【アロマ】カモミール・ジャーマン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

【アロマ】カモミール・ジャーマン精油<br />-植物の特徴・期待される効果効能とは?

お肌のケアに注目されている精油

「カモミール・ブルー」や「アズレンブルー」と呼ばれるインクのような濃い青色が特徴的なカモミールジャーマンの精油。カモミールらしいフルーティーな香りを感じられるという点ではローマンよりも劣りますが、アズレン誘導体(カマズレン)には抗アレルギー・抗ヒスタミン・抗炎症・鎮掻痒・皮膚組織再生促進作用などの働きを持つ可能性があることから皮膚のトラブル対策として注目されています。

カモミール・ジャーマン(German chamomile)

カモミール・ジャーマンとは

ジャーマンカモミールの特徴・歴史

ふんわりと柔らかい香りが楽しめるカモミールティーや、入浴剤・芳香剤などの“香り”としてもお馴染みのカモミール。日本ではカミツレ(加密列)という和名と共に親しまれているハーブであり、ラベンダーと並ぶほどポピュラーな存在でもあります。ちなみにカモミールという呼び名はギリシャ語で「地上のりんご」を意味するカマイ(地を這う)+メーロン(リンゴ)が語源。花からリンゴ(青りんご)の果実に似た香りを放つことが由来と考えられていますよ。現在でもよく用いられていますが、カモミールはヨーロッパで最も歴史のある民間薬と称されることもあるほど、古くから薬草として人々に用いられてきたハーブの一つでもありますよ。

古代エジプトでカモミールは太陽神へ捧げる聖なる植物、神経系の病を治す秘薬と考えられていたという説もあります。ヨーロッパやアラビアなどでも古代から利用されていたことが分かっていますが、ハーブや精油原料として主に用いられている“カモミール”にはカモミール・ローマン(学名:Chamaemelum nobile)カモミール・ジャーマン(学名:Matricaria chamomilla)の2種類があります。現在では同化別属に分類されていますが、古代は姿形や用途が似ていることから明確な区分がされておらずどちらを利用していたか断定されていません。ちなみにジャーマンカモミールの属名Matricariaはラテン語ので子宮や母体を意味する「matrix」が語源とされ、女性特有の不調に効果を発揮するハーブと考えられていた名残という説もあります。

現在は植物分類での区分だけではなく、その性質からもカモミールジャーマンとローマンが使い分けられています。ローマンカモミールは蒸留してもフルーティーな「青りんごのような香り」が残るため精油原料として使われることが多いですが、乾燥した花葉をお茶にすると渋みやエグミが出てしまいます。対してジャーマンカモミールはハーブティーとして利用すると風味が良いのですが、蒸留して精油にすると薬草感が強めの香りになるため「カモミールらしい香りを楽しむ」という点ではローマンの方に軍配が上がるという見解が多いようです。このため香料(精油)にはローマンが、ハーブティーとしてはジャーマンが主に使用されています。イギリスの童話『ピーターラビット』でピーターが興奮疲れしたりお腹を壊した時にお母さんが淹れてくれるのも、カモミール・ジャーマンでつくったお茶なのだとか。

⇒カモミールローマンはこちら

また精油に限定したものであれば“心にはローマン、身体にはジャーマン”と紹介されることもあります。これはローマンカモミールは精神面への働きかけに優れた精油とされ、ジャーマンカモミールは体、特にアズレン誘導体(カマズレン)を含むことから皮膚疾患やアレルギーケアに役立つと考えられているため。カモミールジャーマンの精油は「カモミール・ブルー」や「アズレンブルー」と呼ばれるインクのような濃い青色をしていることが特徵。この色の元となっているカマズレンに優れた働きが期待されていることから、香りはローマンのように万人受けするとは言えないものの、スキンケア系化粧品原料もしくは手作りコスメ用として注目されています。

カマズレンは花にあるマトリシンが蒸留中に変化して形成される成分のため、ドライハーブを使うよりも精油の方が効果が期待できると考えられています。カマズレンやカモミールジャーマンの作用については学術的研究数が少なく信憑性が低いという指摘もありますが、伝統的に使用されてきたこともあって世界的に人気の高い精油となっています。ただしアレルギー軽減に良いという説がある一方で、アレルゲンとなる危険性も指摘されています。カモミールジャーマンの精油はローマンよりもお高めの価格帯でもありますから、初めて購入する場合は信頼できるお店でパッチテスト用に少量から購入することをお勧めします。香りは原液だとキツイですが、希釈すればそこまで苦にならないという方も多いですよ。

香料原料データ

通称
カモミール・ジャーマン(German Chamomile)
別名
ジャーマンカモマイル・ジャーマン、カミツレ(加密列)
学名
Matricaria chamomilla
Matricaria recutita
科名/種類
キク科シカギク属/一年草
主産地
ドイツ、フランス、エジプト、ハンガリー、モロッコ
抽出部位
抽出方法
水蒸気蒸留法
濃い青色(アズレンブルー)
粘性
中くらい
ノート
ミドルノート
香り度合い
中くらい
精油成分
ビサボロール誘導体(ビサボロールオキサイド類)、β-ファルネセン、アズレン誘導体(カマズレン)、ゲルマクレンD
おすすめ
スキンケア・ヘアケア・アロマバス・芳香浴・マッサージ

薬草とフルーツを混ぜたような、複雑な香り

Advertisement

カモミール・ジャーマンに期待される働き・効能

精神面への作用と効果

ば“心にはローマン、身体にはジャーマン”という表現もなされていますが、カモミールジャーマンの香りにも心を落ち着かせる働きはあると考えられています。二重盲検プラセボ対照試験ではジャーマンカモミール( Matricaria recutita)を投与された被験者にハミルトンうつ病評価尺度に有意な改善が見られたという報告もなされています。この実験はカモミール抽出物の経口投与によるものなので香りだけの効果を後押しするものとは言い難いですが、香りを吸引することでも穏やかな鎮静剤として作用する・落ち込んだ気持ちの回復を助ける働きが期待されています。

アロマテラピーやハーブ療法などの伝統的な使用としては、カモミールジャーマンは心に蓄積したストレスや不安からの開放をサポートすることで精神状態を整えリラックスへと導いてくれる精油と表現されることもあります。気分の低迷や悲しみ・不安があるときや、自己嫌悪を感じている時のサポートにも取り入れられていますよ。鎮静作用を持つと考えられることから、イライラや興奮対策、睡眠時のサポートなどにも使用されています。

ただしローマンカモミールに比べるとジャーマンカモミールの精油は独特のクセがあり、好き嫌いが分かれる存在好きな香りではないという方がリラックス効果や睡眠のサポートを期待して無理やり香らせた場合は、それが逆にストレスとなり不快感を増加させてしまう可能性もあります、複雑で芳醇なジャーマンカモミールの香りが好きな方はリラックスタイムにも活用できますが、苦手な方の場合はカモミールローマンほか別の精油を使用したほうが無難でしょう

肉体面への作用と効果

カモミールジャーマンの精油は鎮静・リラックス作用など心のサポートにも期待されていますが、駆風作用や鎮痙作用など肉体面での不調軽減の方が得意な精油だという見解が主流となっています。特に消化器系のサポートが得意であると考えられており、消化促進作用や粘膜を保護して胃壁を修復してくれる精油として胃腸の不快感軽減に用いられることも多いようです。胃の中に消化液の分泌を促進するという説もあることから、胃痛や腹痛緩和を始め消化不良や胃もたれの軽減にも取り入れられています。消化が良くないと感じる時に香らせてみても良いかも知れませんね。

ローマン同様にカモミールジャーマンも鎮痛・通経作用を持つ精油にも数えられており、月経周期の安定・生理痛の緩和などにも使用されています。精神面でのサポートと合わせて更年期障害・生理前・生理中に起こるイライラや気持ちの落ち込みなど、女性特有の精神的不快感の緩和にも効果が期待されていますよ。そのほかカモミールジャーマン特有の作用として白血球の生産を促進して免疫力を高めるとする説があり、風邪などの感染症予防にも良いとも言われています。

その他に期待される作用

肌への働きかけ

カモミール・ジャーマンのインクのような青色の元であるアズレン誘導体(カマズレン)には抗アレルギー・抗ヒスタミン・抗炎症・鎮掻痒・皮膚組織再生促進作用などが報告されています。また精油成分の中で含有比率が最も高い「ビサボロールオキサイドA」という成分にも抗炎症作用が期待されています。このためカモミール・ジャーマンは炎症や痒みを抑えることに優れた精油とされており、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーへの効果が注目されています。かゆみケアとしてはお湯に精油を1~2滴混ぜ、湿布として幹部に貼り付ける方法もとられています。この布を当てる方法であれば、花粉症などによる目のかゆみにも使えます(※目に入らないように注意して下さい)。

加えて皮膚組織の再生を促す働きも期待できることから、ニキビ・傷・皮膚が膿んでしまった際などの治癒促進用としても取り入れられています。肌荒れの改善にも役立ってくれるでしょう。ただし人によっては炎症を起こす可能性もありますので、必ずパッチテストを行ってください。特にアレルギーやアトピー性皮膚炎が重い方はごく少量を希釈して使うようにしましょう。小さいお子様用のスキンケアに用いる場合は、作用が穏やかなカモミールローマンの方が良いという見解もあります。

筋肉痛や関節炎にも

カモミールジャーマンの精油は抗炎症作用が期待できるカマズレンやビサボロールオキサイドAを含むことから、キャリアオイルで希釈してマッサージに使用することで神経痛や関節炎などの痛みのケアにも役立つのでは無いかと考えられます。鎮静・鎮痙・鎮痛作用も期待できますから、筋肉痛による痛みがある時や肩こり・腰痛などのケアにも利用されています。

カモミール・ジャーマンが利用されるシーンまとめ

【精神面】

  • ストレス・神経疲労
  • イライラ・怒り・興奮
  • 緊張・不安・自己嫌悪
  • 気持ちが落ち込んでいる時に
  • 情緒不安定だと感じる
  • 前向きになりたい時に
  • 安眠のサポート用として

【肉体面】

  • 食欲不振・消化不良に
  • 消化器系の不調軽減に
  • 月経不順・生理痛緩和に
  • 風邪・インフルエンザ予防に
  • 皮膚のかゆみ・アトピー性皮膚炎に
  • ニキビ・湿疹など皮膚炎症ケアに
  • 肌荒れ・傷の回復サポートに

カモミール・ジャーマンの利用と注意点について

相性の良い香り

柑橘系・フローラル系との相性が良いとされていますが、オリエンタル系やハーブ系ともブレンドしやすい印象です。カモミールジャーマンはごく少量使用すれば“カモミールの香り”と言えるようなフルーティーさが前面に出てきます。独特の香りが苦手な方の場合はカモミール・ジャーマンを少量加える程度にしたり、同系列であるカモミール・ローマンと組み合わせると親しみやすい香りを作れますよ。

ジャーマンカモミールのブレンド例

カモミール・ジャーマン精油の注意点

  • 妊娠初期の使用は避けましょう。
  • キク科植物(ブタクサなど)のアレルギーがある人は注意が必要です。
  • 精油が衣服などに付いてしまうとシミになる可能性があります。
  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

参考元