だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

ローズ・オットーのアロマ(精油):効果効能紹介

女性の体を整え、不調を癒してくれる「精油の女王」

ローズオットー(Rose otto)

  1. ローズオットーとは
    1. 基本データ
  2. ローズオットーの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. ローズオットーの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

ローズ・オットーとは

「女性のための精油」とも呼ばれているローズ・オットーは女性的・女性を魅了する香りだけではなく、女性の体に対しても優れた作用を発揮してくれる精油。中世ヨーロッパでは肌を若く保つ「若返りの薬」としても利用されていた歴史があり、まさに女性の強い味方と言える存在です。

ローズには確認されているだけでも300以上の成分が含まれており、10~15%くらいは未知の微量成分だとも言われています。非常に組成成分が多いことはローズの素晴らしい香りだけではなく、優れた特性にも重要な役割を果たしています。

水蒸気蒸留法を開発したアラビアの哲学者・医者であるイブン・シーナーが、初めて蒸留に用いたのがバラの花であったと言われており、精油を抽出した際に出来る芳香蒸留水(ローズウォーター)を治療に用いたことが知られています。
バラの採油率は非常に低く、精油1滴がバラの花200個分と言われるほど。1ml数百円という価格帯の精油が多い中ローズ・オットーは1滴数百円と、非常に高価な部類に入ります。

ローズ・アブソリュートとローズ・オットーの違い

ローズアブソリュートはジャスミンと同様に溶剤抽出されたアブソリュート(香料)で厳密に言えば「精油」ではありません。ローズオットーのオットー(otto)はトルコ語で「水」という意味で、その名の通り水蒸気蒸留法で抽出された精油です。
本来はダマスクローズ(ブルガリアンローズ)を水蒸気蒸留したをローズオットー、キャベッジローズを溶剤抽出したものをローズアブソリュート、と抽出方法だけではなくバラの種類(学名)も決まっていましたが、現在はバラの種類にこだわらず抽出方法のみで「オットー」「アブソリュート」の表示がなされるのが一般的となっているようです。
⇒ローズ・アブソリュートはこちら

ローズ・アブソリュートは抽出時に溶剤を使用するため、微量の溶剤がオイルに残っている可能性があります。水蒸気蒸留法で抽出されたローズ・オットーはアロマトリートメントやスキンケアなど、肌に直接塗る場合の安心感が高いと言えるでしょう。香り成分(フェニルエチルアルコール)の割合が減った分、シトロネロールなどの含有率が上がっていますので免疫力や向上や消炎・鎮静作用に優れています。

基本データ

通称
ローズオットー(Rose otto)
学名
Rosa damascena
(Rosa centifoliaの場合もあり)
別名
ダマスクローズ、ブルガリアンローズ
原料植物
ダマスクローズ
ロサ・ガリカ(Rosa gallica)とロサ・モスカタ(Rosa moschata)の交雑種。キャベッジローズに比べて花弁が少ないのが特徴。
科名/種類
バラ科/低木
主産地
ブルガリア、トルコ、モロッコ、ロシア
抽出部位
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡い黄色~薄茶色
粘性
低い
ノート
ミドル~ベースノート
香り度合い
強い
おすすめ
マッサージ・スキンケア・入浴・芳香浴

エレガントさの際立つフレッシュなバラの香り

ローズ・オットーの主な効果・効能

心への作用

鎮静効果が高く、心を癒しストレスやショックから解放することに優れています。抑うつ・悲観・嫉妬・妬み・不安などのネガティブな感情を和らげるのに役立ちます。失恋や挫折の際に自分へ怒りが向いてしまったり、悲しみが内にこもるタイプの方に特にオススメです。

特に人間関係において、拒絶され傷ついてしまった時など、自分へ自信が持てなくなったり自己嫌悪に陥ったときにはおすすめです。高揚作用もありますので孤独感や失望感を和らげて、再び自信や前向きさを取り戻し、幸福感を感じられるように手助けをしてくれるでしょう。

体への作用

免疫調整作用や強脾・強肝作用、血液を浄化する作用などがあり、花粉症対策や二日酔いに有効だとされています。抗菌作用や防虫作用もあり、作用がとても穏やかでお子様にも利用できる精油の一つですので、低濃度でおうちに拡散しゆったりした気分で芳香浴をしても良いでしょう。

【女性の体への効果】

ホルモンバランスの調整作用や子宮の強壮作用があり、女性の生殖器系の不調に有効とされています。ローズ・アブソリュートもローズ・オットーも月経前緊張症・月経前症候群(PMS)、更年期障害、月経不順、月経過多、少量月経、生理痛などあらゆる女性の悩みや不調に役立つ精油として用いられています。
不感症や男性のED(勃起障害)にも効果が期待できますから、ベットサイドアロマとして利用しても良いでしょう。

その他作用

【肌への効果】

ローズ・オットーは美容に最適な精油の一つと言われています。乾燥肌・脂性肌・成熟肌・敏感肌と肌タイプを選ばずに使用でき、肌をベストコンディションに導いてくれます。

シトロネロール、ゲラニオールなどの含有率がアブソリュートよりも多いため、皮膚を柔らかくし弾力を回復するなどお肌の若返りに役立つ作用があり。アンチエイジングに優れた効果が期待できるでしょう。また抗炎症作用や瘢痕形成作用があるのでニキビや肌炎症、傷のケアにも有効です。昆虫忌避作用があるので肌のケアだけではなく、虫刺され防止にも役立ってくれるでしょう。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 気分の落ち込み・抑うつ
  • 無感動・無気力
  • 悲観・不安・自信喪失
  • 嫉妬・妬み・苛立ち
  • 生理前のイライラ
  • ストレス・神経疲労・緊張
  • 前に進む勇気が欲しいとき
  • お子様の精神面のケアに

【肉体面】

  • 花粉症・アレルギーに
  • 二日酔いの緩和に
  • 月経前症候群(PMS)
  • 更年期障害
  • 月経不順・生理痛
  • 月経過多・少量月経
  • 不感症・ED(勃起障害)
  • 年齢肌ケア・アンチエイジング
  • 乾燥肌・肌トラブルに
  • 虫刺されの防止に

ローズオットーの利用について

相性の良い香り

フローラル系・オリエンタル系の香りと相性が良いとされています。甘さが濃すぎると感じる場合は柑橘系とのブレンドも良いでしょう。

【ローズオットーのブレンド例】

ローズオットーの注意点

  • 妊娠中の使用は避けてください。
  • 強い作用があるので少量ずつ用いるようにしてください。
  • 低温で固まる性質があります。手のひらなどで温めると元に戻ります。
  • ゼラニウムやパルマローザなどと混ぜ合わせる・合成物質を加えるなど、偽和が容易にできてしまうことから偽者の「ローズオイル」が数多く出回っています。
    100%のローズオットーもアブソリュート低温で固まる性質があり、冷蔵庫に入れると半固形状になります(アブソリュートの方が融点が低いので、オットーの方が固まりやすいが、どちらも一晩入れておけば固まります)。100%と銘打っていても冷蔵庫に入れても固まらないものは偽物の可能性が極めて高いでしょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

 - アロマ・エッセンシャルオイル, フローラル系 , , , , ,

  関連記事