鎮痛

5/6ページ

【アロマ】タラゴン/エストラゴン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

アニスに似た甘い芳香が特徴のハーブ、タラゴン。フランス語由来のエストラゴンとも呼ばれています。精油の主成分はエストラゴールを筆頭としたフェノールエーテル類で、消化機能サポートのほか生殖器系の強壮作用を持つ可能性がある精油にも数えられています。女性領域でのサポートや、抗菌・抗ウィルス

【アロマ】フランキンセンス(乳香/オリバナム)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

レモンのような爽やかさ含んだ香りが特徴のフランキンセンス。オリバナムもしくは日本では“乳香”とも呼ばれています。世界屈指の歴史を持つ薫香の一つで、精神的な部分でのサポートやスキンケア精油としても注目されている存在。様々なフランキンセンスの効能が囁かれていますが、精油に含まれない

【アロマ】ジンジャー(生姜)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

世界中でスパイスとして利用されているジンジャー(生姜)。精油はウッディー調とスパイシーさの入り混じった印象で、私達の思う生姜のイメージとは異なる香りです。作用成分は違いますが、精油も食材のショウガと同様に血行促進・加温作用によって体を温める働きが期待されていますよ。殺菌作用

【アロマ】ラバンジン(ラバンディン)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ラベンダー調の香りを作るために使われることでも知られるラバンジン。力強くシャープ香りはカンファーによる所が大きく、鎮痛作用によって筋肉痛・関節痛・リウマチなどのケアに対してはラベンダーより高い効果が期待されています。安価なラベンダー風香料と考えられた時期もありますが、近年は

【アロマ】クラリセージ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

芳醇でフルーティーな香りを持つクラリセージ。精油は酢酸リナリルとリナロールの含有率が高くストレスケアや不眠対策に期待されているほか、更年期障害など女性ホルモンの乱れに起因する精神的な不調軽減に役立つ可能性も注目されています。エストロゲンと似た構造を持つ「スクラレオール」を含む

【アロマ】スイート・マジョラム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

肉と相性の良いハーブとしても親しまれているマージョラム。精油はほのかに苦くスパイシーさを感じる香りが特徴で「心を温める精油」とも称されています。神経系の緊張を緩めてリラックスさせる事が得意な精油と考えられているほか、体を温める働きや痛みを緩和する働きも期待され、冷え性や生理痛

【アロマ】レモングラス精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

レモングラスは呼び名の通りレモンに似た柑橘系の爽やかさと、ハーブ調のグリーンな香りの両方を楽しめるハーブ。アーユルヴェーダで活用されてきたハーブでもあり、鎮静作用や解熱作用を持つとされています。精油成分としてもシトラールには鎮静作用が期待されていますし、胃腸サポートや風邪予防

【アロマ】スペアミント精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

スペアミントはペパーミントよりも甘い、ハッカ菓子を連想させるマイルドな清涼感が特徴。精油成分についてもカルボンが主成分で、ストレス対策やリラックスしたい時にも合いますよ。香りだけではなく作用も穏やかな部類で扱いやすい精油とされており、風邪予防・夏バテや胃腸の調子が悪い時など

1 5 6