鎮痛一覧

ターメリック精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやカルダモンと共にカレーの材料として知られるターメリック。ポリフェノールの一種であるクルクミンによる肝臓の保護・回復効果や認知症予防などでも注目されているスパイスです。香辛料としても精油としても一般的に「ターメリック」と呼ばれているものは秋ウコンと呼ばれる種類(学名:C. longa)が使用されています。精油はスパイシーさとウッディー感のある温かい香りが特徴で、心に対しての刺激・強壮作用や消化機能サポートなどに役立つと考えられています。そのほか集中力向上・関節痛や神経痛などの緩和などにも効果が期待されていますが、カンファーなどのケトン類をはじめ様々な微量成分が含まれているため刺激性・毒性・感作作用なども指摘されている精油でも

ホップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ビールの材料としてお馴染みのホップ。シュメール文明期には既に野生のポップと大麦を使って自然発酵させたビールの原形があったと言われるほど人との関わりが深く、また嗜好品としてではなく薬としても用いられていたと伝えられています。中世ヨーロッパのハーブ辞典にはホップの鎮静効果も記されており、現在でもドイツのコミッションEなどで認められています。ホップ精油は日本では非常にマイナーな存在ですが、鎮静作用や小鎮痛・抗炎症作用が期待できるとして欧米を中心に取り入れられているそう。ただし香気成分については未解明な部分も多く、常用すると逆に鬱症状の原因となる可能性がある・皮膚刺激性の強い精油であるという説もあります。エストロゲン様作用なども不明瞭なので

アジョワン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやキャラウェイなどと同くセリ科のスパイスであり、アーユルヴェーダを代表するハーブの1つにも数えられるアジョワン。スパイシーさとハーバルさを併せ持つな香りですが、精油はモチールなどのフェノール類含有量が高く刺激性・毒性が高いと考えられるためアロマテラピーではほとんど用いられていません。しかし強い殺菌効果と抗真菌・抗ウィルス作用が高いことから風邪などの予防に、また刺激・覚醒作用があるとされ気持ちを高めたい時や前向きさを取り戻したい時のサポートに役立つのではないかとも

タイム・チモール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・チモールはコモンタイムが原料であり、フェノール類のチモールを多く含むケモタイプ精油です。皮膚刺激性・肝毒性があるので取扱に注意が必要とされている反面、高い殺菌・抗菌作用を持つ“強力な抗感染剤”として用いられることもあります。またチモールやパラシメンなどを含むことから筋肉・関節などの痛みを軽減させる働き

タイム・パラシメン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・パラシメンはコモンタイムを原料とし、モノテルペン炭化水素類のパラシメン(P-シメン/p-サイメン)を多く含むケモタイプ精油でシトラス様の甘さ・爽やかさが特徴とされています。フェノール類(チモール、カルバクロール)の含有も高いので殺菌・抗ウィルス作用が期待されていますが、皮膚を刺激する可能性があるため注意

レモンティーツリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

呼び名の通り外見がティーツリーに似てレモンのような香りを持つことが特徴のレモンティーツリー。シトラールやシロトネラールなどの含有量が多いことから抗菌作用や抗炎症作用が高いと考えられ、風邪予防や呼吸器系ケアに効果が期待されています。また昆虫忌避作用があるとされている成分でもあるため、お部屋のデオドランド・虫よけ

フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

南国を連想するような甘くフローラルな香りのフランジュパニ(プルメリア)アブソリュート。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されています。血行不良や冷え性軽減に良いとも言われていますが血圧降下

スパニッシュセージ/ラベンダーセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

「ラベンダーセージ」とも呼ばれるスパニッシュセージですが、フローラルなラベンダー調というというよりは清涼感が強くローズマリーなどに近いとも言われています。精油は1,8-シネオールとカンファーの含有量が高く、抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待されることから風邪予防や空気清浄によく用いられます。リフレッシュ用に

Sponsored Link