【アロマ】イランイラン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

【アロマ】イランイラン精油<br />-植物の特徴・期待される効果効能とは?

女性らしさを象徴する香りとも

酔ってしまいそうなほどに濃密で甘い香りを持つイランイラン。香水や化粧品香料などにも多用されていますし、アロマテラピーでも初心者向けセットに高確率で含まれている代表的な精油の一つです。好き嫌いは分かれるものの甘い香りは“男性が最も女性らしさを感じる香り”とも称されるように女性の魅力を引き立ててくれると考えられていますし、気持ちのトラブルを軽減することで毎日を素敵にすごす手助けも期待されていますよ。

イランイラン

イランイランとは

イランイランの特徴・歴史

人によっては「くどい」と感じるほど、甘く濃厚な香りを持つイランイラン。かつては「貧乏人のジャスミン」とも呼ばれ偽和剤・安価な香料として見られていた時期もありますが、現在では華やかでセクシーかつブレンドしやすい香りであることが高く評価され、シャネル「No.5」やアランドロン「サムライウーマン」、カルバンクライン「エスケープ」など有名な香水にも利用されています。アロマテラピーでも初心者向けセットに含まれているほどメジャーかつ重要な位置を占めていますし、女性的で華やかな香りから化粧品の香料・室内芳香剤などにも欠かせない存在ですね。

身近な芳香製品でも馴染みのある“イランイランの香り”ですが、植物としては見覚えのない存在。これはイランイランがバンレイシ科イランイランノキ属に分類される、熱帯から亜熱帯に分布する樹木のため。特に熱帯雨林地帯を好むため、産地はインドネシアから東南アジア・マダガスカルなどの地域となっています。ちなみに同科の植物としては、近年トロピカルフルーツとして注目されているポーポーやカスタードアップルなどがありますよ。イランイランは果物ではなく花が主に利用されており、自生域ではほぼ一年中花をつけているそう。イランイランという呼び名はタガログ語“ilang-ilang”が語源で、一般的には「花の中の花」という意味の言葉であると紹介されています。ただしこれは誤訳という説もあり、由来はハッキリ分かっていません。

イランイランは原産地も断定されていませんが、古くから自生していたインドネシアでは結婚式など幸せな場面に用いられる花でもあります。新婚夫婦のベッドにイランイランの花を散らす習慣がある地域もあり、ヨーロッパでも同じように新婚夫婦のベッドシーツにイランイランの香りを付けることがあるのだとか。こうした風習はイランイランのエキゾチックかつ官能的な甘い香りが新婚さんのベッドに適しているだけではなく、イランイランが催淫作用を持つためだとも言われていますよ。こうした用途から現代でも「愛の雫」と呼ばれベットサイドアロマとして用いられることも多く、その香りは“男性が最も女性らしさを感じる香り”と称されることもあります。クレオパトラが足元に置いていた、なんていう伝承も残っているそう。

抽出されたイランイランの精油は女性用香水・化粧品の香り付けにも多く使われていますから、女性が自身を色っぽく見せる・男性を誘うときの香りという印象を持たれている方も多いかもしれません。媚薬・フェロモン香水的な話はさておき、イランイランノキは「香料の木」とも呼ばれるほど香料源として需要が高い植物。甘やかな香りは食品や飲料にも天然香料として添加されているそうですが、特徴的で強い香りのため好き嫌いが分かれる存在でもあります。女性らしさを感じさせるとは言われているものの、特に男性は苦手とする方も多いそう。香水やルームアロマ・ベットサイドアロマとして利用する場合はTPOや相手の好みを考慮して取り入れるようにした方が良い香りと言えるかもしれません。

イランイランのグレードについて

イランイランの精油は同じ原料を数回かけて蒸留する“分留”という方法で抽出されており、蒸留された段階によりグレードが分けられています。1回目の蒸留で得られるオイルはエクストラもしくはスーペリアと呼ばれるタイプで、最も成分・香りに優れているとされ価格も高価になっています。またイランイラン・エクストラの中でも原料や製法を厳選した最高級のものは“エクストラスーペリア”と呼び分ける場合もあります。

呼び名が紛らわしいですが、エクストラを蒸留した後に抽出されたものが1st(1級)と呼ばれ、回数によって2nd(2級)→3rd(3級)と等級が下がっていきます。3級以下のオイルはイランイランとは呼ばずに“カナンガオイル”として販売されることもありますが、厳密にはカナンガオイルは近縁種Cananga odorata var. macrophyllaを原料とした精油を指します。

蒸留回数による分類の他にエクストラもしくは1stから3rdまでの全てをブレンドした“イランイラン・コンプリート”と呼ばれるタイプもあります。特に表記がない場合もコンプリートの可能性が高いそう。同じコンプリートオイルでもメーカーによってブレンド比率・香りには違いがありますし、粗悪品は3級+偽和剤などの可能性もありますから、初めて購入する場合は香りを確認したり皮膚利用は避けるようにすると無難です。悪質なメーカーではコンプリートオイルや3rdなどをエクストラとして販売していたり、他の精油や合成香料による偽和も多いことが指摘されていますので購入時には信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

香料原料データ

通称
イランイラン(Ylang-Ylang)
別名
イランイランノキ、花の中の花
学名
Cananga odorata var. genuina
科名/種類
バンレイシ科イランイランノキ属/高木
主産地
マダガスカル、インドネシア、フィリピン、コモロ諸島、セーシェル諸島
抽出部位
抽出方法
水蒸気蒸留法/水中蒸留法
淡黄色
粘性
やや高め
ノート
ベース~ミドルノート
香り度合い
強め
精油成分
安息香酸ベンジル、リナロール、酢酸ベンジル、β-カリオフィレン、ゲルマクレンDなど(※グレードにより成分に差がある)
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ

ジャスミンを濃厚にしてバルサム感を加えたような、甘く官能的な香り

Advertisement

イランイランに期待される働き・効能

精神面への作用と効果

一種の陶酔感をもたらすような、甘く濃厚なイランイランの香り。この香りははアドレナリンの流出を抑えて中枢神経をリラックスさせる働きを持つという説もあり、神経系を落ち着かせることで心拍数や呼吸数をゆっくりにする精油としてメンタルサポートにも取り入れられています。パニックや過緊張・不安発作などの軽減、ストレスに起因する不眠の改善にも効果が期待されています。

成分的にも精神を高揚させる酢酸ベンジル(エステル類)と、精神を鎮静させる安息香酸ベンジルの両方の成分を含んでいますから、鎮静・高揚両方の働きかけで心のバランスを整える手助けをしてくれると考えられています。ストレスや精神的苦痛・不安・イライラなどの緩和に優れた働きがあるとされていますし、気分をゆったりとリラックスさせながら多幸感をもたらしてくれる香りとも言われています。イランイラン精油は抗うつ作用や神経強壮作用なども期待されていますから、落ち込んでしまったときの気分転換・気持ちを前向きに切り替える手助けなどにも役立ってくれるでしょう。

また科学的な実験では刺激作用を有することも確認されており、香りを吸引することで鬱病・うつ状態を軽減出来る可能性があるとして注目されています。逆に少量(低濃度)であればリラックス効果が認められていますので、気持ちを高めたい時はイランイランをメインに、リラックスしたい時には他の精油にイランイランを少量ブレンド…と使い分けてみると良いかもしれません。

肉体面への作用と効果

イランイランは神経系に優れた鎮静作用を発揮することから、動悸・頻脈・息切れ・過呼吸・高血圧などの軽減に役立つと考えられています。また鎮痙作用が期待できること、精神面へのサポートに優れていることからストレス性の胃痛や下痢、筋肉の強張りなどの軽減にも効果が期待されています。

イランイランはホルモンバランスを整える働きが期待され、生理痛や月経不順など女性ホルモンの乱れに起因するトラブル軽減にも取り入れられています。循環器系を刺激する働きがあるとも言われていますし、リラックス効果と合わせて血行促進効果に繋がると考えられますから、血行不良や冷えによる子宮機能低下や生理痛軽減にも効果が期待できます。子宮の強壮剤になるという説もあります。

また精神面でのサポートにも優れた精油ですし、イランイランに含まれている“β-カリオフィレン”という成分は女性ホルモン変動による精神的不安を和らげる働きがあるとも言われています。ホルモンバランス調整・血行促進作用と合わせてPMS(月経前症候群)によるイライラほか精神・肉体面の諸症状軽減にも効果が期待できるでしょう。

催淫作用について

イランイランが催淫作用がある、媚薬などと言われるのは“酢酸ベンジル(ベンジルアセテート)”という成分を含んでいることが関係しています。酢酸ベンジルは天然ジャスミン香の主成分で「ジャスミンのような甘い香り」の元。この甘い芳香を持つ酢酸ベンジルは一種のフェロモンとして働くことが報告されています。

加えてイランイランには男性ホルモンのテストステロンに似た物質が含まれているという報告もなされています。テストステロンは興奮時に分泌されるホルモンのため、イランイランの香りを嗅ぐことで興奮状態になり異性に対してのときめき・性的衝動を覚えていると錯覚するのではないかとの見解もあります。テストステロンは男性ホルモンと呼ばれますが、女性の体内でも微量存在しています。このことが男女ともに生殖器系のトラブルに対して有効であるとされる所以かもしれません。

また、心を開放的にして恐れや不安・緊張を解きほぐしてくれるなど精神的な作用も影響すると考えられることから、性的行為に不安やコンプレックスがある方のサポートに適していると考えられます。妊活などで一生懸命になりすぎてプレッシャーを感じている際などにも役立ってくれそうですね。

その他に期待される作用

肌への働きかけ

イランイランには収斂作用・皮脂のバランスを調整する作用があることから、乾燥肌・脂性肌両方のスキンケアとして利用できます。抗菌・消毒作用もありますから、ニキビ肌のケアなどにも効果が期待されています。また女性の場合は女性ホルモンの分泌バランスを整えることで、肌を滑らかに保つ・肌荒れを防ぐなどの働きが期待できるでしょう。皮膚に若々しさと輝きを与えてくれる精油として、手作りのクリームなどに加える方もいらっっしゃるようです。

ただし皮膚感作性(アレルギー反応誘発性)が報告されていますし、市販されているイランイランのグレード表記の信憑性等の問題もありますから使用には注意が必要です。なるべく敏感肌の方は利用を避けるようにし、かふれを起こしたことのない方であっても必ず低濃度希釈・パッチテストを行うようにしてください。

頭皮・髪のケアにも

イランイランはヘアオイルとして利用されてきた歴史を持つ精油でもあります。ミクロネシアの島々ではココナッツオイルにイランイラン精油を混ぜてヘアオイルとして利用しているそうですし、ヨーロッパでも現在の育毛剤・整髪料のような感覚で利用され大流行した「マカッサル油」の原料として利用されていました。

現在でも頭皮の皮脂バランスを整える働きに加え、刺激・強壮作用があると考えられています。頭皮を健康に保つことで髪のダメージ改善をサポートしてくれるほか、抜け毛予防や育毛という面からも効果が期待されています。育毛剤・育毛シャンプーなどにイランイランのオイルが配合されている場合もあるようです。

イランイランが利用されるシーンまとめ

【精神面】

  • パニック・過興奮
  • ショック・神経過敏
  • ストレス・神経疲労
  • 不安・憂鬱感(抑うつ)
  • 情緒不安定な時に
  • 不眠・寝つきが悪い
  • 気持ちを明るくしたい
  • 開放感が欲しい時
  • セクシーさの演出に

【肉体面】

  • 動悸・高血圧・過呼吸
  • 胃痛・過敏性腸症候群
  • 月経痛・生理不順
  • PMSの諸症状軽減
  • 血行不良・冷え性
  • 妊活のサポートに
  • 不感症・インポテンツ
  • 脂性肌・乾燥肌・ニキビ
  • 抜け毛予防や育毛に

イランイランの利用と注意点について

相性の良い香り

バルサム系(樹脂系)、フローラル系の香りとの相性が良いとされていますが、独特の甘さが苦手な場合は柑橘系とブレンドして軽さを出すのもオススメです。香りが強いので少量加える程度にすると失敗しにくいでしょう。

イランイランのブレンド例

イランイラン精油の注意点

  • 過度の使用で頭痛や吐き気を起こす場合があります。使用量・使用時間にご注意ください。
  • 車の運転など注意が必要な際の使用は避けましょう。
  • 皮膚刺激があるため肌の弱い人は注意して利用してください。
  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

参考元