PMS(月経前症候群)一覧

ローズ・オットーアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから女性を魅了して止まない薔薇。バラの花を原料としたローズオイルは水蒸気蒸留のオットー・溶剤抽出のアブソリュートの2つに大きく分けられます。ローズ・オットーはよりフレッシュなバラの花の香りに近いエレガントな香りで、溶剤を含まないことから皮膚に使う場合の安心感が高いこともメリットとされています。鎮静作用や抗うつ作用などが期待されている成分が多く含まれているため、華やぐ香りと合わせて心のサポートにも役立ってくれるでしょう。そのほかPMS・更年期障害・月経不順など女性領域の不調軽減や、スキンケアまで様々な用途で利用されているローズ・オットー。精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから女性を魅了して止まない薔薇。バラの花を原料としたローズオイルは水蒸気蒸留のオットー・溶剤抽出のアブソリュートの2つに大きく分けられます。ローズ・アブソリュートは厳密には精油ではないと避けられることもありますが、水蒸気蒸留では取り出せないデリケートな成分も抽出されているため陶酔感をもたらすような濃密な香りを持っています。この方向は鎮静・高揚の両作用によって精神面のサポートにも優れていると考えられ「心を癒やす精油」とも称されるほど。そのほか催淫作用や記憶力向上、ホルモンバランスの調整による女性領域での不調軽減などローズ・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

マンダリン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ミカンを連想させるタンジェリンに対し、フローラルさの混じった甘い柑橘系の香りを持つマンダリンの精油。作用が穏やかで扱いやすい精油の一つにも数えられていますし、交感神経を鎮静させることで精神疲労やストレス緩和にも有効とされています。成分としてはリモネンが多いので消化器系への働きを助ける働きも期待できますし、γ-テルピネンの働きから風邪・インフルエンザなどの予防や初期症状ケアにも繋がります。ティートリーなどの薬品っぽい香りが苦手な方も取り入れやすいですね。スキンケアとして利用した場合の作用や、血行促進作用や鬱滞除去作用によるむくみ・セルライト対策など、マンダリン精油に期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

ヤロウ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから薬草として利用されてきた歴史を持ち、ギリシャ神話の英雄アキレスにちなんだ学名を持つヤロウ。精油はカモミールジャーマンのような濃い青色が特徴的で、アズレン誘導体(カマズレン)による抗炎症作用が期待できることから皮膚トラブル緩和・スキンケア用としても注目されています。スパイシーさを含む薬草っぽい香りには鎮静・高揚両作用があるとされており、精神を整える・直感力を高めるとも言われています。また女性ホルモンのバランスを整える働きから月経トラブルや生理前の不調に用いられる他、感染症予防やむくみ軽減などにも肌広く取り入れられているヤロウ精油について、期待される作用や使用時の注意点などをご紹介しています。

クラリセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フルーティーさとハーバル感を併せ持った香りが特徴のクラリセージ。マスカットワインの香り付けにも利用されるためマスカット・セージとも呼ばれています。セージ類の精油の中では扱いやすこと・優しく温かみのある香りから需要も多い精油ですよ。成分としては酢酸リナリルが多く含まれており、優れた鎮静作用と高揚作用で精神を安定させる働きが期待されています。またエストロゲンと似た構造を持つスクラレオールを含むことから、子宮強壮やホルモンバランス調整にも役立つとして月経不順・PMS・更年期障害など女性の不調軽減にも取り入れられています。そのほか不眠対策や頭痛対策・皮膚利用についてなど、クラリセージ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

グレープフルーツ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

生の果物の時とさほど変わらない、親しみやい香りのグレープフルーツ精油。サッパリとした香りはリフレッシュにもピッタリで、気持ちを明るく前向きするサポートをしてくれると考えられていますよ。主成分はリモネンのため不安や緊張を軽減する働きも期待されていますし、胃腸機能のサポートにも役立ってくれるでしょう。またリンパや血液の循環を促進する働きが期待できること・近年は交感神経を活性化する事で脂肪燃焼を促進させるヌートカートンが含まれていることが報告され、ダイエットのお供の香りとしても注目されています。ただし圧搾された精油は光毒性があるため、使用には注意が必要。そのほかグレープフルーツ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

スイート・マジョラム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

肉のハーブとも言われる通りイタリアンなどでよく料理に使われているハーブ、マジョラム。ほのかに苦くスパイシーさを感じる香りを持つ精油は「心を温める精油」と称されることもあるように、精神面に対して高い効果が期待されています。また体を温める働きや痛みを緩和する働きもあり、冷え性や生理痛などの冷えにより悪化する痛みの軽減にも取り入れられることがあります。神経系の緊張を解きほぐしリラックス状態へと導く働きが期待できるため、不眠の軽減や消化器系の不調があるときのサポートとしても適しているでしょう。そのほか皮膚利用についてなど、マジョラム・スイート精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

フェンネル・スイート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

魚料理のハーブとして知られるフェンネルは、栽培の歴史が最も古い植物の一つとも言われ古くから利用されてきた香辛料。精油は爽やかなスパイシーさと甘さを含んだ華やかな香りで、女性ホルモン(エストロゲン)に似た分子構造を持つトランス-アネトールが含まれていることが特徴。アネトールの働きから月経不順や更年期障害など女性特有の不調軽減に効果が期待されていますし、リモネンと合わせてむくみや便秘などの胃腸トラブル緩和にも役立つと言われています。デトックスをサポートしてくれるオイルとしてマッサージなどにも取り入れられていますよ。そのほか精神面へのサポートなどフェンネル・スイート精油に期待される働きについてや、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link