【アロマ】スイート・マジョラム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

【アロマ】スイート・マジョラム精油<br />-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ストレス対策や女性サポートにも

甘くほろ苦い芳香が特徴的なマジョラム。香辛料として使われるマジョラムよりも精油はスパイシーさが薄く、温かみのある印象の香りです。性欲を抑える働きを持つハーブとして使用された歴史に目が行きがちですが、実はメンタルサポートや不眠緩和・胃腸機能を整えるなど日々のセルフケアに嬉しい様々な働きも期待されています。体を温めてくれるハーブとも称されていますので、女性の味方としても嬉しい存在かもしれません。

スイート・マージョラム (sweet marjoram)

マージョラム(スイート・マジョラム)とは

スイート・マジョラムの特徴・歴史

イタリアンをはじめ欧風料理には結構な頻度で使われている、マジョラム。甘くほろ苦い芳香が特徴的な香辛料の一つで、肉料理の必需品・肉のハーブと称されるようにソーセージやパテなど肉料理の臭み消しに利用されている方も多いのではないでしょうか。臭み消しとしただけではなくチーズやトマトとも相性が良いですし、甘めで繊細な香りからケーキなど焼き菓子類などにも幅広く利用されています。料理用以外にもシンプルにハーブティーとして飲んだり、化粧品・香水類から薬まで様々なものの香りつけまで多様されるハーブの一つ。欧米の方にとっては馴染み深い香りでもありますし、マジョラムの温かみがありスパイシーな香りは男性にも好まれやすいのだそう。そのためかサルヴァトーレ・フェラガモなど高級メンズ香水にもオレガノの香りが調合されています。

植物としては、マジョラムはシソ科ハナハッカ属に分類される多年草。シソ科には多くのハーブ類が含まれていますし、同じハナハッカ属の近縁種としては香りも似ているオレガノ(学名:Origanum vulgare/ワイルド・マジョラムとも)があります。マジョラムもハナハッカ属の植物のため“ハナハッカ”と呼ばれる事がありますが、和名“花薄荷”とされているのはオレガノの方。その他にも同属のポット・マジョラムや、別属でタイムの仲間でありながらスパニッシュ・マジョラムと呼ばれる植物まで、名前に「マジョラム」と付く植物は様々。このためOriganum majoranaは他のマジョラム類と区別するために区別するために“スイート・マジョラム”と呼び分けています。小さな花が結び目(knot)のように付くことからノッテッド・マジョラムと呼ばれています。

ちなみに日本ではカタカナでマジョラムと書いたり読んだりすることが多いですが、マジョラムのスペルは「marjoram」。発音記号もmɑ’ːrdʒərəmとなっているので、英語に近い呼び方としてはマジョラムよりも“マージョラム”という方が正しいのでしょう。個人的には、音としてはマージャランと聞こえますけれど。このmarjoramはマジョラムかマージョラムかについては色々な意見がありますが、現在日本語としては“マジョラム”がポピュラーではあるでしょう。S&Bさんやハウス食品さんもマジョラムですし。

欧風料理に使われるというイメージ通り、マジョラムはエジプトやリビアなど地中海東部が原産とされています。エジプトでは死と再生を象徴する神オシリスへの捧げ物として使われていたという伝承がありますし、古代ギリシアでは既に栽培も行われていたことが分かっています。古代ギリシアでは女神アフロディーテが作ったハーブであるという伝説もあり、幸福の象徴としても大切にされていたのだとか。新婚夫婦にマージョラムの花冠を贈ったり、故人の冥福を祈って墓地に植えたりする風習があったこともよく紹介されていますよね。マジョラムが属すハナハッカ属の属名Origanumもギリシャ語の“山(oros)”と“喜び(ganos)”を組み合わせた「山の喜び」を意味する言葉が語源とされています。

植物として大切にされていただけではなく、古代ギリシアやローマでマジョラムは香草として料理に使われたり、痛みを緩和してくれる薬草の一つとしても利用されていたと考えられています。古代ギリシアの医者ディオスコリデスは神経障害の治療に用いたようですし、中世に記された『バンクスの薬草誌』やニコラス・カルペッパーの著書でもスイートマジョラムについての効能が記されていますから、ヨーロッパ長らく愛されてきたハーブの一つと言えるでしょう。マジョラム(marjoram)の語源にはラテン語“major(より大きい)”という説があり、生命を長く伸ばす=長寿になるハーブと考えられていた名残だとも言われていますよ。現在でもマジョラムはヨーロッパの民間療法・自然療法で多用されているハーブの一つであり、お腹の不調、不眠や不安症など様々な場面で使われています。アロマテラピーでもマジョラム精油はポピュラーなものの一つですね。

香料原料データ

通称
スイート・マジョラム(Sweet marjoram)
別名
marjoram(マジョラム/マージョラム)、knotted marjoram(ノッテッド・マジョラム)、マヨラナ(茉沃刺那)
学名
Origanum majorana
科名/種類
シソ科ハナハッカ属/多年草
主産地
エジプト、フランス、イギリス、ドイツなど
抽出部位
全草(花と葉)
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡いクリーム色~琥珀色
粘性
低い
ノート
ミドルノート
香り度合い
中~強め
精油成分
テルピネン4オール、γ-テルピネン、α-テルピネン、サビネン、サビネンハイドレート、テルピノレン、α-テルピネオール、リモネン、ミルセン、酢酸リナリル など
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア

微かにスパイシーさと苦さを含む、温かみのある香り

Advertisement

マージョラム(スイート・マジョラム)に期待される働き・効能

精神面への作用と効果

スイートマジョラムの香りにはテルピネン4オールや酢酸リナリルなど鎮静系の働きを持つ精油成分が多く含まれており、副交感神経を活発化させることで緊張によって強ばった心と体を解きほぐす働きがあると考えられています。このため興奮した精神を鎮めて気持ちを落ち着ける・リラックスをサポートする効果が期待されています。その温かみのある香りと合わせてスイート・マジョラムは「心を温める精油」と呼ばれることもあり、精神的に一杯一杯で冷淡になっている時や無感動になっている時、孤独感を感じている時の香りとして適しているという説もありますよ。

また精油成分の中で比較的含有率の多いテルピネン4オールには鎮静のほか神経の強壮作用があるとも言われていますから、緊張や不安に押しつぶされてしまいそうな時・精神的な疲労で無気力になっている時にも役立ってくれそうですね。些細なことでイライラしたり深く落ち込んだりしてしまうような時や、衝動的になっていて自分で自分がコントロール出来ない時など、精神的に疲弊していたり不安定になっている際のサポートに高い効果が期待されています。バランスをとる働きが期待できるという説もありますし、気持ちを落ち着ける働きと合わせてソワソワと落ち着かない・思考がまとまらない時などにも良さそうです。

安眠のサポートにも

神経系の緊張を解きほぐしリラックス状態へと導く働きが期待できることから、スイートマジョラムは睡眠サポート用の精油としても用いられています。スイートマジョラムは基本的には毒性がないとされること・香りの柔らかさも高く評価されており、不眠対策の精油としてはラベンダーと人気を分かつ存在でもあります。スパイスとしてのマジョラムは甘さを含んだ香りですが、精油の場合は甘みはほとんどなくスッキリとしたハーブ調の香りですから、甘い香りやフローラル調の香りが苦手な方も試してみると良いかもしれません。

肉体面への作用と効果

マジョラム・スイートは副交感神経を活発化させることで胃腸機能を高め、食欲不振や消化不良・便秘・お腹の張りなど消化器の不調全体の軽減に有効と考えられています。また鎮静作用に加えて鎮痙・鎮痛作用があるとされており、筋肉痛・関節痛・頭痛・偏頭痛・肩や腰のこりなど様々な「痛み」の緩和にも効果が期待されています。消化器系へのサポートと合わせて胃痛や腹痛の軽減にも用いられています。

また精油成分の中で含有率の高いテルピネン4オールは抗菌・抗ウィルス・抗炎症作用が、γ-テルピネンには抗感染症作用や抗炎症作用があると考えられています。これらの働きかけから咳・鼻炎・喘息・気管支炎など呼吸器系の炎症軽減にも効果が期待されています。呼吸器系の健康をサポートすることからも寝付きを良くする手助けをしてくれているのかもしれませんね。下記の体を温める働きと合わせて、風邪予防や初期症状ケアとしても利用されています。

冷え・月経トラブルに

スイートマジョラムはその温かみのある香りや、精神的なサポートによって“心を温める”だけではなく、実際に体を温める血行促進作用や加温作用を持つとされる精油でもあります。その働きの高さは「エッセンシャルオイルの中でマジョラムが最も強い加温作用を持つ」という説もあるほどで、上記の作用と合わせて冷えから起こる腹痛や消化不良・血行不良による肩こりなどの改善にも取り入れられています。冷え性の軽減にも有効とされていますし、γ-テルピネンには静脈強壮・鬱滞除去作用などもあるとされていますから“むくみ”改善にも効果が期待できるでしょう。

そのほかに、マジョラムは女性領域でのサポートも期待されている精油。鎮痛作用や加温作用から生理痛の緩和に繋がる可能性もありますし、骨盤領域と子宮の血流を刺激して月経を促す“エメナゴーグ(Emmenagogue)”と呼ばれるハーブの一つにも数えられています。このことから月経不順・少量月経など月経トラブルのサポートにも有効と考えられていますし、精神・肉体面への作用と合わせてPMS(月経前症候群)軽減に役立つ精油としても注目されています。

その他に期待される作用

肌への働きかけ

マジョラム・スイート精油は血行促進作用があるオイルとして、霜焼けや打ち身・内出血のケアに用いられています。スキンケアという面で考えると目の下のクマ・くすみ対策に役立つと考えられていますし、血液循環がスムーズになることで皮膚の新陳代謝向上・肌のターンオーバーを整えることにも繋がります。お肌の血行不良を改善しターンオーバーを整える手助けをしてくれることから、乾燥肌や角質化の軽減、シミ・小じわ・ニキビ跡などを薄くするなどの働きも期待されています。含有率の高いテルピネン4オールは抗菌・抗真菌作用がありますから、ニキビ予防などもサポートしてくれるでしょう。

制淫作用について

マジョラム・スイートは「制淫特性(性欲を抑える作用)」を持つとされる精油でもあります。催淫作用を持つとされる精油はいくつもありますが、ポピュラーな精油の中で制淫作用があるとされているのはマジョラム・スイートだけ。そのためか修道院などで性欲を抑えるために用いられていたという逸話もあるそうです。どの成分がどういった作用をもたらすことで性欲を抑制・制御するかという詳細は分かっておらず、制淫特性はエビデンスに基いたものと言うよりは伝統的効能と言えます。しかし現在でも性欲を抑えるハーブとされているものですから、使用するシーンには注意したほうが良いかもしれません。

スイートマジョラムが利用されるシーンまとめ

【精神面】

  • ストレス・精神疲労
  • 緊張・興奮・無気力
  • 落ち込み・不安・孤独感
  • イライラ・ヒステリー
  • 情緒不安定・衝動的
  • メンタルバランスを整えたい
  • リラックスしたい時
  • 寝付きが悪い時
  • 眠りが浅いと感じる

【肉体面】

  • 食欲不振・消化不良
  • 便秘・腹部膨満感
  • 冷えによる腹痛や下痢
  • 頭痛・偏頭痛
  • 肩こり・筋肉痛・関節痛
  • 血行不良・冷え性・むくみ
  • 生理痛・月経不順・PMS
  • クマ・くすみ対策に
  • 打ち身・内出血のケアに

マージョラム(スイート・マジョラム)の利用と注意点について

相性の良い香り

甘めの芳香を持つベルガモットの精油は柑橘系・フローラル系との相性が良いとされています。スパイス系としてはライトな印象の香りでもありますし、そこまで個性が強いわけでもありませんから、それ以外の系統の香りであってもブレンドはしやすい部類でしょう。

スイートマジョラムのブレンド例

スイートマジョラム精油の注意点

  • 妊娠中の利用は避けましょう。
  • 車の運転など集中力が必要な場面での使用は控えましょう。
  • 多量・長時間の使用は眠気を起こす可能性があります。
  • 血圧降下作用を持つ可能性があるため、低血圧の方は注意が必要です。
  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

参考元