集中力一覧

ターメリック精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやカルダモンと共にカレーの材料として知られるターメリック。ポリフェノールの一種であるクルクミンによる肝臓の保護・回復効果や認知症予防などでも注目されているスパイスです。香辛料としても精油としても一般的に「ターメリック」と呼ばれているものは秋ウコンと呼ばれる種類(学名:C. longa)が使用されています。精油はスパイシーさとウッディー感のある温かい香りが特徴で、心に対しての刺激・強壮作用や消化機能サポートなどに役立つと考えられています。そのほか集中力向上・関節痛や神経痛などの緩和などにも効果が期待されていますが、カンファーなどのケトン類をはじめ様々な微量成分が含まれているため刺激性・毒性・感作作用なども指摘されている精油でも

アジョワン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやキャラウェイなどと同くセリ科のスパイスであり、アーユルヴェーダを代表するハーブの1つにも数えられるアジョワン。スパイシーさとハーバルさを併せ持つな香りですが、精油はモチールなどのフェノール類含有量が高く刺激性・毒性が高いと考えられるためアロマテラピーではほとんど用いられていません。しかし強い殺菌効果と抗真菌・抗ウィルス作用が高いことから風邪などの予防に、また刺激・覚醒作用があるとされ気持ちを高めたい時や前向きさを取り戻したい時のサポートに役立つのではないかとも

ダグラスファー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

北米原産ベイマツから採油されるダグラスファーの精油。ピネン類が主成分であることから神経系や肉体面の疲労回復や強壮をサポートしてくれると考えられています。清々しい森の香りであり、α-ピネンには免疫機能賦活作用も期待できるので風邪などの感染症予防にも役立ってくれるでしょう。そのほか血行促進作用による冷え性改善など

タイム・ゲラニオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ゲラニオールはモノテルペンアルコール類のゲラニオールを多く含むタイム(T. vulgaris)のケモタイプ精油で、薔薇を連想させるフローラル調の香りが特徴。酢酸ゲラニルやリナロールなども含まれていることから精神面のサポートに高い効果が期待されており、刺激性が低いので適切に希釈すれば皮膚利用も可能

カヤ(榧)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

榧(カヤ)の精油は柑橘系のスッキリとした香りを持ち、持続性が比較的長いことが特徴です。リモネンが主成分でα-ピネンの含有量も多いことから鎮静作用やリラックス効果が期待されているほか、さっぱりとした香りでリフレッシュや空間演出にも役立つでしょう。成分的に見て消化器系のサポートや血行促進・風邪予防などにも効果が期待

スパニッシュセージ/ラベンダーセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

「ラベンダーセージ」とも呼ばれるスパニッシュセージですが、フローラルなラベンダー調というというよりは清涼感が強くローズマリーなどに近いとも言われています。精油は1,8-シネオールとカンファーの含有量が高く、抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待されることから風邪予防や空気清浄によく用いられます。リフレッシュ用に

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

薄荷(ハッカ)としてお菓子などでもお馴染みのコーンミント。クールミントと呼ばれるようにミント類の中でも特にスッキリと清涼感が強い香りが特徴で、近年はヒンヤリとした冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されています。体臭対策・防虫剤など夏場に嬉しい作用が多いほか、シャープな香りですがリフレッシュだけではなく鎮静作用も

バルサムコパイバ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

コパイババルサムノキは古くから南米のインディオ達が樹液などを薬用として利用し「天然の秘薬(万能薬)」や「アマゾンの秘宝」と呼ばれています。精油は甘みのあるウッディー系で、抗不安やストレス軽減、風邪予防や呼吸器系トラブル緩和などに利用されています。またエモリエント作用や抗炎症作用があるためスキンケアや皮膚炎症緩和

Sponsored Link