集中力一覧

バルサムコパイバ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バルサムコパイバは南米・熱帯地域に自生する樹木。南アメリカで生活していたインディオ達は古くから貴重な薬用植物として木の中心部にある樹液を利用しており、「天然の秘薬(万能薬)」や「アマゾンの秘宝」とも呼ばています。コパイバの樹脂を原料とした精油は甘めのウッディーさに、胡椒のようなスパーシーさを含む香りが特徴。主成分であるカリオフィレンには抗炎症作用を持つ可能性も報告されていますよ。そのほかコパイバについてや、精油に期待される作用・使用時の注意点などをご紹介します。

レモンマートル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンマートルはユーカリやティートリーと同じく、オーストラリア原産のフトモモ科樹木です。精油はレモンを感じさせるフレッシュな柑橘系の香りが特徴で、シトラール含有率が90%以上と全精油類トップクラス。スッキリとした香りはリフレッシュ用としても活躍してくれますし、リラックスタイムにも活用できますよ。高い抗菌作用や抗炎症・免疫力調整効果なども期待されています。そのほかレモンマートルについてや、その精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

柚子/ユズ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

柚子は日本人との関わりが深い柑橘類。ユズ精油も馴染みある柚子そのままの香りで、好き嫌いが少なくTPOを選ばない存在です。成分としてもリモネンの含有量が高く、鎮静作用を持つシトラールや森林浴・強壮効果があるα-ピネンなども含まれているためリラックスや精神安定のサポートにも役立ってくれるでしょう。また血行促進作用を持つとされる成分の含有が多いため、冷え性の軽減や風邪予防に、バスオイルとしても用いられていますよ。そのほか柚子精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

チュベローズ/月下香アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

チュベローズはバラ属ではなくリュウゼツラン亜科の植物で、月夜の晩に咲いた花は特に濃厚な香りを放つという謂れから月下香や晩香玉とも呼ばれています。アブソリュートは甘くマスカットのような香りを含んだ清楚なホワイトフローラル系の香り。アロマテラピーでは用いられませんが、陶酔感ある香りには精神面のサポート効果が期待されておりストレス性対策に役立つという説もあります。そのほか催淫特性や血液循環改善などのチュベローズ精油に期待されている作用・使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・カンファー/ボルネオン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしても観賞用植物としても広く親しまれているローズマリー。古くは万能薬として重宝されたほか、頭の働きをよくするハーブとしても利用されていたと言われています。ローズマリー・カンファーの精油は神経毒性が指摘されるケトン類のカンファー(ボルネオン)を含むため使用に注意が必要ですが、神経と筋肉への働きかけがあり筋肉痛・関節痛・リウマチ・神経痛などの緩和効果が期待されています。そのほかローズマリー・カンファー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・シネオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

地中海沿岸が原産とされ、古くから殺菌消毒作用に優れた薬草・ハーブとして利用されてきたローズマリー。精油にはケモタイプが存在しますが、ケトン類の含有量が少ないローズマリー・シネオールが最も扱いやすい精油とされています。1,8-シネオールによる抗菌・抗ウィルス・抗炎症作用が期待できることで、風邪予防や呼吸器系の不調・花粉症などの軽減に効果が期待されています。そのほか集中力向上やリフレッシュ効果などローズマリー・シネオールに期待される作用、使用時の注意点もご紹介します。

カンファー・ホワイト/楠精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カンファー系精油の中で毒性の心配が少ないとされるカンファー・ホワイト。日本人ではクスノキ精油として販売されることも多いよう。衣装箱の防虫剤「樟脳」をイメージされる場合もありますが、あの香りはナフタリンによるもの。天然物は染み透るような香りで、刺激と鎮静の両作用から精神面の様々な不調やストレス・心因性の身体の不調改善に役立つと考えられています。呼吸器系・循環器系への刺激作用があるとされ、鼻ずまり・咳・気管支炎などの呼吸器系の不調緩和や風邪のケアにも用いられています。また主成分であるカンファーは昆虫忌避作用が高いので、虫除けスプレーとしても役立ちますよ。そのほかカンファー・ホワイトに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・ディベス/ペパーミントユーカリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・ディベスは別名ペパーミントユーカリとも呼ばれる通り、ペパーミントに似たマイルドさや甘さを感じさせる清涼感ある香りが特徴。樹木系の精油ですが香りとしてはハーブ系に近く、ユーカリの特徴成分とされる1,8シネオールはほとんど含まれていません。かわりにケトン類のピぺリトンやα-フェランドレンなどが含まれており、利尿効果や脂肪溶解作用が期待できるので、むくみ・セルライト解消用のマッサージにも用いられます。スッキリとした香りからリフレッシュにも役立ってくれますし、鎮咳・粘液溶解作用から咳や気管支炎をはじめ蓄膿症など呼吸器系トラブルの軽減にも利用されています。そのほかユーカリ・ディベスに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link