バジル・リナロール精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

気分の落ち込みやストレス性の不調に

バジル(Basil)

バジル・リナロールとは

ジェノベーゼソースを筆頭としたイタリア料理でお馴染みのハーブ、バジル。イタリア語のバジリコという呼び方も定着していますね。ちなみにバジルという名前は王を意味するギリシャ語に由来しているという説が有力。名前の由来や広く利用されていることから「ハーブの王様」と称されることもあります。日本に伝わったのは江戸時代と比較的遅く、伝来当初は種子を目のゴミ取りに用いたことから「メボウキ」という和名が付けられました。近年“バジルシード”は目のゴミ取りではなく、ダイエット食材として話題となったこともありますね。

イタリアもしくはヨーロッパのハーブというイメージがあるバジルですが、実は原産はアジアから太平洋諸島あたりのエリアと考えられています。地中海沿岸を中心としたヨーロッパやアメリカ・アフリカなど世界中で栽培や利用が行われているハーブでもあります。
基本的にバジル=スイートバジル(Ocimum basilicum)を指しますが、そのほか“バジル”という名前がついている別種も含めると150種以上の品種があります。スイートバジル系の品種にはライムバジル・リコリスバジル・シナモンバジルなど、バジルっぽくない香りを持つものも少なくありません。

バジルはインドで古くから用されており、伝承医学アーユルヴェーダでも数千年間使われてきたハーブと言われています。アレキサンダー大王がインドから持ち帰ったことでヨーロッパに広まったという伝承もあります。アジア~ヨーロッパで古くから食用・薬用と広く用いられてきたハーブの一つと言えるでしょう。また。故人の旅立ちをサポートするというものから、媚薬的な伝承・粉を吸い込むと頭のなかにサソリが沸くなど、様々な信仰や迷信などとも関わりが深い存在でもあります。

バジルの種類について

様々な品種のあるバジルですが、精油(エッセンシャルオイル)の原料として用いられるのは主にスイートバジルやフレンチバジルと呼ばれるOcimum basilicum。バジル・リナロールは呼び名の通りケモタイプ精油ですが、バジル系精油の中では安全性が高いことから精油・アロマテラピーなどで単に「バジル」と呼ぶ場合はバジル・リナロールの事を指すのが一般的です。

スイートバジルにはリナロールタイプ以外にバジル・メチルカビコールと呼ばれるメチルカビコール(エストラゴール)含有率の高いものがあります。メチルカビコールは抗痙攣作用や抗ストレスなどの働きがあると考えられており喘息など呼吸器系の不調に強いとも言われていますが、毒性があること・発癌性が示唆されていることから一般家庭用としてはほとんど流通していません。そのほかバジルと呼ばれる近縁種のレモンバジル(Ocimum × citriodorum)やホーリーバジル(Ocimum sanctum)の精油も生産されていますが、こちらも流通量はごくわずかとなっています。

基本データ

通称
バジル・リナロール(Basil linalool)
別名
バジリコ(Basilico)、スイートバジル(Sweet basil)、フレンチバジル(French basil)
学名
Ocimum basilicum
Ocimum basilicum CT linalol
科名/種類
シソ科メボウキ属/多年草(※地域により一年草扱い)
主産地
エジプト、フランス、モロッコ
抽出部位
全草(花、茎、葉)
抽出方法
水蒸気蒸留法
無色~黄色
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
強め
代表成分
リナロール、1,8-シネオール、オイゲノール、テルピネン-4-オール、α-テルピネオール、カジネン、エストラゴールなど
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・虫除け

スパイシーでありつつ優しい甘さを含む、ハーバル調の香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 緊張・ストレス
  • 神経疲労・疲労感
  • 不安・自信喪失
  • 気持ちの落ち込み
  • リフレッシュしたい時
  • 集中力が欲しいとき
  • 気持ちをリセットしたい

【肉体面】

  • 消化器系の不調
  • 頭痛・偏頭痛の緩和
  • 風邪・インフルエンザ予防
  • 咳・気管支炎・喘息
  • 月経不順・生理痛
  • ニキビケア
  • 虫除け・虫刺されに

Sponsored Link

バジル・リナロールに期待される効果・効能

心への作用

呼び名の通りバシル・リナロールの代表成分はモノテルペンアルコール類のリナロールで、製造社等により違いはありますが概ね50%以上を占めています。リナロールは鎮静・抗不安作用が期待されている成分であるため、バジル・リナロールもストレスや精神的な疲労から思考がネガティブになっている時、情緒不安定・神経質になっている時などに適した精油と考えられてましす。そのほか下垂体や副腎を刺激しすることで自律神経を整えるサポートをしてくれるという説もあます。

またバジルのややシャープで刺激的な香りは、リフレッシュ用としても用いられています。。頭をクリアにして感覚を鋭くする・集中力を高めてくれる香りと言われていますので、仕事や勉強の合間に取り入れてみても良いでしょう。ストレスや神経疲労の軽減・不安や自信喪失を鎮めるなどの働きも期待されていますから、残業で疲れていたり、プレッシャーのかかる仕事で緊張状態が続くような場面でのリセット用としてもオススメです。

体への作用

バジル・リナロールの精油は鎮痙作用と消化促進作用を持つ精油と考えられています。消化不良や腹部膨張感・乗り物酔いなどの軽減に有効と言われています。また精神面のサポートや自律神経を整える働きが期待できることから、ストレス性の頭痛・偏頭痛の緩和改善に対してはトップクラスと言われるほど高い効果が期待されています。消化器系との働きと合わせてにストレス性の胃痛・胃痙攣・腹痛・食欲不振などのトラブル緩和にも効果が期待できるでしょう。

そのほか若干の通経作用があり月経不順や少量月経の改善に、鎮痙作用と合わせて生理痛の軽減に良いとも言われています。消化器系の不調・生理痛の軽減にはキャリアオイルで希釈してマッサージする方法が勧められることもありますが、皮膚刺激性のある精油のため使用する際は注意が必要です。連続利用も避けるようにしましょう。

風邪予防や呼吸器系の不調にも

リナロールや1,8-シネオール・オイゲノールなど抗菌・抗ウィルス作用を持つ成分を多く含むことから、バジル・リナロールは風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも役立つと考えられています。鎮痙作用と合わせて咳・気管支炎・喘息などの緩和にも役立ってくれるでしょう。発汗・解熱作用を持つとする説もあります。

その他作用

肌・髪への働きかけ

殺菌消毒作用があるとされており、ニキビ用や改善用に用いられることが多いようです。ただし敏感肌の方の場合は皮膚刺激となり肌荒れなどの炎症を起こす可能性もありますから、使用には注意が必要です。ニキビ対策としてであれば比較的作用が穏やかとされるティーツリーラベンダーなどの精油を利用したほうが無難でしょう。

虫除け・虫刺されケアにも

バジル・リナロールに含まれる1.8シネオールという精油成分は、昆虫忌避作用を持つ(虫が嫌がる香り)ことが報告されています。このため芳香をデュフューザーなどで拡散したり、希釈してスプレーとして利用することで虫除けに役立つと考えられています。また殺菌消毒作用、若干の抗炎症作用あるとされていることから虫刺されの後のケアにも効果が期待されています。

バジル・リナロールの利用について

相性の良い香り

レモンもしくはレモン様の香りと非常に相性がよく、そのほかの柑橘系・ハーブ系・フローラル系の香りとブレンドしやすいでしょう。バジル・リナロールは香りが強い精油ですから、ブレンドの際は少量ずつ加えるようにしてみて下さい。

【バジル・リナロールのブレンド例】

バジル・リナロール精油の注意点

  • 妊娠中・授乳中の方、小さいお子さんがいる場合は使用を避けましょう。
  • 長時間・高濃度での使用は控えましょう。
  • 膚刺激を感じる場合があります。特に敏感肌の方は注意が必要です。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ