バジル・リナロールのアロマ(精油):効果効能紹介

気分の落ち込みやストレスによる痛みの緩和に

バジル(Basil)

  1. バジル・リナロールとは
    1. 基本データ
  2. バジルの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. バジルの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

バジル・リナロールとは

日本人からするとイタリア料理のイメージがあるバジル(バジリコ)ですが、原産はアジアと太平洋諸島。現在は地中海沿岸を中心としたヨーロッパやアメリカ、アフリカなど世界中で栽培・使用されているハーブです。種類も非常に多く、バジルと呼ばれるハーブはレモンバジルやホーリーバジル、リコリスバジルなど150以上のもの種類があるのだとか。

バジルという名前は「王」を意味するギリシャ語に由来しているという説が有力ですが、伝説上の怪物バジリスクが由来という説もあります。
アレキサンダー大王がバジルをインドからヨーロッパに伝えたと言う話もあり、アジア~ヨーロッパで古くから用いられてきたハーブ。そのためバジルは様々な信仰や迷信とともに食用・薬用と広く用いられてきました。中国の漢方薬や、インドのアーユルヴェーダ医学でも古くから用いられています。

バジル・リナロールはケモタイプ精油ですが、アロマテラピー上「バジル」と呼ぶ場合はバジル・リナロールの事を指すケースがほとんどです。バジル・メチルカビコールというメチルカビコール(エストラゴール)含有率の高いものもあり、喘息の治癒・抗アレルギー・去痰効果が高いとされていますが、危険性も高いため一般的に使用されることは少ないです。

基本データ

通称
バジル・リナロール(Basil linalool)
学名
Ocimum basilicum
Ocimum basilicum CT linalol
別名
スイートバジル、フレンチバジル、ハーブの王様
原料植物
バジル
江戸時代に中国を経由して日本に伝来した際、種子を目のゴミ取りに用いたことから「メボウキ」という和名が付けられました。
科名/種類
シソ科/多年草(気候により越冬できず一年草)
主産地
エジプト、フランス、モロッコ
抽出部位
全草(花、茎、葉)
抽出方法
水蒸気蒸留法
無色~黄色
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
強め
おすすめ
芳香浴、虫除け、スキンケア、入浴

スパイシーな刺激の奥にかすかな甘さを感じる香り

バジル・リナロールの主な効果・効能

心への作用

バジルには下垂体や副腎を刺激しすることで自律神経を整える作用があります。不安や自信喪失を鎮めることで、不安やストレス、プレッシャーで疲れくたびれてしまった心を癒してくれるでしょう。抗うつ・抗不安作用・神経強壮作用にも優れていますので、疲れ果ててネガティブな思考から抜け出せなくなっているときや神経質になっているときにも適しています。

またバジルのシャープで刺激的な香りにはリフレッシュ作用があります。頭をクリアにして感覚を鋭くする・集中力を高めてくれる香りと言われていますので、仕事モードの香りとしても良いでしょう。残業で疲れていたり、プレッシャーのかかる仕事で緊張状態が続くような場面でもオススメです。

体への作用

バシルの精油は強い鎮痙作用と消化促進作用が高いことで知られており、消化不良や腹部膨張感、胃痙攣などの緩和改善に効果的です。呼吸器系の不調緩和にも有効とされており、発汗・解熱作用と合わせて風邪・感染症・気管支炎・鼻炎などの緩和効果も期待出来ます。

またバジルは精神的ストレスから起こる頭痛・偏頭痛の緩和改善に対して高い効果を発揮する精油としても知られています。ストレス性の頭痛への効果は精油の中でもトップクラス。同様にストレス性の胃痛・食欲不振などにも有効です。

若干の通経作用があり、月経不順や少量月経の改善、生理痛を和らげる働きもあります。

その他作用

【肌・髪への効果】

殺菌・消毒作用があり、ニキビの症状を緩和する効果が期待出来ます。

【虫除け・虫刺されに】

バジル・リナロールに含まれる1.8シネオールという香り成分は虫が嫌がる香りとして知られています。殺菌・消毒作用がありますので虫刺され後のケアにも利用できます。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 不安・ストレス
  • 落ち込み・抑鬱
  • 緊張・神経疲労
  • 寝つきが悪いとき
  • リフレッシュしたい時
  • 集中力が欲しいとき
  • 直感力と高めたい
  • お疲れモードからの回復

【肉体面】

  • 頭痛・偏頭痛の緩和
  • 消化不良・お腹の張り
  • 胃痛・胃痙攣・食欲不振
  • 風邪・感染症の回復に
  • 気管支炎や鼻炎に
  • 少量月経・月経不順
  • 生理痛が辛い時
  • ニキビケア
  • 虫除け・虫刺されに

バジル・リナロールの利用について

相性の良い香り

柑橘系・ハーブ系・フローラル系の香りと相性が良いです。香りが強いためブレンドするときはやや少なめに入れるようにすると失敗しにくいです。

【バジル・リナロールのブレンド例】

バジル・リナロールの注意点

  • 妊娠中・授乳中・乳幼児がいる場合の使用は避けましょう。
  • 皮膚刺激を感じる場合がありますので、敏感肌の方は注意して使用してください。
  • 長時間・高濃度での使用は控えましょう。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ