シナモンリーフ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

梅雨時など鬱々とした気分と空気にも

シナモン・リーフ(Cinnamon Leaf)

シナモンリーフとは

シナモンはアジア原産のクスノキ科ニッケイ属に属す常緑の高木で、楠(クスノキ・カンファーホワイト)の近縁種にあたります。シナモンの樹皮をはがし乾燥させた香辛料のシナモンは香り高さから「スパイスの王様」と呼ばれることもあります。スパイシーでありながら甘く優しい香りのシナモン(ニッキ)は、洋菓子の香り付けやシナモンコーヒーやチャイなどの飲み物などに世界中で使用されていますね。

世界中で用いられているシナモンは世界最古のスパイスの1つとされており、紀元前4000年ごろからエジプトでミイラの防腐剤として用いられていたと考えられています。旧約聖書のエゼキエル書や、中国の神農本草経などの古い書物にも名前が記載されています。不死鳥(フェニックス)はミルラとシナモンを燃やした火から蘇るという伝説もあるそう。

古代ギリシャでは深い愛情を示す贈り物として用いられたり、インドではクローブ、カルダモンと共にカレーには欠かせない3大スパイスの1つだけでなく宗教用の薫香として、漢方では桂皮(ケイヒ)や肉桂(ニッケイ)の名で生薬としてと、古くから様々なことに用いられてきたスパイスでもありますね。

香辛料のシナモンは樹皮を使用しますが、アロマの場合「シナモン」と呼ぶ場合はシナモンの葉から抽出された精油(シナモン・リーフ)のことを指します。シナモンリーフ以外にも香辛料として一般的に用いられる樹皮を原料としたシナモンバーク・カッシアシナモン(学名:Cinnamomum cassia)を原料としたものなど、シナモン系の精油は複数存在しています。しかしシナモンリーフ以外の精油は刺激が強い・毒性があるなどの問題から、アロマテラピーでは利用されていません。稀に一般向けにも販売されていますが、より注意が必要な精油であることを心に留めておきましょう。

基本データ

通称
シナモン・リーフ(Cinnamon Leaf)
別名
トゥルーシナモン、セイロンシナモン、セイロンニッケイ
学名
Cinnamomum verum
(Cinnamomum zeylanicum)
科名/種類
クスノキ科ニッケイ属/常緑高木
主産地
スリランカ、インドネシア、マダガスカル、インドなど
抽出部位
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡黄色~オレンジ
粘性
低~中くらい
ノート
ベースノート
香り度合い
強い
代表成分
オイゲノール、酢酸オイゲニル、β-カリオフィレン、リナロール、シンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)
おすすめ
芳香浴・ハウスキーピング・防虫

スパイシーさを甘さを併せ持つ、濃厚で深みある香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 精神疲労・ストレス
  • 神経衰弱・無気力
  • 孤独感・気分の落ち込み
  • 過去を引きずってしまう
  • やる気が欲しい時
  • 集中力をアップしたい時

【肉体面】

  • 冷え性・血行不良
  • 関節炎・リウマチ
  • 消化不良・下痢
  • 食欲不振・吐き気
  • 便秘・お腹のハリ
  • 感染症予防・改善に
  • 虫除け・防カビ

Sponsored Link

シナモンリーフに期待される効果・効能

心への作用

シナモンリーフには刺激作用があり、高揚効果をもたらしてくれます。精神疲労やストレスによる衰弱や無気力を和らげ、心に活力を与え気持ちを前向きにしてくれるでしょう。過去の後悔や悲しみを引きずってしまう方や孤独感を感じやすい人にもおすすめです。

刺激作用によってやる気を高めたり、集中力をアップさせる効果も期待できますので勉強中や仕事中の香りにも適しています。やらなくてはいけないのに気力が出ないときや、集中的に作業をしたり頭に知識を詰め込まなくてはいけない場面で役立ってくれるでしょう。

体への作用

血行を促進し体を温める作用や鎮静作用、消化器官系を整える働きがあります。胃痛、おなかの張りなど消化器系の不調全般に有効ですが、中でも冷えから起こる腹痛や下痢、消化不良、吐き気などに優れた効果を発揮してくれます。また冷えによって悪化している関節炎、リウマチ、月経痛などの痛み緩和にも効果が期待できるでしょう。

呼吸器系の強壮作用や消毒作用、抗感染・抗ウイルス作用などがあり、風邪やインフルエンザの予防・改善にも有効です。腸内の感染症にも良いという説もありますよ。

その他作用

皮膚利用について

成分的には収れん作用があるとされていますが、シナモンリーフの精油は皮膚刺激が強いでスキンケアやトリートメント(マッサージ)での使用はしない方が良いでしょう。またアロマバスでの使用もお勧めできません。特に敏感肌の方は、希釈していたにしろ精油が直接肌に付かないように注意してください。

カビ対策としても

肌への使用はおすすめできないシナモンリーフですが、オイゲノールを含み抗菌・抗カビ特性に優れていますので、芳香浴以外に防カビ・防虫剤として利用することが出来ます。精神的にも鬱々としやすい梅雨時期の香りとしても人気があります。

オイゲノールの含有量はクローブ・バッドの方が多いので、カビや害虫がかなり気になる場合はクローブ・バッドの方が高い効果が期待出来ます。香りの好みなどと合わせて精油を選ぶと良いでしょう。

シナモンリーフの利用について

相性の良い香り

柑橘系・スパイス系の香りと相性が良いです。シナモンの香りはかなり強い部類に入るためブレンドするときは少しづつ足していくようにすると良いでしょう。

【シナモンリーフのブレンド例】

シナモンリーフ精油の注意点

  • 妊娠中・授乳中・生理中の方、お子様への使用は避けてください。
  • 皮膚や粘膜への刺激が強いため低濃度で使用しましょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ