セージ(コモンセージ)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

女性領域でも注目されるが、使用に注意が必要

コモンセージ(Common Sage)

セージとは

ザ・ハーブというようなグリーンで強い芳香を持ち、特にヨーロッパ系の料理では多用されるセージ。肉や魚など動物性食品の臭み消しとしてもよく用いられるハーブで、腸詰めの保存食ソーセージの語源になったハーブであるという説もありますね。またクリームソースとの相性が良いハーブとしても知られていますし、ハーブオイルやハーブビネガーを作るのに使うという方も多いのではないでしょうか。

そんなセージはアキギリ属(Salvia/サルビア属)に分類される植物で、広義であれば「セージ」という言葉はサルビア属に分類される植物全体を指します。ただしハーブや精油として単にセージといった場合は和名をヤクヨウサルビアという品種(学名:Salvia officinalis)を指すのが一般的になっています。セージ(コモン・セージ)は地中海沿岸地域原産で、原産地付近で栄えていた古代エジプト・古代ギリシア・古代ローマの医学の中では既に薬草として用いられていました。

現在で言うコモンセージであるかは不明瞭な点もあるようですが、1世紀頃に記された大プリニウスの『博物誌』にもセージの薬効が紹介されています。また古代ローマでも万能薬として様々に利用されており、ローマ軍が行軍時にセージの種を蒔きながら進んだことでヨーロッパに広く分布するようになったという逸話もあるそう。属名であるくサルビア(Salvia)も、ラテン語で救う・癒すという意味を持つ言葉(salvere)が由来とされています。このためヨーロッパを中心にユーラシア大陸全体でセージは不老長寿の薬草・万能薬と信じられており「長生きしたい者は5月にセージを食べよ」や「庭にセージを植えているものが、どうして死ぬことができようか」という格言もあります。

また中世頃には西洋では胡椒などのハーブや茶葉が高値で取引されていましたが、逆に東洋ではセージが非常に高価な生薬とされていたのだとか。日本では明治以降と導入が遅く、ハーブとしてはあまり定着しなかった存在と言われています。しかしヨーロッパでは古くから薬として利用されてきた歴史があり、家庭でも栽培されていた馴染み深いハーブのため現在でもハーブ療法ではポピュラーな存在となっています。

コモンセージの精油も強い抗菌・抗ウイルス作用があるとされていますし、女性の身体に関する働きかけなども期待されています。ただしセージの精油は刺激が強いため芳香浴や手作り香水の原料として用いることはできますが、肌ケアやトリートメントオイルとしての使用には注意が必要。またスッキリとした香りから男性用香水・化粧品の香り付けなどにも用いられており、香料としてはクロアチアのダルマチア地方で産出されているものが最高級品と言われています。

ちなみにサルビア属植物は世界に約900種あると言われており、ブルーセージやチェリーセージなど“セージ”が付くものも多いため、薬用サルビアも「コモン・セージ」や「ガーデン・セージ」と呼んで区分することもあります。ちなみに香料(精油)原料として使われている種はコモンセージのほかにクラリーセージ(Salvia sclareaスパニッシュセージ(Salvia Lavandulifolia)、ホワイトセージ(Salvia apiana)などがあります。肌へ使用できることや作用・刺激性が穏やかなことなどから、アロマテラピー用いられるセージ系の精油としてはクラリーセージの使用頻度が高いようです。

フルーティーさとハーバル感を併せ持った香りが特徴のクラリセージ。マスカットワインの香り付けにも利用されるためマスカット・セージとも呼ばれています。セージ類の精油の中では扱いやすこと・優しく温かみのある香りから需要も多い精油ですよ。成分としては酢酸リナリルが多く含まれており、優れた鎮静作用と高揚作用で精神を安定させる働きが期待されています。またエストロゲンと似た構造を持つスクラレオールを含むことから、子宮強壮やホルモンバランス調整にも役立つとして月経不順・PMS・更年期障害など女性の不調軽減にも取り入れられています。そのほか不眠対策や頭痛対策・皮膚利用についてなど、クラリセージ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

基本データ

通称
コモン・セージ(Common Sage)
別名
ガーデン・セージ(garden sage)、薬用サルビア
学名
Salvia officinalis
科名/種類
シソ科アキギリ属/常緑低木
主産地
アルバニア、クロアチア、イングランド
抽出部位
全草(主に花と葉)
抽出方法
水蒸気蒸留法
無色~淡黄色
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
中~強め
代表成分
α-ツヨシ、β-ツヨシ、カンファー、1,8-シネオール、β-カリオフィレン、カンフェン、α-ピネン、ボルネオール
おすすめ
芳香浴・アロマバス・ヘアケア

ヨモギなどに似た、シャープで力強い薬草系の香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 記憶力・集中力アップに
  • イライラ・怒り・不安
  • ストレス・神経疲労
  • 無気力・気分の落ち込み
  • やる気を高めたい時に
  • リフレッシュしたい時に

【肉体面】

  • 食欲不振・消化不良
  • 風邪予防・初期症状ケアに
  • 咳・気管支炎の軽減に
  • 生理痛・月経トラブル
  • 更年期障害の緩和に
  • PMS(月経前症候群)対策に

Sponsored Link

コモン・セージに期待される効果・効能

心への作用

コモンセージ精油はツヨン(Thujone/ツジョンとも)やカンファーなどのケトン類の割合が高く、鋭さを持ちつつクリアな香りは頭をシャッキリと冴えさせたい時に有効と考えられています。ツヨンはアブサンなどにも含まれている成分で過剰に摂取した場合には幻覚などの向神経作用・中毒性が問題視されていますが、少量であれば鎮静作用を持つと考えられています。またカンファーも刺激・高揚作用が期待されており、記憶力の向上・集中力アップに効果的であると言われています。成分はさておき、スッキリとした香りですからリフレッシュにもなりそうですね、

このためコモンセージの香りは気持ちを整え、やる気や集中力を高めてくれる香りと考えられています。ストレスなどから感情が高ぶってイライラ・怒りなどが湧き上がってくるような場合・逆に無気力感がある時や注意力散漫なときなどにも役立ってくれるでしょう。そのほか抗鬱作用があるとする説もあり、気分が落ち込んでいるときや悲しみから抜け出せない・立ち直れないようなシーンで用いられることもあるそうです。ただし毒性のある成分(ケトン類)の含有率が高い精油のため、常時焚きっぱなしというのは避けた方が良いでしょう。勉強中や仕事中にリフレッシュしたい時・気持ちをリセットしたい時などに単発的に取り入れるのがオススメです。

体への作用

ハーブ・ハーブティーとしてセージは腹痛や消化不良時に取り入れられることもある存在。コモン・セージの精油も同じく消化促進・健胃整腸作用があるとされており、胃腸の調子が良くない時や夏バテなどによる食欲不振の解消に有効とされています。加えてツヨンやカンファーなどのケトン類は鎮痛作用や抗菌作用を持つとされていますし、1,8-シネオールは炎症や痛みを和らげる抗炎症作用が期待できるため風邪のケアにも適しているでしょう。風邪による喉の痛みをはじめ咽頭炎や気管支炎など呼吸器系感染症の初期症状ケアに良いとする説もあります。

女性の身体への働きかけ

セージに含まれているケトン類のα-ツヨン・β-ツヨンやビリディフロロール(セスキテルペンアルコール類)などは、女性ホルモンと良く似た働きすると考えられています。このためホルモン様作用(エストロゲン様作用)を保つ成分を含む精油として、コモンセージの精油は生理不順や少量月経などの月経トラブルや更年期障害の軽減にも効果が期待されています。ケトン類には鎮痛作用もあるため生理痛の軽減に、精神面への作用も合わせてPMS(月経前症候群)による生理前のイライラなどの精神面のケアにも、と女性領域の不調に広く用いられています。

その反面ケトン類などは毒性を持つ成分ですし、コモンセージの精油は妊娠中に利用すると流産を促すことになるとも言われているため注意が必要な精油でもあります。妊娠中や授乳中などデリケートな時期の使用は勿論のこと、エストロゲン依存性腫瘍がある方やホルモン療法を受けている方も使用は避けましょう。健康な方がちょっとした不調のサポートに取り入れてみるのは良いですが、持病・疾患がある方の場合は医師の判断を仰ぐようにして下さい。

その他作用

皮膚利用について

コモンセージの精油は瘢痕形成作用や収れん作用があり、傷の治りを早める働きがあると言われています。古くは傷の手当などに用いられてきたのもこの働きによるものでしょう。そのほか抗炎症作用なども期待されており、肌を引き締めシワや毛穴開きを改善する・皮膚炎症を抑えてくれる成分として化粧品などにも配合されています。

ただしコモンセージ精油そのものは皮膚刺激が強いことが指摘されており、希釈した場合でも肌への直接使用は控えるべき存在とされています。逆に皮膚炎症を起こす原因となる可能性もありますから、自己判断でホームケアや手作りコスメなどに取り入れるのは避けたほうが良いでしょう。

コモン・セージの利用について

相性の良い香り

樹木系・ハーブ系の香りと相性が良いとされており、柑橘系やハーブ寄りのフローラル系精油ともブレンドしやすい香りです。コモンセージは香りも強めの精油ですし、作用・毒性も高いとされているためブレンド時は分量を控えめにすることをおすすめします。

【コモン・セージのブレンド例】

コモン・セージ精油の注意点

  • 妊娠中・授乳中の方、お子さんへの使用はできません。
  • 婦人科系疾患がある方・ホルモン療法を受けている方は使用を避けましょう。
  • 神経系統の弱っている方(特にお年寄り)・てんかんの方は使用を避けましょう。
  • 少量・低濃度で注意して使用し、常用を避けましょう。皮膚刺激も強いため敏感肌の方は芳香浴でも注意が必要です。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ