鎮痛一覧

タラゴン/エストラゴン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タラゴンもしくはフランス語から「エストラゴン」と呼ばれるハーブは、アニスに似ていると称される甘い芳香が特徴。精油の主成分はエストラゴールを筆頭としたフェノールエーテル類で、消化機能サポートのほか生殖器系の強壮作用を持つ可能性がある精油として無月経・生理不順・生理痛など女性特有の不調軽減効果が期待されています。心を刺激して活力を与えると言われていることと合わせてPMSや更年期障害の不調にも役立ってくれるでしょう。その他に花粉症緩和、血行促進による冷えの改善、抗菌・抗ウィルス作用による風邪やインフルエンザ予防対策などタラゴンの精油に期待される働き、エストラゴールに指摘されている毒性や刺激性・使用時の注意点などをご紹介します。

フランキンセンス/乳香/オリバナム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

イエス・キリスト誕生時に東方三博士が黄金、ミルラ(没薬)とともに捧げたと伝えられるフランキンセンス。オリバナムもしくは日本では“乳香”という名でも知られています。微かにレモンのような爽やかさを持つ神秘的な香りは鎮静効果に優れていることから古来より瞑想にも利用され、金と同等以上に価値あるものとして扱われていたとも言われています。バルサム系精油ですが癖のなくスッキリとした香りですし、α-ピネンやリモネンなど抗菌作用を持つ成分が多いので空気浄化にも役立ちますよ。そのほか近年ではスキンケア・アンチエイジングにも注目されているフランキンセンス精油や期待されている作用について、また使用時の注意点などをご紹介します。

月桃(ゲットウ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

沖縄県の特産品でサンニンとも呼ばれる月桃。赤ワインの34倍のポリフェノールが含まれているアンチエイジング植物として話題となり、精油やフローラルウォーターも高い抗酸化作用や収斂・保湿作用があると考えられてることから敏感肌・エイジングケア用など様々なタイプの化粧品に配合されています。精油成分としてはテルピネン4オールや1,8-シネオールが多く含まれていることが特徴で、成分の働きから抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待できる精油として風邪予防や花粉症対策にも注目されています。鎮静・神経強壮作用を持つとも言われていますから、ストレス軽減や集中力アップに繋がるという説も。そのほか月桃精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ジンジャー/生姜精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

世界中でスパイス・薬味として利用されているジンジャー(生姜)。日本にも3世紀頃に中国から伝えられ生薬として大切にされていましたし、近年でも体を温める働きが知られ温活・冷えとり商品などで定番と言える存在。ジンジャー精油はややウッディー調の印象を持つ「生姜」のイメージとは異なる強くスパイシーな香りですが、食材としてのショウガと同様に血行促進・加温作用による体を温める働きが期待されていますよ。殺菌作用と合わせて風邪予防や、胃腸の調子を整える働きもあると考えられています。そのほか気持ちを明るくしたり集中力・記憶力アップを促すなど、ジンジャー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ラバンジン(ラバンディン)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラベンダー調の香りを作るために使われることでも知られるラバンジン。安価なラベンダー風香料・偽和剤というマイナスイメージがあった時期もありますが、近年はそのスッキリと力強い香りや成分を持つことが認められ、アロマテラピーでも一つの種として評価されています。男性向け化粧品に用いられることが多い理由でもあるラバンジンのシャープ香りはカンファーによる所が大きく、リフレッシュ効果や鎮痛作用も期待されていますよ。特に筋肉痛・関節痛・リウマチなどのケアに対してはラベンダーより高い効果が期待できるという声も多く、コスパの良さから虫除けや空気清浄用としても使用されています。そのほかラバンジン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

クラリセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フルーティーさとハーバル感を併せ持った香りが特徴のクラリセージ。マスカットワインの香り付けにも利用されるためマスカット・セージとも呼ばれています。セージ類の精油の中では扱いやすこと・優しく温かみのある香りから需要も多い精油ですよ。成分としては酢酸リナリルが多く含まれており、優れた鎮静作用と高揚作用で精神を安定させる働きが期待されています。またエストロゲンと似た構造を持つスクラレオールを含むことから、子宮強壮やホルモンバランス調整にも役立つとして月経不順・PMS・更年期障害など女性の不調軽減にも取り入れられています。そのほか不眠対策や頭痛対策・皮膚利用についてなど、クラリセージ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

スイート・マジョラム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

肉のハーブとも言われる通りイタリアンなどでよく料理に使われているハーブ、マジョラム。ほのかに苦くスパイシーさを感じる香りを持つ精油は「心を温める精油」と称されることもあるように、精神面に対して高い効果が期待されています。また体を温める働きや痛みを緩和する働きもあり、冷え性や生理痛などの冷えにより悪化する痛みの軽減にも取り入れられることがあります。神経系の緊張を解きほぐしリラックス状態へと導く働きが期待できるため、不眠の軽減や消化器系の不調があるときのサポートとしても適しているでしょう。そのほか皮膚利用についてなど、マジョラム・スイート精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

レモングラス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイ料理をはじめアジア圏で料理用ハーブとしても使われているレモングラス。呼び名の通りシトラールを含みレモンに似た爽やかな香りが特徴の精油です。サッパリとした香りは高揚作用を持つとされているほかリフレッシュ効果も高いことから仕事中・運転中の香りとしても適していますし、防虫・消臭作用があることと合わせてお部屋の芳香剤としてもよく用いられます。また気持ちを冷静にする働きや解熱作用を持つことから“冷やすハーブ”とも称されており、シトラールには抗菌・抗真菌・抗炎症作用もあるため風邪予防・初期症状ケアとしても用いられています。そのほかレモングラス精油に期待される作用や、皮膚刺激性など使用時の注意点についてご紹介します。

Sponsored Link