鎮痛一覧

タイム・チモール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・チモールはコモンタイムが原料であり、フェノール類のチモールを多く含むケモタイプ精油です。皮膚刺激性・肝毒性があるので取扱に注意が必要とされている反面、高い殺菌・抗菌作用を持つ“強力な抗感染剤”として用いられることもあります。またチモールやパラシメンなどを含むことから筋肉・関節などの痛みを軽減させる働き

タイム・パラシメン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・パラシメンはコモンタイムを原料とし、モノテルペン炭化水素類のパラシメン(P-シメン/p-サイメン)を多く含むケモタイプ精油でシトラス様の甘さ・爽やかさが特徴とされています。フェノール類(チモール、カルバクロール)の含有も高いので殺菌・抗ウィルス作用が期待されていますが、皮膚を刺激する可能性があるため注意

レモンティーツリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

呼び名の通り外見がティーツリーに似てレモンのような香りを持つことが特徴のレモンティーツリー。シトラールやシロトネラールなどの含有量が多いことから抗菌作用や抗炎症作用が高いと考えられ、風邪予防や呼吸器系ケアに効果が期待されています。また昆虫忌避作用があるとされている成分でもあるため、お部屋のデオドランド・虫よけ

フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

南国を連想するような甘くフローラルな香りのフランジュパニ(プルメリア)アブソリュート。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されています。血行不良や冷え性軽減に良いとも言われていますが血圧降下

スパニッシュセージ/ラベンダーセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

「ラベンダーセージ」とも呼ばれるスパニッシュセージですが、フローラルなラベンダー調というというよりは清涼感が強くローズマリーなどに近いとも言われています。精油は1,8-シネオールとカンファーの含有量が高く、抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待されることから風邪予防や空気清浄によく用いられます。リフレッシュ用に

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

麝香(ムスク)に似た香りの種子から採油されるアンブレッドシード。アロマテラピーというよりは香水・香料としての利用が主体ですが、植物性ムスクのため動物保護的な観点からも注目されています。甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあると考えられていますし、女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用も報告され

ブラックスプルース精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブラックスプルースは和名を黒唐檜(クロトウヒ)と言うマツ科植物で、精油としてはマイナーな部類ですが近年アトピー性皮膚炎などの皮膚炎症抑制効果・副腎機能を高め甲状腺機能亢進症(バセドウ病)のケア効果が期待できる精油として注目されています。力強い森の香りはリラックス用としても利用できますし、風邪やインフルエンザ予防

ロザリーナ/ラベンダーティトリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロザリーナはオーストラリア原産のフトモモ科メラレウカ属を原料とし、ラベンダーに似た香りを持つティーツリーの近縁種のため「ラベンダーにティートリー」とも呼ばれています。成分的には鎮静・抗不安作用を持つリナロールと、抗菌・抗ウイルス作用・抗炎症作用・免疫調整作用のある1.8-シネオールが多く、リラックス用や風邪予防

Sponsored Link