菌効果と抗ウイルス作用が認められている成分でもあります。このためタイム精油は風邪・インフルエンザなどの感染症予防に高い効果が期待出来る精油とされており、空気が乾燥しているときや免疫力の低下が気になる時にデュフューザーなどで拡散すると良いと言われています。そのほか利尿作用と合わせて膀胱炎など泌尿器・生殖器系の感染症に有効とする見解もあります。

またタイムは抗菌作用以外に去痰作用や咳・喉の痛みを緩和する働きも期待されているため、風邪ひきはじめで喉に不快感があるとき・咳や気管支炎の軽減などにも取り入れられています。風邪をひいた時にタイムのハーブティーがよく飲まれるのも、芳香成分による働きが大きいと言われていますよ。

その他作用

皮膚・頭皮への利用について

コモンタイムの精油は皮膚刺激性が高いため、スキンケアなどに利用されることはあまりありません。しかし消毒作用や強い殺菌・殺真菌作用を持つと考えられることから、虫刺されのケア・水虫など真菌性の皮膚トラブルに対して有効と考えられています。そのほか炎症を鎮め治癒を促進する働きもが期待できることから切り傷や火傷・湿疹などのケアに、刺激作用から頭皮のフケ予防や脱毛防止に利用されることもあります。

ただし敏感肌の方などの場合はきちんと希釈して利用した場合でも、皮膚を刺激してしまい炎症を起こす原因となる危険性もあります。肌に使用する場合は少量ずつ、パッチテストと併用して取り入れるようにしましょう。肌への使用を考えている場合はタイム・リナロールなどを選んだほうが無難です。

コモンタイムの利用について

相性の良い香り

ハーブ系の香りと相性が良いとされています。コモンタイムはタイム系精油の中でもスパイシーさを強く感じさせる香りですから、同系統の香りを持つスパイス系ともブレンドしやすいでしょう。また香りの濃厚さ・クセが気になる場合は柑橘系の香りと組み合わせると中和されます。

【コモンタイムのブレンド例】

コモンタイム精油の注意点

  • 妊娠中・授乳中の方は利用を避けましょう。
  • 高血圧の方・小さいお子さんが居る場での使用は避けましょう。
  • 刺激・作用が強いので使用量に注意して利用して下さい。
  • 皮膚刺激があるため敏感肌の方は芳香浴でも注意が必要です。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ