防虫一覧

パルマローザ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

パルマローザは植物としてはイネ科・レモングラスやシトロネラの近縁種にあたりますが、名前の通りハーバル調の中にバラに似たフローラル感のある香りがあることが特徴。精油はバラ調の香りを作るための香料としても芳香剤や化粧品などにも使われています。主成分は鎮静作用や抗不安・抗うつ作用などメンタル面への働きかけが期待されるゲラニオールで、鎮静作用と高揚作用を併せ持った精油として心のサポートにも取り入れられています。また免疫賦活作用や抗菌・抗ウィルス作用などから感染症予防にも効果が期待できますし、華やかな香りは芳香剤も兼ねてくれるので一石二鳥ですね。そのほかパルマローザ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シトロネラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンの爽やかさとグリーンさを合わせた香りを持つシトロネラ。イネ科オガルカヤ属に分類されるパルマローザやレモングラスなどの近縁種で、昆虫忌避作用の高さや好き嫌いの少ない香りから虫除けスプレーなどの商品でもお馴染みの香りです。また消臭作用もあるため防臭剤・消臭剤・デオドラントスプレー作りにも活用できますよ。シトロネラはジャワ型とセイロン型の2タイプがあり、ジャワタイプの方がゲラニオールやシトロネラールの含有が多い傾向にあります。このためリフレッシュや強壮などの心のサポートや、頭痛など“痛み”の軽減にも効果が期待されています。そのほか免疫力向上・抗菌作用による風邪予防などシトロネラ精油に期待される働き、使用時の注意点などをご紹介します。

ベチバー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カビっぽい土の臭いなどとも称される独特の香りから、好き嫌いが別れるベチバー精油。インドなど熱帯アジアを原産とするイネ科植物の根が原料で、古代インドでは宗教的儀式やアーユルヴェーダの治療にも用いられていたのだとか。現在でも「安静のオイル」「静寂のオイル」とも呼ばれるほど高い鎮静効果があると考えられていますし、血行促進や軽い通経作用・貧血予防など女性に嬉しい働きも期待され広く用いられています。心と体両方の強壮に良いという説もあり女性特有の不調にも取り入れられていますし、皮膚の再生促進作用がある・皮脂分泌調整作用があるとも言われるためスキンケアにも使われていますよ。そのほかベチパーに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

月桃(ゲットウ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

沖縄県の特産品でサンニンとも呼ばれる月桃。赤ワインの34倍のポリフェノールが含まれているアンチエイジング植物として話題となり、精油やフローラルウォーターも高い抗酸化作用や収斂・保湿作用があると考えられてることから敏感肌・エイジングケア用など様々なタイプの化粧品に配合されています。精油成分としてはテルピネン4オールや1,8-シネオールが多く含まれていることが特徴で、成分の働きから抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待できる精油として風邪予防や花粉症対策にも注目されています。鎮静・神経強壮作用を持つとも言われていますから、ストレス軽減や集中力アップに繋がるという説も。そのほか月桃精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズ・オットーアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから女性を魅了して止まない薔薇。バラの花を原料としたローズオイルは水蒸気蒸留のオットー・溶剤抽出のアブソリュートの2つに大きく分けられます。ローズ・オットーはよりフレッシュなバラの花の香りに近いエレガントな香りで、溶剤を含まないことから皮膚に使う場合の安心感が高いこともメリットとされています。鎮静作用や抗うつ作用などが期待されている成分が多く含まれているため、華やぐ香りと合わせて心のサポートにも役立ってくれるでしょう。そのほかPMS・更年期障害・月経不順など女性領域の不調軽減や、スキンケアまで様々な用途で利用されているローズ・オットー。精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

バジル・リナロール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ハーブとして、料理に使う香辛料・香味野菜としてもおなじみのバジル。バジル・リナロールはスイートバジルを原料としたケモタイプ精油ですが、バジル系精油の中では安全性が高いことが特徴。ほかバジル系精油は毒性・刺激性が高いため、単に「バジル」と呼ぶ場合はバジルリナロールを指すのが一般的となっています。また代表成分のリナロールは鎮静・抗不安作用が期待出来ることからストレスや精神的な疲労軽減をサポートしてくれるでしょう。1,8-シネオール・オイゲノールなども含むため抗菌・抗ウィルス用としても役立つと考えられています。そのほか消化器系への働きかけや皮膚利用についてなど、バジル・リナロール精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ラバンジン(ラバンディン)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラベンダー調の香りを作るために使われることでも知られるラバンジン。安価なラベンダー風香料・偽和剤というマイナスイメージがあった時期もありますが、近年はそのスッキリと力強い香りや成分を持つことが認められ、アロマテラピーでも一つの種として評価されています。男性向け化粧品に用いられることが多い理由でもあるラバンジンのシャープ香りはカンファーによる所が大きく、リフレッシュ効果や鎮痛作用も期待されていますよ。特に筋肉痛・関節痛・リウマチなどのケアに対してはラベンダーより高い効果が期待できるという声も多く、コスパの良さから虫除けや空気清浄用としても使用されています。そのほかラバンジン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

スペアミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

お菓子を連想するような、甘さと清涼感を併せ持った香りのスペアミント。これは主成分がペパーミントやニホンハッカとは異なるl-カルボンのためで、作用もミント類の中では穏やかとされています。香りの印象通りスペアミントは精神面に対しても柔らかく働きかけて気持ちを落ち着ける働きが期待されており、リラックスタイムの使用にはより適した存在と考えられています。また消化器系への働きかけも期待できるので食欲不振や乗り物酔いの軽減などにも取り入れられています。若干皮膚刺激性はありますが痒みを軽減する働き・防虫効果が期待できることから虫刺され対策にも役立ってくれるでしょう。そのほかペパーミント精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link