メリッサ/レモンバーム精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ストレスケア・心因性の不調に

メリッサ(Melissa)

メリッサ(レモンバーム)とは

メリッサはハーバルかつフローラルで、レモンのような爽やかさを含んだ香りが特徴的なハーブ。その香りからハーブとしては“レモンバーム”という呼称でも知られています。リラックス系のハーブテイーの代表格でもありますし、料理用ハーブとしてもサラダから肉・魚料理にまで広く用いられています。ミントのようにアイスクリームの上に添えられていることもありますね。それもそのはず植物としてはシソ科に分類されており、同属ではないもののミントと比較的近い種であることから和名では香水薄荷もしくは西洋山薄荷と呼ばれています。フレッシュハーブとしても様々な事に利用できることに加え、耐寒性に優れ育てやすいこと・小振りな可愛らしい花をつけることもありキッチンハーブや園芸用としても人気の存在です。

メリッサの原産地はヨーロッパ(地中海沿岸地域)とされており、紀元前から栽培が行われていたと言われています。古代ギリシアでは既にメリッサを蜜源植物として利用しており、現在使われている呼称“メリッサ(Melissa)”もミツバチを意味するギリシア語が語源とされています。ギリシア神話でゼウスは父親から隠すため密かにクレタ島で育てられたとされていますが、この時ゼウスに蜂蜜を与え世話をしていた女性の名前が元々の語源であるという説もあります。古代ヨーロッパには蜂蜜以外の糖源が無かったとも言われていますから、ミツバチを引き寄せる花を持つ蜜源植物として珍重されていたと考えられています。また古代ギリシアの医者ディオスコリデスや古代ローマの大プリニウスなどが止血作用や解毒作用のある薬草として挙げており、傷薬など薬用でも用いられていたようです。

それ以外にメリッサの葉がハート形をしていることから、心や心臓に効果がある薬草とも考えられていたそう。後の16世紀に活躍したスイスの医師パラケルススはメリッサの心臓に対しての鎮静効果や精神への作用から「生命のエリキシル(不老不死の万能薬)」と呼んだと伝えられていますが、10世紀前後には既に「若返りの薬草」として持て囃されていたという説もあります。イスラムの医学者イブン・シーナーも「抑鬱に効き目がある」として推奨しており、中東では強心剤のような形でも用いられていたと言われています。メリッサ(レモンバーム)は現在でも自然医療・民間療法などで様々な有効性を持つハーブとして扱われていますが、伝統的に万能薬と捉えられてきた部分も関係しているのかもしれませんね。

ちなみにメリッサは荒れ地でも育つほど丈夫で繁殖力も高い植物のため、現在では原産地であるヨーロッパを中心に北米や北アフリカなど広い地域で栽培されています。そのためハーブとしては安価で使いやすい存在ですが、精油の場合は採油率が極端に低いため非常に高価な部類と言えます。レモンレモングラスレモンバーベナシトロネラなどの精油や合成香料を使った偽和が多く、ピュアオイルを入手するのが困難な精油とも言われています。

良心的なメーカーであれば純正(100%)の精油を「メリッサ・トゥルー(真正メリッサ)」、他の精油とブレンドしたものは「メリッサ・ブレンド」と区別してくれていますが、合成・ブレンド品を偽って販売しているケースも多いことが指摘されているため注意が必要です。偽和がなく高品質のものであれば5mlで安くとも8,000円以上が相場とされていますから、あまりに安価なものは避けたほうが良いでしょう。特にマッサージやスキンケアなど肌に直接付ける利用法を考えれている場合は、高くとも信頼できる商品を選ぶことをお勧めします。

基本データ

通称
メリッサ(Melissa)
別名
レモンバーム(Lemon balm)、香水薄荷(コウスイハッカ)、西洋山薄荷(セイヨウヤマハッカ)
学名
Melissa officinalis
科名/種類
シソ科コウスイハッカ属/多年草
主産地
フランス・ドイツ・スペイン・イタリア
抽出部位
花と葉
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡黄色~オレンジ色
粘性
低い
ノート
ミドルノート
香り度合い
中~強め
代表成分
ゲラニアール、ネラール、β-カリオフィレン、ゲルマクレンD、シトロネラール、ゲラニオールなど
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・ヘアケア・ハウスキーピング・防虫

ハーバル感と蜂蜜のような甘さを感じさせる、レモン調の香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・緊張
  • イライラ・ヒステリー
  • 不安・気持ちの落ち込み
  • ショック状態・パニック
  • 気持ちのコントロールに
  • 不眠・寝つけない時に
  • 前向きになりたい時に
  • PMSや更年期の精神不調に

【肉体面】

  • ストレス性の症状全般に
  • 頭痛・動悸・高血圧に
  • 吐き気・胃痛・消化不良
  • 月経不順・生理痛
  • 花粉症の軽減に
  • 皮膚炎性のケアに
  • 脂性肌・ニキビケア
  • フケ・抜け毛予防

Sponsored Link

メリッサ(レモンバーム)に期待される効果・効能

心への作用

メリッサの精油は鎮静作用・抗うつ作用・強壮作用を兼ね備えた精油として、ストレス対策や心の不調の軽減に広く用いられています。成分的に見てもシトラール(ゲラニアールとネラール)やシトロネラールなど鎮静作用を持つと考えられるアルデヒド類の割合が高いため、神経を落ち着けることで緊張・不安・ショック・パニックなどを鎮めリラックス状態へと導く働きが期待できます。心のバランスが乱れていると感じる時や、イライラや気持ちの落ち込み・抑鬱など自分で上手く感情のコントロールが出来ないと感じる時にも適しているでしょう。不眠、特に神経性の不眠軽減にも有効とされています。

そのほか気持ちを整えることで前向きさや活力を取り戻す手助けをしてくれる香りとも言われているため、メリッサは精神的なショックやトラウマから立ち直りたい時などにも取り入れられています。明るい気持ちになりたい時・自信がなく行動を起こせない時のサポートにも役立ってくれるかもしれません。また不安を和らげる働き(抗不安作用)や、ホルモンバランスに伴う精神面の不調緩和効果を持つ可能性が示唆されているβ-カリオフィレンもメリッサには含まれています。このことからPMS(月経前症候群)や更年期障害に伴うイライラや抑うつ症状などメンタル面の不調軽減にも利用されています。

体への作用

メリッサ精油は精神・神経面のサポートに高い効果が期待されていることから、神経性の不調全般の軽減に有効と考えられています。ストレス性の胃痛や吐き気・消化不良など消化器系の不調の緩和に有効とされる他、強心作用も期待されていることから血圧や心拍を下げて心臓の負担を和らげてくれるという説もあります。またシトラール(ゲラニアールとネラール)は鎮静作用の他に鎮痛作用を持つとされている成分のため、頭痛や生理痛の軽減にも取り入れられています。子宮の強壮作用と通経作用があるとされていますから、月経不順の改善サポートや生理痛の緩和に対しても効果が期待できるでしょう。

風邪予防・花粉症軽減にも

採油率が低く高価な精油ですからデイリーな使用にはあまり適していませんが、含まれている精油成分の多くが抗菌・真菌作用や抗ウイルス作用を持つと考えられるため、メリッサは風邪やインフルエンザ予防としても役立つと考えられています。また含有量の多いシトラール(ゲラニアールとネラール)には抗炎症作用や抗ウィルス作用も期待されていることから花粉症などのアレルギー対策としても注目されているようです。

その他作用

肌・頭皮への働きかけ

メリッサには抗アレルギー作用・抗炎症作用を持つことから、アトピー性皮膚炎やじんましん・湿疹などの皮膚炎性のケアに有効とされています。かゆみを抑える働きも期待できるので虫刺されなどにも良いと言われています。ただし皮膚刺激性を持つ精油でもありますので、使用時には注意が必要です。肌へ使用する場合は低濃度(1%未満)に希釈することが推奨されていますが、低濃度であっても敏感肌の方や炎症部位には刺激が強く、逆に炎症の原因となってしまう可能性もあります。事前にしっかりとパッチテストを行って使用するようにしましょう。

そのほか抗菌・抗真菌作用や皮脂分泌調節があるとされ、脂性肌のケアやニキビ予防・水虫対策などにも有効と考えられています。お肌だけではなく頭皮の脂っぽさやフケ・抜け毛の予防などにも用いられています。

メリッサ(レモンバーム)の利用について

相性の良い香り

同じ印象を持つフローラル系・ハーブ系・柑橘系の精油と相性が良いとされていますが、系統を選ばずブレンドに使いやすい精油です。フローラル系やオリエンタル系の精油で香りが甘すぎる・濃厚すぎると感じる時に加えると、レモンなどと同様に香りに軽さを出すことも出来ますよ。

【レモンバームのブレンド例】

レモンバーム精油の注意点

  • 妊娠中・授乳中の方、乳幼児の使用は避けましょう。
  • 高濃度・長時間の使用は頭痛を引き起こす可能性があります。
  • 皮膚刺激性のある精油のため、敏感肌の方は利用に注意が必要です。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ