ナツメグ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

心と体を整えて、元気になりたい時に

ナツメグ(Nutmeg)

ナツメグとは

ハンバーグを作る時に使うスパイスとして知られているナツメグ。甘さのある香りが特徴的なため、肉・ひき肉系の料理をはじめ、コンポートやクッキーなど様々なお菓子類の香り付けとしても用いられています。ナツメグという呼び名も“Nut(豆)”と“meg(ムスク)”を組み合わせたものが語源であると言われており、甘くローストしたような、どことなくムスク(麝香)系の雰囲気を漂わせていると表現されることもありますね。その特徴的な香りから精油を含めるとリキュール類の香り付け・歯科用材料・化粧品・ヘアローションなど様々なところで使われている存在でもあります。

料理用スパイスは粉末状で販売されているものが一般的ですが、ホールのナツメグは丸みの強いアーモンドのような形状をしています。ナツメグが採れるのはニクズク科ニクズク属の熱帯性常緑樹で、私達が普段ナツメグと呼んで利用しているのは種子の中にある“仁”と呼ばれる部分で、種子を網目状に包んでいる赤色の仮種皮は「メース」と呼ばれる香辛料として利用されています。メースもナツメグも似た風味を持つ香辛料ですが、メースのほうが若干風味が穏やかで繊細、収穫量も少ないためナツメグよりも少し高価となっています。ちなみにナツメグやメースが入っている果実は黄色くスモモやアンズに似た外見で、青果として食べられることっことないもののジャムやジュースなどに使われているそうですよ。

ナツメグの原産地は東インド諸島・モルッカ諸島(マルク諸島)とされており、現在は西インド諸島やインド・スリランカなどでも栽培されています。西洋東洋ともに古くから利用されていた香辛料と言われますが、いつ頃からナツメグが大陸の人々に使われていたかは分かっていません。記録としてはアラブやベルシアで10~11世紀・ヨーロッパでは12世紀以降に登場しますが、古代エジプトの副葬品の中にナツメグが発見されておりミイラを作る際の防腐剤として利用されていたと考えられています。

またローマでもクローブジュニパーミルラ(没薬)などとナツメグを合わせた薫香を魔除けとして焚かれていたという説があるようですし、インド伝統医学であるアーユルヴェーダでも古くから生薬の一つとして腸の不調などに処方されていたと伝えられています。またナツメグはアーユルヴェーダ以外に、中医学においても“肉荳蔲(ニクズク)”という生薬として胃腸の不調や気管支炎などに利用されています。ともあれ中世にはユーラシア大陸の広範囲で重宝される香辛料の一つであったと考えられますし、大航海時代には胡椒などと共に各国が狙ったスパイスの一つでもあります。

ちなみにナツメグはニクズクを播種後7年くらいで採取が可能になると言われています。植物としては成長の遅い部類ですが、採油率は高く11kgのナツメグから1kg程度の精油を蒸留することが出来るそう。そのため精油は安価な部類に入りますが、刺激が強く多量・長期間の使用は健康に対しての悪影響を与える可能性があることが指摘されています。香辛料としても大量摂取が危険なことが知られていますが、この中毒症状を起こす原因と考えられているミリスチシンという成分は精油にも含まれています。このため精油も同様に使用量に注意して利用すべき存在と言えます。様々な働きが期待されている精油でもありますが、短期間の使用向きです。

基本データ

通称
ナツメグ(Nutmeg)
別名
肉荳蔲(ニクズク)、ミュスカード(muscade)、ナッツメッグ、ナットメグ
学名
Myristica fragrans
科名/種類
ニクズク科ニクズク属/常緑高木
主産地
インドネシア、スリランカ
抽出部位
種子(仁)
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡黄色~薄オリーブ色
ノート
トップノート
香り度合い
強い
代表成分
サビネン、α-ピネン、β-ピネン、ミリスチシン、リモネン、テルピネン4オール
おすすめ
芳香浴・アロマバス・ヘアケア

温かみのある甘さを含んだ、シャープでスパイシーな香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・精神疲労
  • 神経過敏・イライラ
  • 気持ちの落ち込み
  • 情緒不安定・緊張
  • 前向きになりたい
  • メンタル面の強さが欲しい
  • 自分を元気付けたい

【肉体面】

  • 食欲不振・消化不良
  • 腹部膨張感・便秘
  • 神経性の胃腸不調
  • 風邪予防・初期症状ケア
  • 血行不良・冷え性
  • 関節痛・神経痛・筋肉痛
  • 月経不順・生理痛

Sponsored Link

ナツメグに期待される効果・効能

心への作用

毒性や刺激性を持つ成分であるミリスチシンが知られていますが、ナツメグ精油の主成分はα-ピネン・サビネンを筆頭とするモノテルペン炭化水素類です。鎮静作用を持つと考えられている成分が多く含まれていますから、ナツメグの香りも心を落ち着けて穏やかさや安定感を取り戻す手助けが期待されています。ストレスや疲労などで神経が過敏になっている・イライラしやすくなっていると感じている時にも適しているでしょう。またスパイシーで温かみのあるナツメグの香りは、神経系に対する刺激作用もあると考えられています。

刺激作用によって元気や活力の回復を促すことから、精神・神経への強壮剤として神経疲労時や無気力時のサポートとしても取り入れられています。甘さや温かさがありながらも全体的にシャープな印象のナツメグはリフレッシュや頭をクリアにする働きも期待できますので、メンタル面での強さが欲しい時・緊張感のある会議や発表前などに嗅ぐと良いとも言われています。古くは失神したときの気付け薬としても用いられていたのだとか。鎮静作用もありますが、どちらかと言うとリラックスをサポートしてくれる香りというよりも、自分を元気付けたい時にオススメの香りです。

体への作用

ナツメグ精油の主成分であるモノテルペン炭化水素類、特にα-ピネンやリモネンなどの成分には食欲増進作用や消化促進など胃腸機能を促進する働きがあると考えられています。また毒性・刺激性があるとされるミリスチンも消化器系へと作用し、食欲増進のほか腸に溜まったガスを排出させて腹部膨満感を軽減する・便通を整え便秘を改善するという説もあります。アーユルヴェーダや漢方ではナツメグを胃腸薬のような形で取り入れていますが、これもこうした芳香成分による働きが多いと言われていますよ。

ナツメグはストレス軽減などの働きも期待できますから、精神性の胃痛や腹痛軽減にも効果が期待できるでしょう。そのほかα-ピネンなどには免疫力向上や強壮作用、抗菌・抗ウィルス作用もあるとされているため、風邪やインフルエンザ他感染症予防としても有効とされています。

血行不良・女性領域の不調にも

ナツメグ精油に期待できる働きとしてもう一つ注目されているのが血行促進作用です。血液の循環を良くして体を温める働きが期待できることに加えて鎮痛・鎮痙作用があるとされ、冷え性の改善やリウマチ・関節痛・筋肉痛などの軽減にも取り入れられています。皮膚刺激性があるので芳香浴としての利用が主となりますが、バスオイルとして利用されることもあるそう。肌が弱い方であれば精油を浴槽に入れるのではなく、小皿などに数滴落としてお風呂場の隅・風呂蓋の上などに置く方法もあります。こちらの方法でも敏感肌の方であれば刺激になってしまう可能性があるので注意しながら使用して下さい。

またナツメグには女性ホルモンと似た働きを持つ成分が含まれているという説もあり、ホルモンバランスを整える働きも期待されています。芳香浴をすると月のリズムを整えて月経不順の軽減に繋がると言われている他、血行促進による冷え軽減・鎮痛作用などと合わせて生理痛の緩和に繋がる可能性もあるでしょう。ただし分娩促進にもつながってしまう可能性があるため、妊娠中の使用はできません。

その他作用

皮膚利用について

ナツメグの精油は殺菌作用や皮脂分泌抑制作用を持つ成分を含んでいることから、オイリーな頭皮や毛髪をさっぱりさせて清潔な状態に保ってくれるとも考えられています。ヘアトニックなどヘアケア用品にも配合されていることがありますが、皮膚刺激性が高い精油のため自作トニックなど自己判断での使用は避けることをおすすめします。同様にキャリアオイルに希釈してマッサージに用いるなど、皮膚に直接付く形でのナツメグ精油の使用もおすすめできません。芳香浴用としてのい利用するのが無難です。

ナツメグの利用について

相性の良い香り

スパイス系・柑橘系の香りと相性が良い精油です。また軽めの印象があるウッディー系やハーブ系の精油ともブレンドしやすいでしょう。

【ナツメグのブレンド例】

ナツメグ精油の注意点

  • 妊娠中・授乳中の方、お子さんがいる場面での使用は避けましょう。
  • 敏感肌の場合は皮膚を刺激する場合があります。
  • ナツメグは刺激が強い精油です。大量・高濃度での使用は吐き気、恍惚、幻覚、頻脈、けいれんなどを引き起こす場合がありますので、使用量や使用期間には注意しましょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ