防虫一覧

カーネーション・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

母の日に贈る花として馴染み深く、恋愛運アップに良いとも言われるカーネーション。香料は水蒸気蒸留の精油ではなく、溶剤抽出したアブソリュートが使われています。甘みのあるフローラル感・クローブのようなスパイシー感・草のようなグリーン感を併せ持つ濃厚な香りは香料として高く評価されていますよ。採油率が低いため入手困難かつ高価であり、アブソリュートということもありアロマテラピーでは基本的には使用されていません。芳醇で温かみのある香りはストレス軽減やリラックスに良いという説もありますが、フレグランス作りがメインと言える存在です。そのほかカーネンションアブソリュートに期待される働きや、使用時の注意点などについてもご紹介しています。

スパイクラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクラベンダーは真正ラベンダーと同属で外見もよく似た植物ですが、その香りはカンファー系寄りでのシャープな印象であることが特徴。力強い香りや他のラベンダー類よりも強靭な植物であることから「男のラベンダー」と呼ばれることもあります。真正ラベンダーと同様に神経系の鎮静や抗うつへの働きかけが期待されるリナロールも含まれていますが、スッキリとした香りからリフレッシュ用としてよく取り入れられています。カンファーや1,8-シネオールも含むことから風邪予防や呼吸器系の不調緩和のほか、血行促進効果や鎮痛・消炎作用も期待されていますよ。そのほかスパイクラベンダー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本のハーブの一つである和薄荷(ハッカ)。日本ではペパーミント・スペアミントと並んで“3大ミント”と呼ばれるほどメジャーな存在で、コーンミントやクールミントと呼ばれることもあります。和ハッカの特徴と言えるのがミント類の中でも特にスッキリとした清涼感で、その元となる精油成分l-メントールの含有率が高いことからリフレッシュ・眠気覚ましなどにも活用されています。近年はヒンヤリと感じる冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されていますね。また体臭対策・防虫効果なども期待できることから、夏場に嬉しい精油・和アロマの一つとしても注目されています。そのほか和ハッカについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シルバーファー/ヨーロッパモミ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

森の爽やかさと温かみのあるバルサム感を含む、落ち着いた印象の香りを持つシルバーファー。リフレッシュやリラックス・神経強壮などメンタル面のサポートに優れた存在とされている他、抗菌・抗ウィルス・去痰・鎮咳作用などもあるため風邪やインフルエンザ予防、呼吸器系の不調緩和などにも利用されています。ルームフレグランスを兼ねた消臭剤や防虫剤代わりとして使うのもおすすめです、そのほかシルバーファー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します

マヌカ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

蜂蜜の“マヌカハニー”がスーパーフードの1つとして知られていますが、マヌカの葉から抽出された精油も近年抗菌・抗ウィルス作用が報告され注目されています。甘さを含んだ香りが特徴で、主成分がプトスペルモン。ティーツリーと似た作用を持とされ、風邪予防や花粉症などのアレルギー対策、皮膚トラブル

オールスパイスの精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オールスパイスはナツメグ・シナモン・クローブの3つのスパイスの香りが含まれていることが名前の由来で、複雑でニュアンス感に満ちた香りから男性用・ユニセックス香水にも利用されています。オイゲノールの働きによる抗菌・抗ウイルス作用や、血液循環を改善して体を温める働き、消化機能サポートなど

キャラウェイシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイスとしても利用されるキャラウェイシードはディルやクミンと同じセリ科植物で、新石器時代の遺跡からも発見されているハーブの一つでもあります。精油は甘苦さとスパイシーさの混じった複雑な香りが特徴で、主成分はd-カルボンとリモネン。どちらも鎮静作用が期待できる成分で、気持ちを落ち着ける・りリラックス効果が期待されています。またd-カルボンは中枢神経刺激作用も期待されていますから、やる気を高めたり自信回復をサポートしてくれる可能性もありますよ。そのほか肉体面に関しては胃腸機能への働きかけや血行促進・冷え性改善・月経促進なども期待されているキャラウェイシード精油について、ハーブの紹介や使用時の注意点などもご紹介します。

ディルシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フェンネルやキャラウェイと似た外見・香りを持つディルシード。精油はミントに似たフレッシュさにスパイシーさを含む香りを持ち、主成分はd-カルボン。リモネン含有率も高めで、この2つが相乗することで高い鎮静効果・精神安定効果をもたらすと考えられています。英名dillも「鎮める/なだめる/穏やかにする」などの意味を持つ"dilla(ジーラ)"という言葉が語源だとか。そのほか消化器系・呼吸器系への働きかけなどディルシード精油に期待される作用や、ケトン類による毒性・使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link