【アロマ】ベルガモット精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

【アロマ】ベルガモット精油<br />-植物の特徴・期待される効果効能とは?

メンタルサポートについては柑橘系随一とも

まろやかな柑橘系の爽やかさの中に、フローラルやハーバルな印象も入り混じった繊細な香りがあるベルガモット。アールグレイのフレーバーとしても有名ですね。柑橘類を原料とする中では唯一“酢酸リナリル”を含んでおり、精神や神経バランスを整える働きに優れた精油としても注目されています。消化器トラブルの緩和、抗菌・抗ウィルス作用などメンタルサポート以外の働きについても世界的に研究が行われている精油です。

ベルガモット(Bergamot)

ベルガモットとは

ベルガモットの特徴・歴史

紅茶“アールグレイ”の香りとしても知られるベルガモット。柑橘系の香りではありますが、酸味を連想するような爽やかさは控えめで、フルーティーながらフローラルさを合わせ持った優しい香りが特徵的です。好き嫌いの少ない柑橘系香料の中でもオレンジ・スイートと並んで老若男女にウケの良い香りとして評価されており、相手やTPO・流行を気にする必要もほとんどない事から安定した人気を誇る存在。日本でも飲料類や食品のフレーバーとしてや、スキンケア商品や化粧品・入浴剤・芳香剤など様々に使われていますし、ベルガモット系の香りをベースにした香水も多く販売されていますね。アロマテラピーにおいてもかなり使用頻度が高くポピュラーな精油の一つですし、贈り物で選ぶ香りとしても無難なチョイスですね。

天然精油か合成香料かを問わずに言えば、私達の周りには“ベルガモットの香り”が溢れています。しかし香りには馴染みがあっても、ベルガモットそのものを見たことがないという方も多いのではないでしょうか。ベルガモットは植物としてはミカン科ミカン属に分類される常緑高木樹で、ビターオレンジレモンの交雑種、もしくはそれに近いものではないかと推測されています。果物としてベルガモットが販売されていることがほとんどないのは、すばり「食べても美味しくない」から。ベルガモットには苦味を持つフラボノイド配糖体が多く含まれており、グレーブフルーツの苦味を更に濃縮したような味がするんだとか。一部地域でマーマレードやジュースにして使われてはいますが、大半が香料(精油製造)のために栽培されていると言っても過言ではないでしょう。

ベルガモットの産地としてはイタリアなどの地中海沿岸地域が挙げられますが、原産は分かっていません。中国や南東アジア起源説もあれば、カナリア諸島原産でクリストファー・コロンブスが発見して持ち帰ったという説もあります。産地だけではなくベルガモット(Bergamot)という呼び名の語源についても、この木が最初に栽培されたイタリアの都市“Bergamo(ベルガモ)”が由来という説や、トルコ語で王子様の梨を意味する“beg-armudi”という説など様々。世界的に使用されている割には、謎のヴェールに包まれた植物なんですね。ちなみにハーブティーなどで見かけるタイマツバナ(Monarda didyma)というハーブも同じ「ベルガモット」の名を持ちますが、こちらはシソ科で全く別の植物。葉の香りがベルガモット精油と似ていたために命名されたのだそうです。

ベルガモットは14~16世紀頃にヨーロッパに紹介されたという見解が主流ですが、ヨーロッパに伝わった当初の歴史もかなり不明瞭な部分が多いです。17世紀中頃からイタリアのカラブリアではベルガモット精油の抽出が行われるようになり、1750年にはイタリアのレッジョ・ディ・カラブリア周辺に最初のベルガモット果樹園が誕生したことが分かっています。そして18世紀初頭からはイタリアで本格的なベルガモット精油の生産が行われるようになった……というのが定説。18世紀の間にベルガモット精油のデリケートで優美な香りは注目され、現在使われている“オーデコロン”という言葉の元となった「Kölnisch wasser(ケルンの水)」にも利用されています。元祖オーデコロンと言える「ケルンの水」はネロリとベルガモットの精油を主体とした香水だったそうですよ。

ベルガモットの主産地は今でもイタリア、カラブリア州。これにはベルガモットが柑橘系の中で群を抜いてデリケートな植物であり、気候と土壌などの条件を満たした一部地域でしか生育できないという関係もあるそう。ただし現在はイタリアだけではなく南米、北アフリカ、南ヨーロッパ、トルコと各地で栽培が行われています。植物としてだけではなく芳香としても、ベルガモットの香りはとてもデリケート。これは精油に微量化合物を含めると300以上もの成分が含まれているためで、それがフルーティーかつフローラルな香りを形成すると共に様々な働きを持つと考えられています。この辺りの複雑さはローズオイルに通じるものもありますね。余談ですが、ベルガモット精油も偽和が多いことが世界的に問題視されている精油でもあり、精油製造量よりも一桁多いくらいの“ベルガモット精油”が販売されているという指摘もあります。

香料原料データ

通称
ベルガモット(Bergamot)
別名
ベルガモットオレンジ(bergamot orange)
学名
Citrus Bergamia
科名/種類
ミカン科ミカン属/常緑高木樹
主産地
イタリア、チュニジア、モロッコ、ギニアなど
抽出部位
果皮
抽出方法
圧搾法
(※水蒸気蒸留やフロクマリン誘導体を除くため分留されたものも有)
淡い黄緑~オリーブ色
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
弱め~中くらい
精油成分
リモネン、酢酸リナリル、リナロール、γ-テルピネン、β-ピネン、ゲラニアール、フロクマリン類(ベルガプテンなど)など
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・ヘアケア

柑橘系をベースに、フローラル&グリーン感を含んだ香り

Advertisement

ベルガモットに期待される働き・効能

精神面への作用と効果

産地やメーカー等によっても成分比率は異なりますが、ベルガモット精油の中で含有率が高い成分はリモネンと酢酸リナリルの二つ。リモネンは柑橘系の精油に多く含まれていることが特徵ですし、酢酸リナリルについては「ベルガモット様の芳香を持つ成分」と紹介されることもある存在。そのほかにリナロールの含有率も比較的高いことが認められており、リモネン・酢酸リナリル・リナロールは共に鎮静作用を持つとされる成分のためベルガモットは鎮静が得意な精油と考えられます。特に高い鎮静効果が期待される“酢酸リナリル”は他の柑橘系(果実)を原料とする精油には含まれていないことから、ベルガモットは柑橘系精油の中でも心のサポートに優れた精油とされていますよ。

ベルガモット精油は優れた鎮静作用を持つ精油として、ストレスや緊張によって興奮状態にある脳や神経を鎮め、イライラ・行き場のない怒り・欲求不満などを和らげて気分を落ち着かせる働きが期待されています。韓国では2006年にラベンダーイランイラン・ベルガモットのブレンドオイルを吸入したグループに主観的ストレスや血清コルチゾールレベルの改善が見られたことが、2011年には『Natural Product Communication』にはベルガモットとラベンダー精油を局所塗布した被験者は血圧や脈拍・感情レベルなどの総合評価として「落ち着いていてリラックスしている」という実験報告が掲載されています。

こうした実験結果から中枢神経のバランス回復をサポートする働きが高い精油としてベルガモット精油は注目されてますし、精神状態を安定させることで気持ちをリフレッシュさせて明るさや楽観性を取り戻す助けににもなってくれると考えられています。抑鬱症状や不安の治療に役立つ可能性を示唆する実験報告も多いことから、神経・精神面でのトラブル全般に役立つのではないかと期待されていますよ。また気分を高揚させる働きがあるという説もあり、鎮静作用・高揚作用を併せ持つことでメンタルバランスを整えることが得意な精油と称されることもあります。香りとしてもラベンダーやローズなどフローラル感が強い精油よりは親しみやすいので、ストレスが気になったり、感情コントロールが上手くいかないと感じている時に香らせてみても良いかもしれませんね。

安眠サポートにも

鎮静作用に優れた精油として、ベルガモットは安眠をサポートしてくれるベッドサイトアロマとしても使われています。抗うつ作用や高揚作用を持つという説はありますが、刺激・覚醒作用はないのでリラックスタイムにも適していますし、神経を冴えさせて眠りの邪魔をしないというのが第一。ストレスケアに高い効果が期待されている精油でもありますから、心因性の不眠・寝付きの悪さの軽減に効果が期待できるでしょう。

加えて酢酸リナリルはセトロニン分泌を高めることで睡眠に関わるメラトニン分泌・体内時計を整える働きも期待されており、入眠トラブルに対して効果を発揮すると考えられています。寝付きが悪かったり不眠状態が続くことで、体内時計が乱れて起こる悪循環の予防にも役立ってくれる可能性がありますね。

肉体面への作用と効果

ベルガモット精油の中で含有比率の高い成分であるリモネンは、健胃・消化促進・整腸など胃腸機能サポートに役立つと考えられている成分でもあります。加えてリモネンには血行促進作用や唾液分泌を高めることでの食欲増進効果があるという説もありますから、食欲不振・消化不良・便秘・下痢・お腹の張りなど幅広い胃腸トラブルの緩和に取り入れられています。酢酸リナリルやリナロールにも鎮静作用のほか鎮痛作用が期待されています。ベルガモット精油は神経系の鎮静やリラックスにも役立つことから、緊張やストレスなどに起因する消化器の痙攣や痛み軽減にも繋がる可能性がありますし、過食症や拒食症などの摂食障害ケアへの有効性が研究されている精油でもありますよ。

鎮痛作用はお腹の痛みだけではなく、頭痛や偏頭痛・筋肉痛・神経痛・関節痛など様々な“痛み”の軽減にも役立つでしょう。精神面のサポートからはストレス性の症状全般に対しても緩和効果が期待されているほか、高血圧予防や改善に繋がる可能性も示唆されています。上記でご紹介した2006年に韓国で行われた実験でも、ラベンダー・イランイラン・ベルガモットのブレンドオイルを使用した被験者には有意な血圧改善が見られたことが報告されています。

風邪予防・呼吸器ケアにも期待

ベルガモット精油は抗菌・抗ウィルス作用があり、殺菌消毒にも役立つと考えられているオイル。加えてリモネンとリナロールには免疫機能を正常に整える働きが、酢酸リナリルとリナロールには抗炎症作用が期待されています。このため風邪やインフルエンザの感染症予防や、喉の痛みや扁桃腺炎・痰・気管支炎など呼吸器系の不調軽減にもベルガモットオイルは活用されています。鬱血を軽減することで鼻詰まりや喉の痛みを軽減する、去痰・粘液除去作用があるという説もあります。

その他に期待される作用

肌への働きかけ

ベルガモットはメンタル面への働きかけに優れた精油であることから、香りを嗅ぐことでストレス性の肌荒れ・肌トラブルに対しても高い効果を発揮すると言われています。また殺菌消毒作用が高いことから石鹸の成分としても使用されているほか、抗炎症作用が期待できることと合わせてにきび・吹き出物・湿疹・疱疹など肌トラブルの予防改善にも効果が期待されています。リモネンは皮脂を分解して落とす働きもあることから、脂性肌性ニキビや、頭皮・頭髪の油っぽさが気になる方のケアにも活用されています。

そのほかリモネンなど抗酸化作用を持つ成分が多いためアンチエイジングに役立つなどの説もありますが、一般的なベルガモット精油は光毒性と感作作用があるためスキンケアやマッサージなど皮膚に直接塗布する形での使用は注意が必要です。これはベルガモット精油にはベルガプテンやベルガモチンなどのフロクマリン誘導体が含まれおり、皮膚に接触すると光毒性を持ち皮膚炎を起こしてしまう危険性があるため。皮膚へ塗布する形で利用したい場合であれば、低濃度に希釈して使用後は紫外線を浴びないように注意するか、水蒸気蒸留や分留することで光毒性成分を除去したBGF(ベルガプテンフリー)もしくはFCF(フロクマリンフリー)の精油を選ぶようにしましょう。

デオドラント(消臭)にも

ベルガモット精油の殺菌消毒作用は、細菌やバクテリアの繁殖を抑制することで悪臭の発生を防ぐことにも役立ちます。合成香料がない時代、香水にベルガモット精油が多用されていたのも香りの良さだけではなくデオドラント効果があったためではないかとも言われていますよ。お部屋や衣服の消臭芳香剤としても利用できますし、紫外線を浴びない脇や足の裏などに希釈してスプレーしても体臭予防に繋がるでしょう。ブレンド相手を選ばない香りなので、香水や柔軟仕上げ剤の香りとの相性を気にしなくて良いというメリットもあります。

ベルガモットが利用されるシーンまとめ

【精神面】

  • ストレス・緊張
  • 精神的な疲労感がある時
  • イライラ・怒りっぽい
  • 抑うつ・不安・悲観的
  • 抑圧感・欲求不満
  • 情緒不安定・衝動的
  • リラックスしたい
  • 気持ちをリセットしたい
  • 寝付きが悪い・眠りが浅い

【肉体面】

  • 食欲不振・食欲異常
  • 消化不良・下痢・便秘
  • お腹のハリが気になる
  • 血行不良・肩こり・筋肉痛
  • 頭痛・偏頭痛・関節痛
  • 喉の痛みや炎症
  • 風邪予防・初期症状ケア
  • ストレスに起因する不調
  • ニキビ・湿疹・脂性肌ケア

ベルガモットの利用と注意点について

相性の良い香り

ベルガモット精油は基本的に相性が悪い香りというものがほとんどなく、どの香りとでも違和感なくブレンドすることが出来ます。ベルガモット精油自体が柑橘オイルとフローラルオイルをブレンドしたような香りですから、シングルでも十分楽しめますね。ベルガモットの香りの印象を壊したくない場合には柑橘系やフローラル系、フローラルなニュアンスを持つハーブ系との組み合わせもおすすめです。

ベルガモットのブレンド例

ベルガモット精油の注意点

  • 妊娠初期は使用を避けてください。
  • 特に記載の無いものは光毒性のある成分を含むため、肌への使用後は紫外線を避けましょう。
  • 血圧を下げる可能性があるため、低血圧の方は注意して使用しましょう。
  • 芳香浴として利用する場合でも、濃度や体質によっては皮膚刺激となる場合があります。
  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

参考元