集中力

4/5ページ

コモンタイム精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイムには多くの種類がありますが、一般的なのはコモンタイム(T.vulgaris)。精油は更にケモタイプが存在していますが、単にコモンタイムと呼ぶ場合は再蒸留されたホワイトタイムを指します。刺激性が高いため注意が必要ですが、チモールやカルバクロールには優れた抗菌・抗ウィルス作用が報告されて

セージ(コモンセージ)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

料理用ハーブ“セージ”としてもお馴染みのコモンセージ。精油はシャープでクリアな香りが特徴的で、頭をシャッキリと冴えさせる・抗うつ作用によって気分の落ち込み軽減に効果が期待されています。コモンセージ精油は刺激が強く使用に注意が必要な精油の一つにも数えられていますが、女性ホルモンの

エレミ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

エレミはカンラン科樹木の樹脂を原料とする精油で、レモンやパイナップルなどに例えられる爽やかな芳香が特徴。リモネン含有量が高く、消化器系のサポート、免疫力向上・抗菌・抗ウィルス作用から風邪やインフルエンザ予防に効果が期待されています。気持ちを落ち着けてリラックスする手助けを

パインニードル/スコッチパイン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バインニードルは松の針葉、精油はスコッチ・パインから抽出したものが一般的に使われます。ドライな印象のある森の香り。α-ピネンやリモネンの含有が多めで、風邪予防や呼吸器系トラブルの軽減に、また刺激作用や強壮作用から心をサポートする働きも期待されています。近年は優れた抗炎症作用を持つ

バジル・リナロール精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

食材としてもお馴染みのスイートバジル。バジル・リナロールはスイートバジルを原料とする精油のうちリナロールを多く含むケモタイプ精油。リナロールは鎮静・抗不安作用が期待出来ることからメンタルサポートに効果が期待されいますし、1,8-シネオールなど抗菌・抗ウィルス作用を持つ成分が多い

ジンジャー/生姜精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

世界中でスパイスとして利用されているジンジャー(生姜)。精油はウッディー調とスパイシーさの入り混じった印象で、私達の思う生姜のイメージとは異なる香りです。作用成分は違いますが、精油も食材のショウガと同様に血行促進・加温作用によって体を温める働きが期待されていますよ。殺菌作用

ラバンジン(ラバンディン)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラベンダー調の香りを作るために使われることでも知られるラバンジン。力強くシャープ香りはカンファーによる所が大きく、鎮痛作用によって筋肉痛・関節痛・リウマチなどのケアに対してはラベンダーより高い効果が期待されています。安価なラベンダー風香料と考えられた時期もありますが、近年は

レモングラス精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモングラスはび名の通りレモンに似た爽やかな香りがあり、シトラールを含むことが特徴の精油です。気持ちを冷静にする働きや解熱作用を持つことから“冷やすハーブ”とも称され、リフレッシュにも繋がる仕事中・運転中の香りにも利用されています。シトラールによる抗菌・抗炎症作用から風邪予防や

1 4 5