防虫一覧

ランタナ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

和名で“七変化(シチヘンゲ)”と呼ばれカラフルな花の色から、香料としてよりも観賞用・園芸用植物として人気のあるランタナ。ランタナの花の香り自体は甘くパウダリーですが、ランタナ精油はウッディー系もしくはスパイシー系に分類される個性的な香りが特徴的。毒性のあるケトン類が含まれていることからアロマテラピーでは利用されておらず、取扱に注意が必要なため家庭内でのセルフケアとしての使用には適していません。しかし抗菌性や抗アレルギー作用に優れているという報告もなされていることから、今後の研究に期待されているハーブの一つでもありますよ。そのほかランタナ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ホーリーバジル/トゥルシー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インドの伝統医術アーユルヴェーダで用いられるハーブとしてや、神聖なハーブ・万能のハーブとして紹介されることもあるホーリーバジル。近年はストレスへの抵抗力を高めてくれるアダプトゲンの一つとしても注目されているハーブの一つで、精油もストレスへの抵抗力を高める働きが期待されています。重めのハーバル調と称される香りですが、主成分はオイゲノールでクローブに似た甘さとスパイシーさを含むことも特徴的です。オイゲノールの働きから消化機能系のトラブル軽減や風邪予防、歯痛・頭痛・関節炎などの痛み緩和にも効果が期待されています。そのほか抗菌・抗カビ作用などホーリーバジル精油に期待される働きや、皮膚刺激性など使用時の注意点についてもご紹介します。

タイム・ゲラニオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ゲラニオールはモノテルペンアルコール類のゲラニオールを多く含むタイムのケモタイプ精油。酢酸ゲラニルやリナロールなども含まれており、ハーバル感が強いタイム系精油にはめぐらしく薔薇を連想させるフローラル調の香りが特徴です。ゲラニオールや酢酸ゲラニルなどの含有が高いため鎮静・抗不安作用など精神面のサポートに優れた働きを持つと考えられていますし、女性領域でのサポートも期待されています。また抗菌・抗ウィルス作用を持つと考えられるため風邪などの感染症予防に有効とされ、フェノール類をほとんど含まないことから刺激が低く皮膚利用も可能な精油とされています。そのほかタイム・ゲラニオール精油に期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

レモンティーツリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンティートリーは呼び名の通り、葉からレモンに似た爽やかな香りを放つフトモモ科の樹木。レモンマートルよりもフルーティーな甘みがあるシトラス系の香りから芳香剤としても人気が高まっています。成分としてはシトラールやシロトネラールなどの含有量が多く抗菌作用や抗炎症作用が高いと考えられますから、風邪予防や呼吸器ケアとしても役立ってくれるでしょう。また昆虫忌避作用があるとされている精油でもああり、部屋のデオドランド・虫よけにも良いと言われています。レモン様の香りの元であるシトラールには鎮静作用があるという説もありストレス対策にも繋がるかもしれません。そのほかレモンティーツリー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ブルーサイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブルーサイプレスはオーストラリアヒノキと呼ばれる樹木を原料とする精油で、ジャーマンカモミールに含まれているカマズレンと同じ“アズレン誘導体”に含まれるグアイアズレン(ガイアズレンとも)を含むことから濃い青色をしていることが特徴です。香りは樹木系ですが甘さやスパイシーさを含んでおり、ストレス対策としても期待されています。またアズレン誘導体を含むことから優れた抗ウィルス作用や抗炎症作用・抗アレルギー作用などがあると考えられており、風邪やインフルエンザ予防・花粉症などのアレルギー症状軽減をはじめ、皮膚の治癒・再生促進などにも取り入れられています。そのほかブルーサイプレス精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ヒバ/アスナロ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バ精油は建材の青森ヒバなどでも馴染みのある、ヒノキ科アスナロ属樹木を原料とした和の精油。近年は「ヒノキチオール」という精油成分に幅広い抗菌作用があること・毒性が低いことが報告されたことで、食品や化粧品などにも添加されています。お部屋の空気や水回りの環境を清潔に整える働きが期待できますし、昆虫忌避作用も認められていますのでご家庭でも天然の抗菌・消臭・防虫剤として役立ってくれるでしょう。カビが気になる時期にもオススメです。檜に似たフレッシュな印象がある森林系の香りはTOPを選ばすに使用しやすく、心の緊張や疲労を軽減する働きも期待されていますよ。そのほかヒバ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シナモンバーク精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド濃度が高いこと・長期間の継続利用で毒性(肝機能障害)の危険があるクマリン類を含んでいることから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて前向きさややる気を取り戻す手助けをしてくれると考えられています。またシナモンリーフと同様に血行を促し体を温める働き・消化機能をサポートする働きなども期待されていますが、デイリー使いには適していません。ブレンド用としてごく少量加えたり、香水作りなどに活用して下さい。そのほか抗菌・抗カビ特性についてなど、シナモンバーク精油に期待される作用や使用時の注意点などについてもご紹介します。

タジェット(マリーゴールド)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

通常マリーゴールドと呼ばれるTagetes(コウオウソウ)属の植物を原料とするタジェット精油はハーブ調の中に柑橘系に似たフルーティーさを含む濃厚な香りが特徴。取扱が難しい精油とされていますが、鎮静作用によるストレス軽減効果や、タコや魚の目のケアなどに取り入れられています。伝統的に殺虫剤として用いられていた事から

Sponsored Link