鎮痛一覧

レモンティーツリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンティートリーは呼び名の通り、葉からレモンに似た爽やかな香りを放つフトモモ科の樹木。レモンマートルよりもフルーティーな甘みがあるシトラス系の香りから芳香剤としても人気が高まっています。成分としてはシトラールやシロトネラールなどの含有量が多く抗菌作用や抗炎症作用が高いと考えられますから、風邪予防や呼吸器ケアとしても役立ってくれるでしょう。また昆虫忌避作用があるとされている精油でもああり、部屋のデオドランド・虫よけにも良いと言われています。レモン様の香りの元であるシトラールには鎮静作用があるという説もありストレス対策にも繋がるかもしれません。そのほかレモンティーツリー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フランジュパニは別名“プルメリア”とも呼ばれ、ジャスミンに似た甘くフローラルな香りを持つ熱帯の植物。アブソリュートはより濃密な、南国を連想するような濃厚なフローラル調で、リラックスタイムの演出や香水作りなどに役立ちます。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されていますよ。冷所で保存すると固形化する可能性がありますが、ブレンドしやすい香りでもあるのでフローラル系の香りが好きな方には自分へのご褒美として楽しんでみて下さい。そのほかフランジュパニに期待される作用や使用時の注意点などもご紹介します。

スパニッシュセージ/ラベンダーセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパニッシュセージは別名ラベンダーセージとも呼ばれていますが、ラベンダー調と聞いてイメージする香りというよりは清涼感が強くローズマリーなどに近い香りを持つことが特徴。また芳香関係ではスパニッシュセージをラベンダーセージと呼ぶことが多いですが、園芸植物としては花の形状がラベンダーに似ている“Salvia cv. Indigo Spires”のことを指すのが一般的のため注意が必要です。精油は1,8-シネオールとカンファーの含有量が高いことが特徴で、抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待できる精油として空気清浄・風邪予防にも活用されていますよ。そのほかスパニッシュセージの精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンブレットは熱帯アジアが原産のアオイ科植物で、ムスクシードとも呼ばれるように麝香(ムスク)に似た香りを持つ種子を付けることが特徴。原産地であるアジアではスパイスとしても利用されてきた植物の一つであり、近年は植物性のムスク様香料として動物保護観点からも注目されています。抽出される精油はアロマテラピーにというよりは香水・食品香料としての利用が主体ですが、甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあるとも言われていますよ。また女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用が見られたという報告もあるため、女性の美と健康サポートにも期待されています。そのほかアンブレットシード精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ブラックスプルース精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブラックスプルースは和名を黒唐檜(クロトウヒ)という、マツ科トウヒ属の植物。精油としてはマイナーなものの、近年アトピー性皮膚炎などの皮膚炎症抑制や、副腎機能を高め甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ケアに対する有効性が報じられたことから一部で注目されています。香りは樹木系と言うよりも“森”という力強さがあり、複雑かつ濃密な香りのため好き嫌いが別れるところ。そのほかブラックスプルースについてや、その精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ロザリーナ/ラベンダーティトリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロザリーナはオーストラリア原産のフトモモ科メラレウカ属を原料とし、ラベンダーに似た香りを持つティーツリーの近縁種のため「ラベンダーティートリー」とも呼ばれています。成分的には鎮静・抗不安作用を持つリナロールと、抗菌・抗ウイルス作用・抗炎症作用・免疫調整作用を持つとされる1.8-シネオールが多く含まれており、リラックスとしてのほか風邪予防にも役立つと考えられています。そのほかロザリーナ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シルバーファー/ヨーロッパモミ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

森の爽やかさと温かみのあるバルサム感を含む、落ち着いた印象の香りを持つシルバーファー。リフレッシュやリラックス・神経強壮などメンタル面のサポートに優れた存在とされている他、抗菌・抗ウィルス・去痰・鎮咳作用などもあるため風邪やインフルエンザ予防、呼吸器系の不調緩和などにも利用されています。ルームフレグランスを兼ねた消臭剤や防虫剤代わりとして使うのもおすすめです、そのほかシルバーファー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します

マヌカ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

蜂蜜の“マヌカハニー”がスーパーフードの1つとして知られていますが、マヌカの葉から抽出された精油も近年抗菌・抗ウィルス作用が報告され注目されています。甘さを含んだ香りが特徴で、主成分がプトスペルモン。ティーツリーと似た作用を持とされ、風邪予防や花粉症などのアレルギー対策、皮膚トラブル

Sponsored Link