シトロネラ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

消臭・昆虫忌避作用から夏に活躍

citronella

シトロネラとは

虫除けのオイルとしても使われることの多いシトロネラ。好き嫌い少ないスッキリとした香りと、価格面の安価さから香水や芳香剤・石鹸を始めとするトイレタリーにも広く利用されています。呼び名からもうかがえるように柑橘系の香りが特徴的ですが、植物としてはイネ科オガルカヤ属に分類されています。同属種にはパルマローザレモングラスなどがあります。パルマローザとは区別が付きやすいですが、レモングラスとは似た系統であり、和名としても同じ“香水茅(コウスイガヤ)”が使われることがあり紛らわしい存在。レモングラス以上にレモンバーム(メリッサ)とは香りが似ていると言われており、採油率の低いレモンバームの偽和剤としても利用されているようです。

シトロネラの原産はスリランカのセイロン島と考えられています。原産地周辺である熱帯アジアでは虫を寄せ付けない草であることが知られており、蚊帳に編み込んで使用されいたそうです。これは単なる虫除けだけではなく、マラリアなどの感染症対策でもあったのではないかと言われています。現在日本のホームセンターや花屋で販売されている“カレンソウ(蚊連草/蚊嫌草)”というハーブも、ゼラニウムをベースにシトロネラを交配させ作られた園芸品種です。

熱帯アジアでは古くから活用されてきたシトロネラですが、世界的に注目されるようになったのは19世紀以降と言われています。ヨーロッパに「オーリアム・シレー(oleum siree)」と呼ばれたシトロネラオイルが出荷されるようになると、レモンに似た親しみやすいハーバルな香りと防虫作用・消臭作用などの機能性から人気を集めるようになります。安価で合成香料が作れるようになるまではシトロネラールの抽出源としても重要な植物であり、虫除けキャンドルをはじめデオドラント用品・石鹸・洗剤など幅広く利用されていたそうですよ。

現在以上に香水業界からの需要も高かったことから、シトロネラは南米・アジア・アフリカなど世界中の熱帯地域で広く栽培されています。世界で最も多く栽培されている香料植物とも呼ばれおり、現在でもシトロネラ油年間生産量は世界で約4,000トンだとか。欧米を中心に見ると使用された歴史こそ短いものの、爆発的に普及したエッセンシャルオイルと言えるかもしれませんね。ちなみに食用には適さないと言われていますが、インドでは葉を香辛料としてスープやカレーなどに使われており、中国では生薬としてリウマチの痛みを抑えるのに取り入れられているそうです。

シトロネラ精油はかつて原産地とされるスリランカが主産地でもありましたが、1980年台からはジャワ産で精油生産が行われ多く出回るようになりました。現在はシトロネラ・ジャワ型とシトロネラ・セイロン型の2タイプに大きく分けられており、ジャワタイプの方がゲラニオールやシトロネラールの含有が多く芳香も強いとされています。このためジャワタイプは香りがハッキリとして鮮烈な印象・セイロンタイプが穏やかで柔らかい印象があります。ジャワタイプの精油の方が人気がある・優れていると称されることも多いですが、小さいお子さんが居るご家庭や強い香りが苦手な方であればセイロンタイプの方がマッチする場合もあるでしょう。

基本データ

通称
シトロネラ(Citronella)
別名
香水茅(コウスイガヤ)、オーリアム・シレー
学名
Cymbopogon nardus
科名/種類
イネ科オガルカヤ属/多年草
主産地
インドネシア、スリランカ、ジャワ、アルゼンチン
抽出部位
葉部
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡い黄色~黄土色
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
強め
代表成分
ゲラニオール、シトロネロール、リモネン、カンフェン、シトロネラール、シトラール、酢酸ゲラニル
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・ハウスキーピング・防虫

レモンに似た爽やかなシトラス感の中に、甘さ・グリーン感を含む香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・神経疲労
  • 不安・緊張
  • 気持ちの落ち込み
  • 無気力感・倦怠感
  • リフレッシュしたい
  • 明るい気持ちになりたい
  • 前向き・楽観的になりたい
  • 集中力を高めたい

【肉体面】

  • 頭痛・肩こり・腰痛
  • 筋肉痛・神経痛
  • 風邪・インフルエンザ予防
  • 免疫力を高めたい
  • 制汗・デオドラントに
  • お部屋やトイレの消臭に
  • 虫刺され予防・防虫
  • 犬のノミ・ダニ予防に

Sponsored Link

シトロネラに期待される効果・効能

心への作用

シトロネラ、特にジャワタイプに多く含まれているゲラニオールは強壮刺激作用や抗うつ作用がを持つと考えられている成分で、気持ちのバランスを整えたりリラックス状態を作り出すサポートが期待されています。またシトロネラの代表成分と言えるシトロネラールやシトロネロールには鎮静作用があると考えられることから、ストレスや緊張などによる疲労感でぐったりしてしまった時や気持ちが落ち込んでしまった時に適した精油と考えられています。

シトロネラ精油の香りはスッキリとした印象が強いので、リフレッシュして気持ちを切り替えたい時にも用いられています。仕事や勉強中など頭をスッキリさせて集中したいと時にも適しているでしょう。プレッシャーに押しつぶされそうな時や憂鬱感・無気力状態に陥っている時に、気持ちを軽くして前向きな状態へとサポートしてくれるでしょう。

体への作用

ゲラニオールによる鎮痛・鎮静作用やシトロネラールによる局所鎮痛・抗炎症作用などが期待できることからシトロネラオイルは頭痛や偏頭痛をはじめ、肩こり・腰痛・神経痛・筋肉痛など様々な“痛み”の軽減に有効と考えられています。かつて伝統医療の中では月経困難症(生理痛)の治療薬として用いられていたこともあるようです。部分的な痛みが気になる場合は精油を希釈し、湿布にして患部に直接当てる・マッサージするなどするとより効果的と言われています。

風邪・インフルエンザ予防にも

シトロネラは消毒・抗菌・抗ウィルス作用や免疫力向上効果が期待される成分を多く含む精油でもあります。デュフューザーなどで拡散することでお部屋の空気を綺麗に保ち、風邪やインフルエンザの予防に役立ってくれるでしょう。精神面の作用と合わせて、ストレスや精神的な問題から免疫力の低下が気になる時のサポートとしても用いられています。価格的にもお安い部類なのでデイリーに使いやすいのも嬉しいところですね。発汗・利尿・解熱作用を持つとする説もありますので、風邪気味だなと感じた時に取り入れてみても良いでしょう。

その他作用

デオドラント(消臭)用に

シトロネラは防臭・消臭作用を持つとして百年以上前から用いられてきた精油であり、現在でもトイレの消臭芳香剤などにも配合されています。成分的に見てもゲラニオールは体臭や口臭を抑える成分として注目されていますし、シトロネラールやシトロネラールも菌類の繁殖を抑えることで悪臭を抑える事に繋がると考えられます。

制汗作用を持つという見解もありますから、シトロネラ精油を使って自作のデオドラントスプレーなどを作ってみても良いでしょう。トイレやゴミ箱・靴の中敷きなどにスプレーしておくと気になる臭いの抑制にも繋がります。香りが柑橘系であり香水や柔軟仕上げ剤などとの香りとも馴染みやすいという利点もありますね。また柑橘系精油とは異なり光毒性のあるフロクマリン類を含有しないので、大人で敏感肌などでない場合であれば低濃度なら肌に直接スプレーもできます。

虫除け(防虫)用としても

シトロネラに含まれるゲラニオールやシトロネラールなどの成分は昆虫忌避作用があり、特に蚊が嫌う香りとされています。このため天然の虫よけ成分として網戸にスプレーしたり、虫除けスプレー作りなどにも重宝されています。デオドラント作用が期待できることと合わせて、シトロネラは夏に需要が高まる精油とも言われていますよ。3歳未満の幼児には使用できませんが、低濃度に希釈すればお子さんの衣服にスプレーすることも出来ます。

また蚊に対して特に優れた威力を発揮するというだけで他の昆虫に対しても有効性が報告されていますから、キッチン周りのコバエや洋服の防虫剤としても役立ってくれるでしょう。また低濃度であれば、犬に対してノミ・ダニよけとしても利用できると言われています。猫に対しては中毒性を起こす危険性もあるため、ペットに猫を買われている場合は使用を避けたほうが良いですが、猫が嫌う傾向にある香りでもあるため、お庭などに猫の侵入防止として使う方もいらっしゃるようです。

皮膚利用について

シトロネラは収斂作用や皮膚弾力の回復などが期待されており、脂性肌の方・シワが気になる方に良いと考えられています。石鹸や化粧品などにも配合されていますし、希釈すれば消臭や虫除けスプレーなどで直接肌にも利用できる精油とは言われていますが、人により皮膚を刺激してしまう可能性があるため使用濃度等には注意が必要です。きちんと希釈していても、直接皮膚に付ける場合には事前に狭い範囲でパッチテストを行うことをおすすめします。

シトロネラの利用について

相性の良い香り

樹木系・フローラル系の香りと特に相性が良いとされており、柑橘系の香りとのブレンドも失敗しにくいでしょう。とは言えあまりクセのない香りなのでどの香りとも比較的組み合わせやすい存在で、重めの香りにスッキリ感を加えたい時にも活躍してくれます。

【シトロネラのブレンド例】

シトロネラ精油の注意点

  • 妊娠中の方・心臓疾患のある方は使用を避けましょう。
  • 皮膚刺激となる場合がありますので、低濃度で利用してください>
  • 猫を飼われている場合は精油に近づけないようにしましょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ