タイム・リナロール精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム系精油の中で最もポピュラー

タイム(thyme)

タイム・リナロールとは

タイムはラベンダーやミントと並ぶほど認知度の高いシソ科ハーブ。料理用ハーブとして香草焼きやスープなどにも広く利用されていますし、ハーブティーやハチミツの風味付けなどにも活用されていますね。スッキリとしたハーバルな香りと抗菌性からポプリ・サシェ類や芳香剤など“香り”部分でも馴染みがある存在です。

そんなタイムは紀元前から香辛料・薬・香料と広く利用されてきた存在で、古代ギリシア人は宗教儀式や入浴時の香りとしても利用していたと言われています。学名(属名)や呼び名として使われているThymusという言葉も、香らせるという意味のギリシア語に由来しているんだとか。また現在でもタイムの精油は風邪やインフルエンザ対策・空気浄化を兼ねて利用されることがありますが、中世ではタイムの枝を焚いて空気を浄化することでペストを防げると考えられていたそうですよ。

タイムはシソ科のイブキジャコウソウ属(Thymus)に分類される植物全般を指す言葉ですが、この条件にあてはまるものは約350種と非常に多くの種類があります。原産地もヨーロッパ・アジア・北アフリカと広く、観賞用・園芸品種なども存在しています。そんな数多い植物ですが、日本で単に「タイム」と言った場合には和名をタチジャコウソウという種(T.vulgaris)を指すのが一般的。英名でもコモンタイム(Common Thyme)と、一般や普通を意味する“Common”が付けられていますからポピュラーな種であることが分かります。料理用ハーブとして最もよく使われているのもコモンタイムです。

アロマテラピーや香料としても単に「タイム」と呼ぶ場合はコモンタイム(T.vulgaris)を原料とするものを指すのが一般的ですが、精油の場合は植物としての区分だけではなく含有成分から更に細かく区分しています。これは生産地などによってタイムに含まれている精油成分や含有比率に大きな差があるためで、こうした同種でありながら成分の頃なる精油を“ケモタイプ”と呼んでいます。精油の場合はコモンタイムと呼ばれるものよりも、成分・作用的に穏やかで安全性の高いとされる“タイム・リナロール”というケモタイプの利用が一般的となっています。

タイム精油の種類について

タイム系統の精油は一般にあまり流通していないものも含めると約10種類と多くの種類がありますが、コモンタイム(Thymus vulgaris)を原料とした精油・同属別種の植物を原料とした精油(レモンタイムタイムマストキナなど)に大別できます。コモンタイム(Thymus vulgaris)が原料ではあるものの、含有成分が大きく異なる“ケモタイプ精油”としては

の5種類があります(※タイム・カルバクロールを入れて6種類とする説も有)。それぞれ呼び名として使われている成分含有が高いことが特徴で、精油成分の含有成分・含有比率が異なるため香りにも違いがあります。タイム・リナロールはモノテルペンアルコール類のリナロールの含有率が高いことから、作用が穏やかで敏感肌の方やお子様にも利用できる精油として広く利用されています。コモンタイムを原料とする精油の中で最もポピュラーな精油と言っても過言ではないでしょう。

リナロールタイプ以外にもゲラニオール・ツヤノールタイムはタイム類の中では作用が穏やかで使いやすい精油とされていますが、フェノール類を多く含むチモール・カルバクロールタイプは皮膚刺激性・肝毒性があるので取扱に注意が必要とされています。またコモンタイム(ホワイトタイム)やタイム・パラシメンもチモールとカルバクロールの含有率が高めになっていますので、特別な目的や理由がない限り使用は控えたほうが無難でしょう。

基本データ

通称
タイム・リナロール(Thyme linalool)
別名
タイム、立麝香草(タチジャコウソウ)
学名
Thymus vulgaris
科名/種類
シソ科イブキジャコウソウ属/小低木
主産地
フランス、アメリカ、イギリス
抽出部位
葉、花
抽出方法
水蒸気蒸留法
無色~淡い黄色
粘性
低~中
ノート
トップ~ミドルノート
香り度合い
強い
代表成分
リナロール、チモール、カルバクロール、p-サイメン、γ-テルピネン、カンフェン、ミルセン
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・ヘアケア・

フローラル感を含む、フレッシュで柔らかいハーブの香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・神経疲労
  • イライラ・興奮・緊張
  • 気持ちが落ち込みに
  • 不安・落ち着かない時に
  • リラックスタイムに
  • 頭をクリアにしたい

【肉体面】

  • ストレス性の不調・高血圧
  • 食欲不振・便秘・下痢
  • 風邪・インフルエンザ予防に
  • 免疫力が気になる時に
  • 喉の不快感・咳の軽減に
  • ニキビ予防・水虫対策に

Sponsored Link

タイム・リナロールに期待される効果・効能

心への作用

タイム・リナロールの代表成分であるモノテルペンアルコール類のリナロールは、ラベンダーやベルガモット様とも称される華やかな香りを持つ芳香性成分。このためタイム・リナロールはコモンタイムよりも柔らかい印象の香りとなっていますし、働きとしてもリラックスなどに優れた精油と考えられています。

リナロールは神経系の興奮を鎮める鎮静作用を持つとされていますから、ストレスや精神的な疲労感・緊張を和らげたい時に適しているでしょう。イライラ感・落ち着きがなくソワソワしている時などにも良さそうですね。また抗不安作用を持つともされていますので、気持ちが落ち込んでいる時のサポートとしても効果が期待できます。香りもマイルドですしコモンタイムのような刺激性等も低いのでリラックスタイムの演出に適しています。

タイム精油は脳を活性化させ集中力をアップさせる精油として紹介されることもあります。タイム・リナロールの場合はコモンタイムなどのように刺激性が高いわけではありませんが、思考をクリアにしたい時に適しているでしょう。タイムの香りの中では穏やかに作用する精油なので、低濃度で利用すればお子様のストレスケアとしても利用できると言われています。

体への作用

リナロールの働きからリナロールタイプの精油はストレスに起因する不調の軽減に役立つと考えられます。他のタイム系と同様に消化促進作用など消化器系の働きかけも期待されていますので、消化器系の不調、特にストレス性の食欲不振や消化不良・下痢・便秘などの改善サポートが期待できます。

またリナロールは血圧降下作用を持つとされているため高血圧・心因性の高血圧軽減にも役立つと考えられています。ただじ血圧を下げる可能性があるので、コモンタイムとは逆に低血圧気味の方は使用に注意が必要となります。

風邪などの感染症予防にも

タイム・リナロールはコモンタイムと比べるとチモールなどフェノール類の含有率が低くなっています。このため風邪予防や空気浄化などには適さないように感じがちですが、リナロールもまた抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用を持つ成分。免疫力を高める働きが期待できるとする説もあります。このためタイム・リナロールも風邪やインフルエンザなどの感染症予防をサポートしてくれる精油として活用されていますし、膀胱炎や腟カンジダなど膀胱・尿道の感染症に良いと言われていますよ。

抗菌作用や免疫力を高める働きが期待できること・チモールやカンフェンなどの成分も含まれていることから、喉の痛みや咳・気管支炎の緩和などにも効果が期待されています。タイム類の中では作用・香りともに穏やかで活用しやすい精油ですから、周囲で風邪が流行っている時や空気の乾燥が気になる時などの拡散用としても適しています。なるべく穏やかなものを使いたい方、お子さんがいらっしゃる場合にはタイム・リナロールを選ぶと良いでしょう。

その他作用

肌・頭皮への働きかけ

抗菌・抗真菌作用が高いことから、ニキビ予防に役立つと言われています。そのほか水虫・爪水虫(爪白癬)などの予防やケア、頭皮のフケ予防や脱毛予防などにも使われることもあります。タイム・リナロールは刺激性が低く皮膚利用も可能な精油とされていますが、刺激となる成分を全く含んでいないわけではありません。使用する場合はきりんと低濃度に希釈し、パッチテストを行うようにしましょう。

タイム・リナロールの利用について

相性の良い香り

似た印象を持つハーブ系・フローラル系の精油と相性が良いとされています。そのほか柑橘系ともブレンドしやすい香りですし、軽めの印象のウッディー系とも馴染みますよ。

【タイム・リナロールのブレンド例】
  • 妊娠中の方は使用を避けましょう。
  • 刺激・作用が強いので使用量に注意して利用して下さい。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ