だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

女性ホルモンの乱れから起こる冷え

生理前に冷えが悪化するなど、ホルモンバランス変動による冷え

女性イメージ

ストレスと並んで、不定愁訴(原因となる病気が見つからない体調不良)の原因とされる「女性ホルモンバランスの乱れ」。PMSの代表症状としても冷え・むくみなどが挙げられいますし、月経前後に冷え性が悪化すると感じる女性が多いのもホルモンバランスの変動と関係していると考えられています。

ホルモンバランス自体に起因する不調もありますが、冷えを始めとした多くの不快感はストレスの場合と同様にホルモンバランスの乱れから「自律神経の乱れ」を引き起こす事で悪化すると考えられています。ホルモンバランスの変動時に冷えが起こる場合もありますし、体が冷えている・自律神経が乱れていることでホルモンバランスの乱れが大きくなっている可能性もあります。

女性ホルモン自体の作用と冷え

女性ホルモンのバランスが乱れると冷えが起こる、その原因は女性ホルモン自体の作用自律神経との関わり、2つに大きく分かれます。

女性ホルモンの作用と冷えの関係

女性ホルモン自体の作用としては生理前(黄体期)に多く分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響によって女性の体は水分を溜め込もうとしてむくみやすくなります。むくむことで余分な水分が体を冷やして冷えを起こしてしまいますし、冷えがある方は血液循環や水分代謝が低下していますからますますむくみやすくなり…という悪循環を起こしてしまいます。

しかしこのプロゲステロンによるむくみからくる冷えは一過性のものの場合が多く女性ホルモンの変動によって自律神経のバランスが乱れる事の方が重大な問題であるといえます。

女性ホルモンと自律神経

女性ホルモンと自律神経は間脳の視床下部というところで分泌をコントロールしているため、互いに影響し合っています。女性ホルモンのバランスが急激に変動すると 脳の視床下部が対応しきれずに、自律神経のバランスが乱れ、体温調節機能も低下してしまい冷えを起こすと考えられています。
詳しくは⇒ストレス・自律神経の乱れと冷え性

生理日~排卵まで

生理が始ってから排卵日までの期間はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が多い時期は、自律神経は副交感神経が強く、体温は低下気味です。月経終了から1~2週間くらいは女性がキラキラする時期と言われるのも、エストロゲンの分泌と副交感神経が活発に動くことで自律神経のバランスが取れやすい時期であるためと考えられます。

排卵後~生理まで

排卵後から生理までの期間はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになる時期は、自律神経は交感神経が強まり、体温は上昇傾向にあります。この時期は月経前症候群(PMS)で生理前の不調を感じる時期と一致し、女性ホルモンの分泌が大きく変動することで自律神経のバランスが狂いやすくなっている時期であると言えます。

初潮・出産・閉経(更年期)

初潮・出産・閉経など、女性ホルモンのバランスが大きく変化する時期は、毎月の排卵日前後よりもさらに自律神経のバランスが崩れやすい時期です。実際にこういった体の変調期に冷え性になり、そのまま冷え性を引きずってしまう女性も多いと言われています。

冷えとホルモンバランスの関係

女性ホルモンの乱れが自律神経のバランスを崩す場合もありますが、逆に体が冷えていること・自律神経の乱れがホルモンバランスを乱す原因となることもあります。ホルモンバランスの乱れが先か、自律神経の乱れが先か、はたまたそれ以外の要因から冷えを起こしていたのが先か…自分の冷えの根本原因がなんであったかハッキリとわかる方は少ないと思います。

ホルモンバランスの乱れから冷えが起こっている・冷えとホルモンバランスの乱れを共に感じている場合でも、基本的には規則正しい生活習慣・食生活を心がけることが大切になります。どちらかだけを整えると言うよりは、体の状態やバランスをトータルで改善するようなイメージを持っていただければ良いと思います。

ホルモンバランスの乱れによる冷えの緩和

基本的な生活改善に加えて、半身浴やウォーキングなどの有酸素運動も自律神経とホルモンバランス改善に役立つとされています。また生姜やスパイスなど体を温める食材を取り入れたり、体を温める・リラックス効果が期待できるハーブティーをホットで飲む、精油を使ってアロマ(芳香)を楽しんだり入浴効果を高めたりするなどの方法を試してみると良いでしょう。

ホルモンバランスを整える働きがあるとされる食材やハーブ・アロマなどを取り入れることで症状の緩和を感じるという方も多いですが、女性ホルモン様作用を持つものについては過剰利用で逆にホルモンバランスを崩してしまう可能性も示唆されています。少量ずつ体調変化などを確認しながら摂り入れるようにしてください。

 - 冷え性, 女性の不調(生理痛・月経不順・PMS), 気になる不調・だるさ

  関連記事