カモミール・ローマン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ストレス緩和や安眠サポートに

カモミール・ローマン(Roman chamomile)

カモミール・ローマンとは

ハーブとしてラベンダーとともに重用されているカモミール。カモミールは花の香りがリンゴの果実に似ていることから“大地のりんご”を意味するギリシア語「カマイ(地を這う)」+「メーロン(リンゴ)」の造語です。ちなみに属名のMatricariaはラテン語のmatrix=子宮・母体を意味する言葉に由来しており、女性特有の不調に効果を発揮するハーブと考えられていた名残という説もあります。カモミールのハーブ(薬草)としての歴史は非常に古く、古代エジプトでは太陽神へ捧げる聖なる植物・神経系の病を治す秘薬と考えられていさそう。ヨーロッパやアラビアなどでも古代から利用されており、ヨーロッパで最も歴史のある民間薬とも言われています。

ハーブや精油原料として主に用いられている“カモミール”にはカモミール・ローマンとカモミール・ジャーマンの2種類があります。古くヨーロッパではどちらも同じように使われてきたそうですが、現在はその性質の違いなどから区分されています。植物としての違いはジャーマンはやや小ぶりで一年草、ローマンはジャーマンよりも大ぶりで多年草というのが代表的です。
精油の場合は「心にはローマン、身体にはジャーマン」と紹介されるゆように、ローマンカモミールは精神面への働きかけに、ジャーマンカモミールは皮膚炎症への改善作用に高い効果が期待されています。またカモミールの香りというと「青りんごのような香り」と称されますが、この香りを持つのは精油であればローマンカモミールの方。ジャーマンカモミールには独特のエグミがあるため香料源としてはローマンカモミールの方が需要が高い傾向にあります。

⇒カモミールジャーマンはこちら

親しみやすい香りであることに加え、カモミール・ローマンは数ある精油(エッセンシャルオイル)の中で真正ラベンダーやオレンジ・スイートと並んで作用が穏やなことも特徴です。作用や刺激が強い精油はお子様への使用はNGですが、ローマンカモミールの場合は希釈濃度にだけ注意すればお子様に対しても安心して使用できる精油の一つに数えられています。ヨーロッパでは古くから寝付きが悪かったり癇癪を起こしている子供に対する民間療法に取り入れられており「女性と子どものための精油」とも呼ばれているそう。

ローマンカモミールの香りは薬用入浴剤・シャンプー・スキンローションなどの化粧品からリキュールの香り付けや香水の原料など幅広く用いられます。ジャーマンよりはクセがなく親しみやすいとされるローマンカモミールですが、柑橘系などの香りからすると濃厚なハーバル調で若干の好き嫌いはある香りです。ジュースなどの青りんごフレーバーを想像して購入するとビックリすることもありますので、自分で香りを嗅いでしっかり選ぶようにした方が良いでしょう。

基本データ

通称
カモミール・ローマン(Roman Chamomile)
別名
カモマイル・ローマン、ローマカミツレ
学名
Chamaemelum nobile
Anthemis nobilis
科名/種類
キク科シカギク属/多年草
主産地
ドイツ、フランス、エジプト、ハンガリー、モロッコ
キク科カマエメルム属/多年草
抽出部位
花(※葉を使う場合も有)
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡い黄色
粘性
低い
ノート
ミドルノート
香り度合い
中~強め
代表成分
アンゲリカ酸イソブチル、アンゲリカ酸メチル、イソ酪酸類、trans-ピノカルベオール、ピノカルボン、リモネン、α-ピネン
おすすめ
芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・ヘアケア

薬草のようなハーバル調、かすかにリンゴに似たフルーティーさを含む

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 嫌なことがあった時
  • ストレス・不安・恐怖
  • イライラ・情緒不安定
  • 気持ちを落ち着けたい
  • オフタイムを満喫したい
  • 寝つきが悪い・不眠気味

【肉体面】

  • 頭痛・偏頭痛
  • 神経痛・筋肉痛
  • 消化器トラブル
  • 月経不順・生理痛
  • 更年期障害・PMS
  • 乾燥肌・ニキビケア
  • 肌の状態を整えたい
Sponsored Link

カモミール・ローマンに期待される効果・効能

心への作用

カモミール・ローマン精油の主成分であるアンゲリカ酸エステルは中枢神経を鎮静させる作用が高いと考えられています。高い鎮静作用によって外からの刺激を一時的に遮断し、興奮し敏感になっている感覚を麻痺させることで心のバランスを取り戻す手助けすると言われています。このためショック状態に陥った時や精神的ダメージを受けた時、自分で感情・思考のコントロールが出来ない時などに適していると考えられています。

こうした働きからローマンカモミールはストレスやイライラ・不安・気持ちの落ち込みなど様々な精神トラブルの軽減に有効とされています。ストレスなど精神的な面から引き起こされる頭痛や摂食障害などに利用された臨床例もあり、欧米ではカウンセリングのサポートに取り入れられるケースもあるそう。日本で精油の医療的使用は行われていませんが、リラックスタイムの演出・自分への応援として取り入れてみると良いかもしれません。カモミールの香りそのもののファンも多いですし、嫌なことを忘れてゆったりしたい時の気持ちの切り替えになどにもオススメですよ。

眠りのサポートにも

鎮静作用(気持ちを落ち着ける働き)が強いことから、カモミール・ローマンはラベンダーオレンジ・スイートなどと並んで心地良い眠りのサポートとしても取り入れられています。お子様への利用にも適した精油とされていますから、ヨーロッパの民間療法に習って、寝つきが悪く就寝時にむずがるような場合に低濃度でカモミールローマンを香らせてみても良いのではないでしょうか。もちろん大人の場合もベットサイドアロマとして利用できますし、特にストレスや心配事で頭が一杯で寝付けない時などは心強い味方となってくれるでしょう。

体への作用

カモミール・ローマンの主成分であるアンゲリカ酸エステル類は鎮静作用の他、鎮静・抗炎症作用などがあるとされています。このため頭痛・偏頭痛・歯痛・神経痛・筋肉痛・リウマチなどあらゆる痛みの緩和に有効と考えられています。精神面のサポートにも適した精油とされてることから、胃痛や胃炎・下痢・吐き気・腹部膨満感などの消化器トラブル、特にストレスなど精神的なことに起因する胃腸不調にも効果が期待されています。

そのほか若干の通経作用があるとする説もあり、鎮静・鎮痛作用と合わせて女性の月経トラブル軽減などにも用いられています。近年はメンタル的なサポートにも役立つと考えられることから、更年期障害や生理前のイライラ・落ち込みなど「情緒不安定になりやすい」と感じている女性に取り入れられることも増えているようです。

その他作用

肌への働きかけ

カモミール・ローマンは肌に対しても“落ち着ける”働きがあると考えられています。穏やかな抗炎症作用と保湿作用が期待されており、湿疹やニキビのケア、乾燥肌や角質のゴワつき改善などに取り入れられています。そのほか皮膚の代謝を高める働きがあるという説もあり、肌のくすみやシミ・ソバカスなどが気になる方が手作り化粧品原料として使うこともあるそう。様々な効果が期待されており、敏感肌やアトピー性皮膚炎にも良いと言われていますが、きちんとパッチテストを行った上で利用しましょう。

※カマズレン(アズレン)を含みアレルギーやかゆみを抑える作用があると喧伝されることも多いですが、成分分析表にカマズレンは記載されていません。「カモミールローマンはカマズレンを含まない」と言い切っている医師の方もいます。抗アレルギー作用・抗ヒスタミン作用・鎮掻痒作用があるという説についての信ぴょう性は低いと思われます。

カモミール・ローマンの利用について

相性の良い香り

柑橘系・フローラル系の香りと相性が良いとされています。またフローラル寄りのハーブ系や甘めのスパイス系など、ローマンカモミールと似たニュアンスを含む香りであればブレンドしやすいでしょう。

【カモミール・ローマンのブレンド例】

カモミール・ローマンの注意点

  • 妊娠初期の使用は避けましょう。
  • キク科植物(ブタクサなど)のアレルギーがある人は注意が必要です。
  • 高濃度・長時間の使用は眠気・頭痛・吐き気等を起こすことがあります。
  • 中枢神経への鎮静作用が強くなりすぎる可能性がありますので向精神薬、鎮静剤、睡眠剤と併用は避た方が良いでしょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ