ユーカリ・シトリオドラ /レモンユーカリ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

虫除けアロマスプレー作りにも人気

eucalyptus-ci

ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)とは

ユーカリはティーツリー同じフトモモ科で南オーストラリアが原産の樹木です。オーストラリア先住民族(アボリジニ)は古くから、創傷の包帯代わりにしたり、感染症や発熱の治療・呼吸器系の不調の際に利用したりと民間医療・医薬として重宝していたと考えられています。また根を深く伸ばて地下水を吸い上げてくれること、成長が早いことから近年は砂漠化地域の緑化対策としても期待されている植物です。

ところでユーカリと呼ばれる樹木は約500種類、変種も含めると800から1000と非常に多くの種類が存在します。その中のいくつかの樹は香料源としても利用されていますから、ユーカリ精油もまた多くの種類が流通しています。それぞれ成分や香りが異なりますし、禁忌・注意なども違うものがあるので購入時は学名を確認するようにした方が良いでしょう。

ユーカリ系精油の中で最もメジャーなものはユーカリ・グロブルス(ユーカリプタス)。お子様やお年寄りがいる場合や強い香りが苦手な場合、スキンケアにはユーカリ・ラディアータもよく利用されます。そのほか、消臭剤・マウスウォッシュやダイエット用に使われるユーカリペパーミント(ユーカリ・ディベス)、作用が穏やかでお子様やスキンケアにも向いているレモンシロップの様な香りのするユーカリ・スタイゲリアナなどを用いることもあります。

ユーカリ・シトリオドラはレモンユーカリという別名のとおり、レモンに似た甘酸っぱさがある香りで、ユーカリの鼻の奥に染み渡るような薬品の様な香りとは少し芳香が異なります。これは同じフトモモ科の樹木ではレモンマートル、ハーブ系ならばレモングラスレモンタイムなどと同様に、レモン様の芳香成分「シトラール」が多いため。柑橘系のような爽やかな印象の香りのため、石鹸や洗剤、香水の原料としても用いられています。

基本データ

通称
ユーカリ・シトリオドラ(Eucalyptus citriodora)
別名
レモンユーカリ、レモンセンティッドユーカリ
学名
Eucalyptus citriodora
科名/種類
フトモモ科(ユーカリ属)/高木
主産地
オーストラリア、ブラジル、中国、マダガスカル
抽出部位
葉、小枝
抽出方法
水蒸気蒸留法
無色~淡黄色
粘性
低い
ノート
トップ~ミドルノート
香り度合い
中くらい
代表成分
シトロネラール、シトロネロール、テルピネン4オール、イソプレゴール、β-カリオフィレン、α-ピネン、1,8-シネオール
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・防虫

シトロネラに似た、爽やかなハーブのような香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • イライラ・興奮
  • 不安・落ち込み
  • 情緒不安定・ストレス
  • 精神疲労・緊張
  • 前向きになりたい
  • リラックスしたい
  • リフレッシュしたい

【肉体面】

  • 筋肉痛・肩こり
  • 関節炎・腱鞘炎
  • 風邪の予防・改善
  • リウマチ・坐骨神経痛
  • 水虫・真菌性皮膚炎症
  • 虫除け・虫刺されに
  • 体臭予防

Sponsored Link

ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)に期待される効果・効能

心への作用

ユーカリ・シトリオドラには鎮静作用があり、精神が高ぶっている・イライラしているときなどに気持ちを落ち着ける効果が期待出来ます。ストレスや精神疲労による落ち込み・無気力感などを癒し、前向きさや活力を取り戻す手助けをしてくれます。

グロブルスやラディアータ種は意識をシャッキリと覚醒させて気持ちを高揚させるタイプですから活動時に向いていますが、シトリオドラの場合は興奮を鎮めてゆっくりとするリラックスタイムにより向いていると言えるでしょう。心の負荷からの解放や精神安定効果が期待出来ます。

体への作用

ユーカリ・シトリオドラはグロブルス種やラディアータ種に多く含まれる1,8シネオールをほとんど含みません。精油の主成分はアルデヒド類のシトロネラールで、抗炎症作用や局所鎮痛作用に優れます。このため筋肉痛や肩こり、関節炎、腱鞘炎、リウマチ、坐骨神経痛などの痛みや炎症のケアに用いられます。

シトロネラールとその次に含有量が高いシトロネロールの相乗効果で抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用もありますからお部屋の空気清浄剤としてや感染症予防にも活用できます。精神面への働きかけからリラックスタイムや就寝時などに利用する場合はユーカリ・シトリオドラの方がゆったり出来るでしょう。

その他作用

肌への働きかけ

抗菌・抗真菌作用や抗炎症作用があるとされています。このためニキビ対策をはじめ、虫刺されのケア・カンジダや水虫(白癬菌)・脂漏性皮膚炎(マラセチア菌)などの真菌性皮膚炎症のケアにも取り入れられることがあるようです。ただしユーカリ系精油の中では皮膚刺激が低いとされていますが、敏感肌の方などであれば刺激を感じる場合もあるので注意が必要です。

虫除け・デオドラントにも

昆虫忌避性の高い精油としてはシトロネラがよく知られていますが、実はユーカリ・シトリオドラの方が虫が嫌う「シトロネラール」の含有量が高く、強い効果を発揮してくれます。デオドラント効果も期待できるので、アロマスプレーにしておくと特に夏場は虫除け・体臭予防に役立ってくれます。

ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)の利用について

相性の良い香り

ユーカリ・シトリオドラは書籍や販売社によって樹木系ではなく柑橘系に分類することもあります。ハーブ系や樹木系との相性が良いとされていますが、クセの少ない香りですので広い範囲の香りとブレンドしやすいでしょう。

【ユーカリ・シトリオドラのブレンド例】

ユーカリ・シトリオドラ精油の注意点

  • 妊娠中の使用は控えましょう。
  • 皮膚刺激を感じる場合がありますので、敏感肌の方は注意してください。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ