ヒノキ/檜の精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

空気も心もクリアにしてくれそうな、和む和の香り

ヒノキ(檜)

ヒノキ(檜/桧)とは

日本人にとってはお風呂や高級建材としても馴染み深い樹木、ひのき(檜/桧)。神社仏閣など歴史的な建造物に使われていることも知られていますし、和を感じされてくれる癒やしの香りとしてルームフレグランスや入浴剤などにも利用されていますね。ふんわりと森の香りを感じる檜造りのお家・ひのき風呂に憧れを感じる日本人も少なくないのではないでしょうか。フローラル系やバニラ・ムスク系などの香りは好き嫌いがありますが、日本人に限ってい言えばヒノキの香りは男性やお年寄りなどにも柑橘系以上に受け入れられやすいと言われるのも納得ですね。ウッディー系の香りはあまり好きではない、という場合でもヒノキの香りなら許容範囲という方もいらっしゃるようです。

そんなヒノキはヒノキ科ヒノキ属に分類される針葉樹で、福井県以南から屋久島までに分布しています。ヒノキが自生しているのは日本と台湾のみと言われており、天然の樹木は貴重な存在でもあります。同じくヒノキ科のうち日本のヒノキと比較的近いヒノキ亜科に分類される植物としては、「ヒノキに似た香り」と形容されるサイプレスジュニパーなどがあります。また名前から杉に近い植物と思われがちなベイスギ(アメリカネズコ)も同じくヒノキ亜科に分類されています。欧米ではヒノキよりもサイプレス(イトスギ)の方がポピュラーなため英語ではヒノキ科の植物が“Cypress family”と言われており、日本のヒノキを指す場合はHinoki cypressもしくはJapanese cypressなどと呼ぶようです。

近年でこそ花粉症の問題などがあり一部では厄介者扱いされているヒノキですが、日本には人と同じかそれ以上に古くから根付いていた樹木。加工がしやすく木目が美しいことに加え、湿気の多い気候に適した調湿機能・防虫効果などがあることから日本人は古くからヒノキを利用してきたと言われています。奈良時代に成立した『日本書記』や『古事記』などの文献では杉・ヒノキ・クスノキコウヤマキが日本で最初に生まれた樹木として登場しています。またスサノオは「スギとクスノキは舟に、ヒノキは神殿に、コウヤマキは棺に使うように」と言ったとされていますから、奈良時代には神社仏閣などの建材として重宝されていた事も分かりますね。仏教が伝わった飛鳥時代頃には大陸に倣って白檀を使って仏像が尽くされていたようですが、徐々に国産のクスノキやヒノキが利用されるようになっていったとも言われています。

現存する世界最古の木造建築である法隆寺・薬師寺の等など重要な建造物にもヒノキが使われています。よく「ヒノキは千年以上も強度等の経年変化がない」と言われるのも納得ですね。奈良時代から建材として重用され続けていたたヒノキの大径材は減少していき、江戸時代には藩が、明治には帝室林野局が立ち入りや伐採を厳しく制限する事態にもなります。東大寺も元々はヒノキ材だったものの、再建時には材料が足りず他の樹木を利用することになったと言われていますよ。現在でも人により見解の違いはあるようですが、過去の大量伐採の関係から絶滅危惧種であるという声もあるほどだとか。

乱伐は問題ではありますが、日本人に古くから愛され続けてきた樹木と言えるヒノキ。木材としての耐久性や加工性も勿論ですが、どこかノルタルジックな印象を与える独特な芳香もまた魅力の一つ。森林浴と同じような効果を持つと言われるほど深いリラックス効果が期待されており、安眠を誘いいびきを抑えるという説もあるほど。このためヒノキは香料としても愛されている存在であり、精油は石鹸や入浴剤・芳香剤・ルームフレッシュナーなど様々な製品でも活用されています。ちなみにヒノキの精油は木部(心材)を原料とするもの枝葉から抽出されるものがありますが、抽出部位によって香りが異なります。枝葉の精油の方がフレッシュな印象があると言われていますが、香りを確認して購入するのがお勧めです。

基本データ

通称
ヒノキ/檜(Hinoki cypress)
別名
Japanese cypress
学名
Chamaecyparis obtusa
科名/種類
ヒノキ科ヒノキ属/針葉樹
主産地
日本・台湾
抽出部位
心材(木)・枝・葉
抽出部位
心材(木)・枝・葉
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡黄色~茶オリーブ色
粘性
中くらい
ノート
ベースノート
香り度合い
中くらい
代表成分
α-ピネン、γ-カジネン、カジノール類、リモネン、ボルネオール、酢酸ボルニル
(※葉部が主原料のものはサビネンが多くなる)
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・ヘアケア・ハウスキーピング・防虫

どこか懐かしいような、フレッシュで落ち着いた森の香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・神経疲労
  • 緊張・興奮・イライラ
  • リラックスしたい
  • リフレッシュしたい
  • 前向きさが欲しい
  • 常に神経が緊張している
  • 心のバランスが乱れている
  • 自分を取り戻したい
  • 癒やしが欲しいと感じる

【肉体面】

  • 血行不良・冷え性・むくみ
  • 巡りが悪いと感じている
  • 頭痛・筋肉痛・体のコリ
  • 疲労・疲労感・だるさに
  • 生理痛・PMSの軽減に
  • 風邪・インフルエンザ予防に
  • 脂性肌、ニキビ・毛穴対策に
  • お部屋のダニ対策・消臭に
  • アレルギーの予防・緩和に

Sponsored Link

ヒノキ(檜)に期待される効果・効能

心への作用

木というよりは“森”と言った方がしっくりくるような、フレッシュでありながら奥深い香りを持つヒノキの精油。成分的にはモノテルペン炭化水素類のα-ピネンが主成分とされていますが、そのほかカジネンやカジノール・ボルネオールなど様々な成分によってその香りは構成されています。主成分であるα-ピネンは“森林浴効果”を持つと称される森林揮発性物質(フィトンチッド)で、森林浴をしている時と同じようなリラックス効果とリフレッシュ効果を与えてくれると考えられています。ヒノキの香り自体も森の中にいるようなイメージを起こし、特に日本人には馴染み深くホッとする香りでもありますからストレスケアに効果が期待できるでしょう。

忙しい毎日や日々の緊張して疲れきっている時に香らせることで、リラックスや安らぎを取り戻す手助けをしてくれそうですね。アロマテラピーなどの効能としては鎮静作用と強壮作用を併せ持つとも言われており、心を落ち着かせるだけではなく前向きになりたい時に適した香りであるという説もあります。実験でもα-ピネンには脳血流量を増やすことで大脳皮質を刺激・活性化する可能性があることが報告されています。脳を活発化すると同時に交感神経の興奮を抑制して副交感神経を高めてくれため、頑張る現代人のリラックスタイムにぴったりの香りと言えそうですね。目標に向けて頑張りたいときや、立ち止まってしまった自分と向き合ってやる気を取り戻したい時のサポートにも役立ってくれるかもしれません。

体への作用

主成分であるα-ピネンは第七の栄養素とされる“ファイトケミカル”の一つとしても注目されている存在で、血流改善・胃液の分泌を促すことで食欲を高めるなど様々な働きを持つ可能性が報告されている成分でもあります。ヒノキ精油は全体としては血行促進作用や鬱滞除去作用などによって体内の巡りを整える働きに優れたオイルと考えられており、疲労回復促進やむくみ・冷え性の軽減にも効果が期待されています。精神面への働きかけと合わせて疲労感や慢性疲労・だるさ・倦怠感などの軽減に繋がる可能性もあるでしょう。

血行やリンパの流れを促す働きが期待できことから、間接的にではありますがダイエットサポートととしても役立つのではないかと考えられています。また鎮痛作用を持つとされていることから頭痛や肩こりの軽減・筋肉痛の回復促進に、血行不良や子宮の冷えに起因する生理痛や腰痛などの軽減にも役立ってくれるでしょう。精神面への働きかけと合わせてPMS(月経前症候群)による精神的な不快感や、むくみ・腰痛・乳房の痛みなどの症状緩和にも取り入れられることがあるようです。足先の冷えやむくみ・下半身の重さが気になる時はフットバスに入れて利用しても良いでしょう。

風邪・インフルエンザ予防にも

α-ピネンは殺菌・抗菌作用のほか、免疫向上作用を持つ可能性が報告されている成分でもあります。その他にもヒノキ精油には抗菌・抗ウィルス作用が期待できる成分が含まれているため、ヒノキの建材を使ったり、精油を拡散することで風邪やインフルエンザの予防に役立つと考えられています、血行促進作用によって体を温めたり発汗を促す働きも期待できますから、風邪っぽいと感じた時のケアにも役立ってくれそうでうね。季節の変わり目に体調を崩しやすい方に適した精油の一つであるという説もあります。

その他作用

肌・頭皮への働きかけ

ヒノキ精油は毛穴や皮膚のたるみを引き締める収斂作用を持つ精油とされており、脂性肌やイチゴ鼻・毛穴の黒ずみが気になる方、シワやたるみが気になる年齢肌へのエイジングケアなどに広く利用されています。抗炎症作用や殺菌作用が期待できることからニキビケアにも利用されることがありますが、どちらかというと脂性肌の方向けの精油と言えます。頭皮の脂っぽさを防いでくれることから頭皮・ヘアケアにもよく利用さており、抜け毛やフケ防止に役立つとも言われています。

ダニ・アレルギー対策にも

ヒノキ精油に含まれるα-カジノールという成分はダニを防ぐ働きが認められ、防ダニ系の製品にも有効成分として配合されていることがあります。このためヒノキ精油にも防虫・防ダニ作用があるのではないかと期待されており、α-ピネンによる免疫力向上作用と合わせてアレルギー性鼻炎などの予防や緩和に取り入れられています。ヒノキ精油には消臭作用もありますので、デュフーザーで拡散したり、水ぶきの際バケツの水で希釈して利用すると、お部屋をクリーンに保ってくれるでしょう。風邪予防にも繋がるので一石二鳥ですね。

ヒノキ(檜)の利用について

相性の良い香り

柑橘系の香りと相性がよく、オリエンタル系・樹木系の香りともブレンドしやすい精油です。ヒノキの精油を他のウッディー系精油と組み合わせると、香りに深み・奥行きが出るとも言われています。

【ヒノキのブレンド例】

ヒノキ精油の注意点

  • 妊娠中の方は使用を避けて下さい。
  • 高濃度で使用した場合は皮膚に刺激を感じる場合があります。敏感肌の方は特に注意しましょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ