PMS(月経前症候群)一覧

スターアニス(八角)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スターアニスは中華料理のスパイスとしてよく利用される八角の別名で、アニスに似た甘さとスパイシーさが入り混じった香りが特徴の精油です。主成分であり甘い香りのもとでもあるトランス-アネトールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つと考えられているため、月経痛や月経不順・月経前症候群(PMS)・更年期障害など女性特有の不調緩和に効果が期待されています。そのほか心を刺激し元気を与えてくれるとともに鎮静作用のあるピネンも含む事からメンタル面のサポートに、アネトールとリモネンの働きから胃腸機能サポートに、などスターアニス精油に期待されている働き・妊娠中の使用や皮膚利用についてなどの注意点をまとめてご紹介します。

ネロリ/オレンジブロッサム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

高級香水にも使われているネロリは、オレンジ・ブロッサム(フラワー)とも呼ばれるようにビターオレンジの花が原料の精油です。柑橘系の爽やかさを含んだフローラル調の香りが特徴で、リナロール・酢酸リナリル・リモネンなどを多く含むことから「天然の精神安定剤」と言われるほど精神面の不調に有益な精油の一つと考えられています。また酢酸リナリルを含むことから不眠の軽減や安眠サポートに、エストロゲン様作用が期待されるネロリドールを含む事から月経トラブルをはじめ更年期障害やPMSなど女性領域での不調緩和にも効果が期待されていますよ。そのほかスキンケアへの利用などネロリ精油に期待される働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

ジャスミン・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

香水や芳香剤など日本でもお馴染みのジャスミンの香り。精油と言われているものは一般的にアブソリュートですが、濃厚でエキゾチックな花の香りには脳内麻薬と呼ばれるエンファリン・快感ホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌活性化などの働きが期待されています。GABAの分泌促進効果なども報告されており、ストレス対策など精神面のケアに役立つと考えられていますよ。また古くから「子宮のハーブ」と呼ばれている通り子宮強壮・ホルモンバランス調整作用も期待され、PMS(月経前症候群)や更年期障害など女性領域での不調軽減にも取り入れられています。そのほか肌への使用などでジャスミン・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カモミール・ジャーマン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジャーマンカモミールの精油は苦さ・薬草感があるため、香りとしては好き嫌いが分かれる存在。オイルがカモミール・ブルーやアズレンブルーとも呼ばれるインクのような青色をしていることが特徴で、色の元となっているカマズレンは皮膚トラブルやアレルギー症状に効果が期待されています。このため“心にはローマン/身体(肌)にはジャーマン”とも紹介されるように、スキンケア用として需要が高い精油の一つとなっています。炎症や痒みを抑える・治癒を促進する働きがあるとされることから、皮膚炎症・湿疹などの肌トラブルケアにも活用されていますよ。そのほか鎮静作用や安眠効果などカモミール・ジャーマン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カモミール・ローマン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

青りんごに例えられるフルーティーな香りを持つカモミール・ローマンの精油。数あるエッセンシャルオイルの中でも真正ラベンダーやオレンジ・スイートと並び、作用が穏やでお子様に対しても安心して使用できる事も特徴とされています。カモミールにはローマンとジャーマンがありますが、“心にはローマン/身体(肌)にはジャーマン”とも紹介されるように、ローマンカモミールは中枢神経を鎮静させ心のバランスを取り戻す手助けが得意な精油と考えられています。メンタルサポートや不眠対策として用いられるほか、鎮痛作用などと合わせて消化器系の不調にも効果が期待されていますよ。そのほかカモミール・ローマン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ゼラニウム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

園芸植物としても人気のゼラニウム。品種数が非常に多くなっていますが、ハーブ療法やアロマテラピーで単に「ゼラニウム」という場合はバラに似たフローラルな香りを持つローズゼラニウムという種類が一般的に使用されています。香りだけではなく精油成分もシトロネロール・ゲラニオール・リナロールなどローズと同じものを含んでいることから、鎮静と高揚両作用から心のバランスを整える働きが期待され、女性領域のケアにも取り入れられています。更年期障害や月経前症候群(PMS)などのケアにも役立ってくれそうですね。そのほか肌タイプを選ばない精油としてスキンケアにも用いられているゼラニウム精油について、期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

真正ラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ハーブとしても定番であり、アロマテラピーが出来るきっかけになったとも言われるラベンダー。近縁種にはスパイクラベンダーやラバンジンなどもありますが、ハーブとしては真正ラベンダー(Lavandula offinalis)が最も広く用いられています。精油は酢酸リナリルやリナロールなどを含むため、鎮静作用や抗不安・抗うつ作用が期待されています。優れたリラックス効果から安眠サポートとしても用いらるほか、肌を柔らかく潤いある状態へ整えるエモリエント成分としてスキンケアにも取り入れられています。そのほか鎮痛・消化器促進・抗炎症作用・殺菌・免疫力強化など真正ラベンダー精油に期待される働きや、ハーブの紹介・オススメのブレンドについても紹介します。

イランイラン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

呼び名の由来が“花の中の花”とも言われるように、甘く濃厚な香りが特徴的なイランイラン。かつては「貧乏人のジャスミン」とも呼ばれていた時期もありますが、現在では華やかでセクシーかつブレンドしやすいことが高く評価されています。精油は同じ原料から分留されるため、エクストラもしくはスーペリアと呼ばれるものが最高ランク。鎮静・高揚両方の作用を持つため心のサポート役立つと考えられていますし、血行促進作用やホルモンバランス調整作用と合わせて生理痛・月経前症候群(PMS)・更年期障害など女性特有の不調軽減にも取り入れられていますよ。そのほか催淫作用についてやスキンケアへの活用など、イランイラン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link