フローラル系一覧

チュベローズ/月下香アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

チュベローズはバラ属ではなくリュウゼツラン亜科の植物で、月夜の晩に咲いた花は特に濃厚な香りを放つという謂れから月下香や晩香玉とも呼ばれています。アブソリュートは甘くマスカットのような香りを含んだ清楚なホワイトフローラル系の香り。アロマテラピーでは用いられませんが、陶酔感ある香りには精神面のサポート効果が期待されておりストレス性対策に役立つという説もあります。そのほか催淫特性や血液循環改善などのチュベローズ精油に期待されている作用・使用時の注意点などをご紹介します。

イリス(アイリス/オリスルート)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フローラルかつ力強さを感じさせる香りを持つIris(イリス/アイリス)精油は、オリスルートとも呼ばれるように菖蒲(アヤメ)の根が原料。香りの持続性も高いため香料としては人気ですが、一般的にアロマテラピーでは利用されていません。リラックスに繋がるという説がある他、近年はイリス抽出物に抗酸化作用とメラニン色素の生成を抑える作用があることが報告され化粧品原料としても注目されています。そのほかイリス精油に期待される作用や、皮膚刺激性など使用時の注意点などをご紹介します。

ヘリクリサム/イモーテル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヘリクリサムは園芸植物としてはカレープラントやエバーラスティング、香料としてはイモーテルとも呼ばれるキク科植物。精油は甘さを含んだウッディーな香りが特徴で、温もりを感じる香りからストレスケアにも使われています。また抗アレルギーや抗ウィルス作用が期待できることからアレルギー対策としてや、皮膚刺激が低いこと、細胞成長促進・瘢痕形成作用を持つとされることからスキンケアにも取り入れられていますよ。そのほかヘリクリサム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズ・オットーアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから女性を魅了して止まない薔薇。バラの花を原料としたローズオイルは水蒸気蒸留のオットー・溶剤抽出のアブソリュートの2つに大きく分けられます。ローズ・オットーはよりフレッシュなバラの花の香りに近いエレガントな香りで、溶剤を含まないことから皮膚に使う場合の安心感が高いこともメリットとされています。鎮静作用や抗うつ作用などが期待されている成分が多く含まれているため、華やぐ香りと合わせて心のサポートにも役立ってくれるでしょう。そのほかPMS・更年期障害・月経不順など女性領域の不調軽減や、スキンケアまで様々な用途で利用されているローズ・オットー。精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから女性を魅了して止まない薔薇。バラの花を原料としたローズオイルは水蒸気蒸留のオットー・溶剤抽出のアブソリュートの2つに大きく分けられます。ローズ・アブソリュートは厳密には精油ではないと避けられることもありますが、水蒸気蒸留では取り出せないデリケートな成分も抽出されているため陶酔感をもたらすような濃密な香りを持っています。この方向は鎮静・高揚の両作用によって精神面のサポートにも優れていると考えられ「心を癒やす精油」とも称されるほど。そのほか催淫作用や記憶力向上、ホルモンバランスの調整による女性領域での不調軽減などローズ・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ネロリ/オレンジブロッサム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

高級香水にも使われているネロリは、オレンジ・ブロッサム(フラワー)とも呼ばれるようにビターオレンジの花が原料の精油です。柑橘系の爽やかさを含んだフローラル調の香りが特徴で、リナロール・酢酸リナリル・リモネンなどを多く含むことから「天然の精神安定剤」と言われるほど精神面の不調に有益な精油の一つと考えられています。また酢酸リナリルを含むことから不眠の軽減や安眠サポートに、エストロゲン様作用が期待されるネロリドールを含む事から月経トラブルをはじめ更年期障害やPMSなど女性領域での不調緩和にも効果が期待されていますよ。そのほかスキンケアへの利用などネロリ精油に期待される働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

ジャスミン・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

香水や芳香剤など日本でもお馴染みのジャスミンの香り。精油と言われているものは一般的にアブソリュートですが、濃厚でエキゾチックな花の香りには脳内麻薬と呼ばれるエンファリン・快感ホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌活性化などの働きが期待されています。GABAの分泌促進効果なども報告されており、ストレス対策など精神面のケアに役立つと考えられていますよ。また古くから「子宮のハーブ」と呼ばれている通り子宮強壮・ホルモンバランス調整作用も期待され、PMS(月経前症候群)や更年期障害など女性領域での不調軽減にも取り入れられています。そのほか肌への使用などでジャスミン・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カモミール・ジャーマン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジャーマンカモミールの精油は苦さ・薬草感があるため、香りとしては好き嫌いが分かれる存在。オイルがカモミール・ブルーやアズレンブルーとも呼ばれるインクのような青色をしていることが特徴で、色の元となっているカマズレンは皮膚トラブルやアレルギー症状に効果が期待されています。このため“心にはローマン/身体(肌)にはジャーマン”とも紹介されるように、スキンケア用として需要が高い精油の一つとなっています。炎症や痒みを抑える・治癒を促進する働きがあるとされることから、皮膚炎症・湿疹などの肌トラブルケアにも活用されていますよ。そのほか鎮静作用や安眠効果などカモミール・ジャーマン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link