集中力一覧

カユプテのアロマ(精油):効果効能紹介

フトモモ科メラレウカ属のカユプテは近縁種ティトリーなどと同様に優れた消毒・抗菌作用があり感染症の予防に役立ちます。香りや作用がメラレウカ属の中では最も穏やかで薬品っぽい香りが苦手な方にも好まれます。鎮痛作用があるので頭痛・筋肉痛・関節痛・生理痛など痛みがあるときにも良く、皮膚炎症・水虫などのケアにも

ニアウリ・シネオールのアロマ(精油):効果効能紹介

ニアウリはティートリーやカユプテの近縁種にあたるフトモモ科メラレウカ属の樹木。シネオールタイプの精油は風邪・インフルエンザ・鼻炎・喘息・気管支炎・喉の痛みなど呼吸器系の不調全般に有効とされ、風邪やインフルエンザの予防にも役立ちます。ニキビ、水虫や真菌性皮膚炎などのケア、脂性肌や頭皮の脂っぽさなどにも

ジュニパーベリーのアロマ(精油):効果効能紹介

ジュニパーベリーはヒノキ科樹木の実から採油される精油で、心と体を浄化する精油として知られています。負の感情を洗い流すリフレッシュ作用や、尿・発汗・解毒・老廃物排出促進作用などデトックスに役立ちます。むくみや冷え性の改善にも適しておりセルライトケアにも利用できます。脂性肌・にきび・毛穴の詰まりなどにも

シナモンリーフのアロマ(精油):効果効能紹介

甘くスパイシーな芳香でスパイスの王様とも呼ばれるシナモン。生薬「桂皮/肉桂」として冷え性改善や消化機能向上など用いられており、精油も同様に冷えによる消化器系の不調・関節痛の緩和などに用いられます。また消毒作用、抗感染・抗ウイルス作用から感染症予防に、刺激・高揚作用から気持ちを明るくしたいときや集中力

コリアンダーのアロマ(精油):効果効能紹介

コリアンダーの精油はスパイス系に分類されますがクセがなく使いやすい精油です。鎮静作用を持つリナロールが主成分のため精神安定や不眠対策として役立つほか、刺激作用によるリフレッシュ・集中力向上効果も期待できます。消化器系の不調や血行促進、デトックス効果など効能は幅広く、ゲラニオールを含むためエストロゲン

クローブバッドのアロマ(精油):効果効能紹介

クローブの花(蕾)から採油された、甘さと苦味の混じった香りを持つクローブバット精油は体を温める働きや優れた抗菌・抗ウイルス作用から風邪などの感染症予防に有効です。精神面へは刺激・高揚作用があり集中力アップや明るく元気な気分になりたい時にも適しています。頭痛・歯痛・生理痛など痛みの緩和、冷え性・低血圧

コモンタイムのアロマ(精油):効果効能紹介

タイムには多くのケモタイプ精油がありますが、単に「タイム」と言われた場合はコモンタイムを指し、刺激性の問題からホワイトタイムを用いるのが主流です。神経強壮や脳細胞活性作用があるとされ、活力や集中力を高めるため仕事中など活動時の香りとして用いられます。そのほか血行促進・貧血改善・感染症予防・健胃・食欲

コモンセージのアロマ(精油):効果効能紹介

コモンセージはシャープでクリアな香りが特徴で、頭をシャッキリと冴えさせるほか抗うつ作用によって気分の落ち込みを緩和してくれます。消化器系の働きを高めるほか、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分を多く含み、生理不順や少量月経などの月経トラブルや、更年期障害・PMSなど女性特有の不調・不快症状に

Sponsored Link