防虫一覧

アニス/アニシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アニスシード精油はスパイスの時と同じく甘い香りがあり、柑橘系やスパイス系の香りと相性も良いのでブレンドにもよく使われています。昆虫忌避作用があるので天然成分の防虫剤としても重宝しますよ。アニスも他スパイス系精油と同様にお腹の張りや便秘ケアなど消化器系のサポートが得意な精油とされていますし、月経トラブルやPMS・更年期障害など女性の心と体の不調サポートに繋がる可能性もあると考えられています。そのほかアニスシード精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

カンファー・ホワイト/楠精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カンファー系精油の中で毒性の心配が少ないとされるカンファー・ホワイト。日本人ではクスノキ精油として販売されることも多いよう。衣装箱の防虫剤「樟脳」をイメージされる場合もありますが、あの香りはナフタリンによるもの。天然物は染み透るような香りで、刺激と鎮静の両作用から精神面の様々な不調やストレス・心因性の身体の不調改善に役立つと考えられています。呼吸器系・循環器系への刺激作用があるとされ、鼻ずまり・咳・気管支炎などの呼吸器系の不調緩和や風邪のケアにも用いられています。また主成分であるカンファーは昆虫忌避作用が高いので、虫除けスプレーとしても役立ちますよ。そのほかカンファー・ホワイトに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・シトリオドラ /レモンユーカリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・シトリオドラはレモンユーカリという別名のとおり、レモンに似た甘酸っぱさがあるハーブ系の香りが特徴の精油。ユーカリよりもレモングラスなどに近い印象で、成分としてもシトロネラールやシトロネロールが多く含まれています。このためユーカリ系の精油の中では珍しく鎮静・リラックス効果が期待されている精油でもあり、気持ちを落ち着けることが得意と考えられています。また抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用が高いとされていますから、風邪予防や空気清浄用としても役立ってくれるでしょう。昆虫忌避性が高く、好き嫌いのない香りのため虫除けスプレーなどの用途でも人気があります。そのほかユーカリ・シトリオドラに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シダーウッド・バージニアン/レッドシダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シダーウッドバージニアは名前に“シダー”と付くものの、マツ科ではなくヒノキ科に分類される樹木を原料とした精油です。香りはややバルサミック感のあるヒノキと言った印象で、温かみのある香りは心を落ち着けさせ安心感を与えてくれるとも言われています。肉体面に関してはリンパの流れを良くする働き・利尿作用が期待できることからむくみ改善やセルライトケアなどに取り入れられています。女性ホルモン(エストロゲン)様作用を持つとされるため妊娠中などの使用は出来ませんが、殺菌消毒作用や昆虫忌避作用に優れることからハウスキーピングにも広く用いられています。そのほかシダーウッドバージニア/レッドシダー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

パチュリー/パチョリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

墨汁のようなとも称される独特なスモーキー調の香りから、好き嫌いがくっきり分かれるパチュリー(パチョリ)精油。精油は心を落ち着けるサポートに用いられるほか、リンパの巡りを整える・食欲抑制作用が期待できることからダイエット中のサポートにも取り入れられています。またスキンケア面においても柔らかくハリのある肌に導く働きが期待され、抗菌・抗真菌作用などもあることから皮膚トラブル対策にも注目されています。そのほかパリュリー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ヒノキ/檜の精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本人にはお風呂や高級建材としてもお馴染みのヒノキ(檜/桧)。精油もどこか懐かしさを感じるような親しみのある木の香りで、芳香商品が苦手な男性やお年寄りにも受け入れられやすい存在とも言われています。成分的にも森林浴効果やリラックス・強壮作用が期待されるαピネンを主成分とするため、ストレス対策としてやリラックス用として優れた働きが期待されています。また血行促進や鬱滞除去作用から女性に多い冷え性・むくみなどの緩和に、防ダニ・抗アレルギー作用からお部屋を綺麗に保つ手助けなど、幅広く活用できる精油と言えるでしょう。そのほか肌・頭皮のケアなどにも利用されているヒノキ精油に期待される様々な働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

シナモンリーフ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

甘くスパイシーな芳香から「スパイスの王様」と称されることもあるシナモン。樹皮は生薬「桂皮/肉桂」としても冷え性改善や消化機能向上など用いられており、葉を原料としたシナモンリーフ精油も同様に冷えによる消化器系の不調・関節痛の緩和などに用いられます。刺激・高揚作用もあるので気持ちが落ち込みがちな時にも適していると考えられていますし、集中力を高める働きも期待されています。オイゲノールの働きからカビ対策にも役立つので鬱々とした梅雨時期にも適していますよ。そのほか風邪予防などシナモンリーフの精油に期待される働きや、樹皮を原料としたシナモンバーク・近縁種のシナモンカッシアとの違いや使用時の注意点などもご紹介します。

クローブバッド精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

釘に似た形が特徴的で、スパイスやハーブとしても利用されるクローブ。クローブバットの精油はクローブの花(蕾)が原料で、甘さと苦味の混じったスパイシーな香りが特徴です。人によっては「歯医者さん」を思い浮かべるとも言われるように、歯科要約剤などにも使われています。主成分であるオイゲノールには抗菌・抗ウイルス作用や免疫賦活作用が報告されていますし、加温作用により体を温める働きも期待されているため風邪などの感染症予防に取り入れられています。また精神面へは刺激・高揚作用があり、集中力アップや気持ちを明るくする働きも期待されていますよ。そのほかクローブバット精油に期待される頭痛・歯痛・生理痛の緩和などの働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link