【アロマ】スターアニス(八角)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

【アロマ】スターアニス(八角)精油<br />-植物の特徴・期待される効果効能とは?

女性領域でも期待されるが、使用量注意

漢方チックで甘くスパイシーな香りのスターアニス、日本では八角という呼び名で中華料理の香辛料としても使われています。欧米ではアニスやフェンネルの代用品として使われるスパイスでもあり、香りの成分としてもこれらと同じくトランスアネトールが主成分。消化機能のサポートや女性ホルモン(エストロゲン)様作用が期待されていますが、刺激性が高いためスターアニス精油は使用に注意が必要な精油でもあります。

スターアニス(star-anise)

スターアニス(八角茴香)とは

スターアニス(八角)の特徴・歴史

星型もしくはヒトデに似たビジュアルが特徴的なスターアニス。和名を唐樒(トウシキミ)と言いますが、中華料理でよく用いられる“八角(ハッカク)”という呼称のほうが馴染みがあるかもしれません。八角もしくはスターアニスは香辛料として日本ではあまり馴染みのない存在ですが、これを入れるだけで中華風になると言われるほど中国ではよく使われている香辛料。中華料理っぽい甘い香りの元と言っても過言ではない存在で、代表的なミックススパイス「五香粉」にも含まれていますよ。そのほかインド、特に南インド料理でも欠かせないスパイスと言われていますし、ヨーロッパでもリキュールの香り付けやフェンネルアニスの代替品として用いられています。

インテリア兼用でも使われる8つの角がある星型の部分は、袋果と呼ばれる果実です。この果実の形が星のように見えること、甘くスパイシーな香りがアニスに似ていることがスターアニスという英名の由来。スターアニスを実らせる植物はモクレン科シキミ属に分類される樹木で、日本の特にお寺などで見かける樒(Illicium anisatum)の近縁種に当たります。このため樒を英名ではジャパニーズスターアニス(Japanese star anise)、中国原産の八角/トウシキミの方を“チャイニーズスターアニス(Chinese star anise)”と呼び分けることもあります。八角はスパイスとして食用にも利用されていますが、日本で植えられている樒はハナノミンと呼ばれる有毒物質を含むため摂取は禁物です。

原産地である中国では3,000年以上も前からスターアニスが生薬として利用されてきたと伝えられています。日本でも「大茴香(八角茴香)」として利用されてきた歴史がありますし、日本薬局方ではスターアニスの精油もフェンネルの精油も区別なくウイキョウ油として扱っています。茴香(ウイキョウ)というのはフェンネルのことを指し、スターアニスとフェンネルは香りも成分組成も近いことが認められています。薬用という面ではスターアニスに含まれているシキミ酸がインフルエンザ治療薬“タミフル”の合成原料の1つであったため、インフルエンザに良いという風聞が流れた時期があります。こちらはスターアニスを食べても香りを嗅いでも直接的な作用は無いことが断定されています。

スターアニス(八角)と呼んで使用している部位は果実。8つの角の内側にはそれぞれ丸い形状の種が含まれています。香料としては種ごと果実全体を使用しますが、芳香成分が多く含まれているのは果皮の部分。種子部分にはほとんど香りがないため、香辛料にしろ精油にしろ種子をきちんと避けて製造するかどうかで品質に差が生じるそう。果実を蒸留して製造される精油も、スパイスとしての八角とほぼ同じ印象、漢方シロップのような独特の甘くスパイシーな香りがあります。香りはかなり強く独特なため好き嫌いは別れますが、オリエンタルで甘めの印象を作りたい時などに役立ちますよ。欧米ではお酒の香り付けのほか、歯磨き粉など口腔ケア用品に配合されることも多いのだとか。

スターアニスの精油(エッセンシャルオイル)は、数ある精油の中でも刺激が強い部類主成分であるトランス-アネトールは長期に渡る大量使用をすると肝臓へ負担をかける危険性も指摘されているため、スターアニス精油を取り扱っていないショップ・使用を避けた方が良い精油としている書籍もあります。その反面、漢方(生薬)における効能の大半は香り成分に由来すると考えられるため、少量を短時間香らせる程度であれば有用であるという意見も少なくありません。日本で精油は医薬品ではなく雑貨品であるため普通に購入でき、良くも悪くも個人の判断で好きに使うことが出来てしまう存在。香りを楽しむために購入した場合であっても、使用が難しい精油として扱われていることを念頭に置き、高濃度・長時間利用を避けるなど注意して利用するようにして下さい。

香料原料データ

通称
スターアニス(Star Anise)
別名
大茴香油(ダイウイキョウ油)、八角茴香(ハッカクウイキョウ)、唐樒(トウシキミ)、チャイニーズスターアニス(Chinese star anise)
学名
Illicium verum
科名/種類
マツブサ科シキミ属/常緑高木
主産地
中国、ベトナム、インドシナ半島、イタリア
抽出部位
果実
抽出方法
水蒸気蒸留法
ほぼ無色~クリーム色
ノート
トップ~ミドルノート
香り度合い
中~強
精油成分
trans-アネトール、エストラゴール、メチルカビコール、シネオール、リモネン、リナロールなど
おすすめ
芳香浴

アニスに似た甘さとスパイシーさがある、鋭くも温かみのある香り

Advertisement

スターアニス(八角茴香)に期待される働き・効能

精神面への作用と効果

スターアニスの甘くスパイシーな香りは神経や脳に対して刺激剤として働き、気分を高めたり活力や元気を取り戻す手助けが期待されています。また高濃度で使用した場合は鎮静・麻酔作用を発揮してイライラやヒステリーを抑える、低濃度で使用した場合はストレスや不安を軽減して気分を明るく保つ…と使用量によって働きかけが異なるという見解も多くなっています。若干ではありますが鎮静作用を持つとされるリモネンやリナロールなども含まれていますから、ひたすら刺激剤として働くというよりはバランサーとしての働きを持つ可能性もありそうですね。

有効性に対しての報告などは少ないためスターアニスの働きについては曖昧な部分もありますが、鎮静・刺激両方の作用によって心の状態をべストポジションに近づけてくれるのではないかという説も。温かみのある甘い香りがありますから、精神的な疲労感や無気力感がある時に香らせてみると良いかもしれません。伝統的な利用・効能と合わせて寝付きを良くするサポーターとして使われることもありますよ。

肉体面への作用と効果

スターアニス精油の主成分はトランス-アネトールというフェノール類で、甘い香りの元とも言われています。アネトールは消化を促すとされていますし、リモネンにも消化機能促進作用があるとされていることから、スターアニスの香りは胃腸機能全体を高める働きが期待されています。漢方で胃腸の不調を整える効能があるとされたり、中華料理で消化不良や胃もたれの予防に取り入れられているのもこの香りの働きが大きいと考えられます。

消化を促すことで鼓腸(腸のガスが溜まりお腹が張った状態)の軽減、腸の蠕動運動を促進して便秘の改善にも効果が期待できるでしょう。加えてアネトールは筋肉の痙攣を抑制して急な腹痛(疝痛)の軽減に良いとも言われていますし、リモネンによる血行促進作用も期待できることから冷えによる腹痛や下痢の緩和にも有効とされています。冷え性や風邪気味の時に良いとする説もあります。そのほかスターアニスは鬱滞除去作用や利用作用が期待できるとする説もあり、むくみケアや膀胱炎などの予防にも取り入れられています。

女性の身体への働きかけ

スターアニスの精油成分のうち90%前後を占めているトランス-アネトールは、人間の女性ホルモンと似た働きを持つと考えられている植物性エストロゲンの一つでもあります。このためスターアニスは女性ホルモンのバランス整え、月経痛や月経不順・月経前症候群(PMS)・更年期障害など女性特有の症状の緩和に繋がると考えられています。胃腸の調子を整えたり、血液循環を促すことで体を温める働きなどもあるとされていますので、PMSや更年期障害に付随する諸症状軽減にも効果が期待できるでしょう。

ただしスターアニスは強力な精油とされており、多量・長時間の使用は神経系を刺激しすぎたり循環を鈍らせる可能性があるとも言われています。同じく女性領域で用いられる事が多いフェンネルやアニスなどもアネトールを含んでいますから、この中では作用が穏やかとされるフェンネル・スイート(フェンネルシード)を用いるようにした方が無難と言えるでしょう。

その他に期待される作用

皮膚利用について

スターアニス精油の主成分であるトランス-アネトールはフェノール類に分類される成分。優れた抗菌・抗真菌特性が報告されている成分ではありますが、皮膚刺激性の高さも指摘されています。皮膚への働きについてははっきり分かっていないこと・想定される有用性よりも皮膚に炎症を起こしてしまう可能性が高いことから、スターアニス精油をスキンケア用として使用することはほとんどありません。バスアロマとして使用される場合もありますが、お湯に直接混ぜてしまうと刺激になる可能性がありますから、皮膚が弱い方であれば小皿などに数滴落として浴室の隅に置いておく方が無難でしょう。

スターアニス精油が利用されるシーンまとめ

【精神面】

  • ストレス・神経疲労
  • イライラ・ヒステリー
  • やる気が起きない
  • 気持ちが落ち込んでいる
  • 前向きになりたい時に
  • 寝付きが良くない時に

【肉体面】

  • 食欲不振・胃もたれ
  • 消化不良・下痢・吐き気
  • 便秘・お腹の張り・腹痛
  • 冷え性・むくみ
  • 生理痛・月経不順
  • PMS・更年期障害

スターアニス(八角茴香)の利用と注意点について

相性の良い香り

スターアニスは強力な精油とされ、一般的には使用されにくい精油です。ブレンド用にアクセントとして利用する程度での使用が無難ではあります。組み合わせる香りの系統としてはスパイス系・樹木系との相性が良く、甘い香りが好きな方であればバニラ・フェンネル・ローズなどと組み合わせるのも良いでしょう。どの精油とブレンドする場合でも、香りが強いのでごく少量を加えるようにして下さい。

スターアニスのブレンド例

スターアニス精油の注意点

  • 妊娠中の方、小さいお子さんへの使用はできません。
  • 授乳中の方、ホルモン依存型眼疾患や乳腺症がある方も利用を避けましょう。
  • 大量・長時間の使用は危険なため避けましょう。
  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

参考元