タラゴン/エストラゴンのアロマ(精油):効果効能紹介

月経トラブルやPMS、血行不良からくる不調にも

タラゴン(Tarragon)

  1. タラゴンとは
    1. 基本データ
  2. タラゴンの効果と効能
    1. 心への作用
    2. 体への作用
    3. その他作用
    4. こんなお悩みに
  3. タラゴンの利用
    1. 相性の良い香り
    2. 使用上の注意

タラゴンとは

タラゴンはキク科ヨモギ属の植物で、日本でもお馴染みの「蓬」の近縁種です。タラゴンの葉は細長く、先端が尖っていることからフランス語とアラビア語でそれぞれ「小さなドラゴン(龍)」を意味する言葉が語源となりタラゴンという名が付けられました。

ハーブとしてはタラゴンよりもフランス語の「エストラゴン」の名で知られており、エスカルゴの料理やサラダドレッシング、タラゴンビネガーなどフレンチでは欠かせないハーブ。淡白な味を引き立てて料理の味を劇的に変化させることから「魔法の竜」とも呼ばれています。フランスではタラゴンの精油を香水に配合するなど、とにかく親しみ深い存在のようです。

料理用ハーブとして広く利用されるようになったのは中世以降と比較的新しい部類に属しますが、紀元前500年頃にはギリシアで薬草して栽培されていたことが分かっており、古代ギリシアの医者ヒポクラテスも蛇や狂犬に噛まれた時の毒消しとして利用していたと伝えられています。インドのマハラジャが薬湯として愛用したという説もあり、古くから薬効が知られていたことがわかりますね。

ちなみにタラゴンの属名(Artemisia)はギリシャ神話の女神アルテミスが由来です。アルテミスは月と狩の女神として知られていますが、実は多産をもたらす・妊婦の守護神とも言われており、その名が付いたタラゴンもホルモン調整作用に優れ女性に対して高い効果を発揮してくれる精油です。

基本データ

通称
タラゴン(Tarragon)
別名
エストラゴン(Estragon)、フレンチタラゴン、西洋ヨモギ
学名
Artemisia dracunculus
原料植物
タラゴン
※ロシアンタラゴンと呼ばれるロシア種(Artemisia dracunculodes)から採れる精油は成分が違うため香り・作用ともに異なり、フランス産の方が使いやすいとされています。
科名/種類
キク科/多年草
主産地
フランス、オランダ、ハンガリー、イタリア
抽出部位
全草
抽出方法
水蒸気蒸留法
無色~淡い黄色
粘性
ノート
トップノート
香り度合い
中~強い
おすすめ
芳香浴、入浴、トリートメント

アニスの甘さと、セロリに似たグリーンさの混じった香り

タラゴンの主な効果・効能

心への作用

タラゴンの香りはストレスや緊張などによって疲弊した心に刺激を与え、活力を取り戻す手助けをしてくれます。感覚が鈍化していたり、無気力・無感動、退屈・くすぶっているような気分の時にもオススメの精油。元気を出したり、活発な自分を取り戻したい時に役立つ精油と言えるでしょう。

体への作用

タラゴンは消化器官系への働きかけに優れており、食欲不振や消化不良などに効果が期待出来ます。鎮痙作用によって痙攣を抑えることから胃痛や腸の痙攣はもちろんのこと、しゃっくりが止まらない時にも有効とされています。
加えて血行促進効果もありますので、冷え性の改善、肩こり・筋肉痛・リウマチ・神経性の痛みなどの症状緩和にも効果が期待できるでしょう。

【月経トラブルへの効果】

タラゴンは通経作用や生殖器系の強壮作用を持ち、無月経・生理不順・月経前症候群に適しているとされており、女性に適した精油とも言われています。血行を促進して冷えを改善することや鎮痙作用から生理痛の緩和にも有効とされます。

生理周期のサポートは勿論ですが、心に対しての優しい刺激作用があり、気分を明るくして活力を与えてくれることから生理前のイライラや不安、更年期障害の情緒不安定さなど女性ホルモンのバランスの変動による精神的不調にも効果が期待できるでしょう。

【花粉症・感染症に】

タラゴンの精油には抗アレルギー作用があり、アレルギー性の呼吸器官のトラブルを抑えることから花粉症の予防・緩和に利用できる精油として近年注目されています。アレルギー性鼻炎などがある方も活用できそうです。
また抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用がありますので風邪やインフルエンザなど感染症予防にも効果が期待出来ます。お部屋の空気の浄化剤としてデュフーザーで拡散しても良いでしょう。

その他作用

【筋肉痛や肩こりに】

タラゴンに含まれるチャビコールメチルエーテルには強い鎮痙作用があり、筋肉のハリや痛みの改善に有効とされます。また血行促進作用もありますので、血行不良から起こる肩こりなどの解消にも利用できるでしょう。
精油を希釈して入浴時に利用する・温湿布にしたり、スポーツ後の筋肉痛予防としてマッサージオイルに混ぜて利用すると良いでしょう。

Sponsored Link

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • ストレス・緊張
  • 精神疲労・消耗感
  • 無気力・無感動
  • テンションを上げたい
  • 元気になりたい
  • 活発さが欲しい

【肉体面】

  • 食欲不振・消化不良
  • 胃痛・胃痙攣・鼓腸
  • 月経不順・生理痛
  • 更年期障害やPMSの緩和
  • 血行不良・冷え性に
  • 花粉症の予防・緩和
  • 感染症予防に
  • 筋肉痛の予防・緩和
  • 肩こりや腰の痛みに
  • 神経性の痛みに

タラゴンの利用について

相性の良い香り

柑橘系・ハーブ系の香りと相性が良いです。ウッディー系とも比較的ブレンドしやすいでしょう。

【タラゴンのブレンド例】

タラゴンの注意点

  • 妊娠中の方は使用を控えましょう。
  • キク科アレルギーの方は使用を控えましょう。
  • 刺激が強いので、少量・低濃度で注意して使用してください。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ