鎮痛一覧

ホワイトバーチ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

白樺エキスが血行促進・老廃物排泄促進に役立つと紹介された関係もあり、美容面で注目されるホワイトバーチ精油。セルライトケアに適しているのは若芽から採油された精油ですが、流通しているホワイトバーチ精油は木部から抽出した天然タールを蒸留したもの。サリチル酸メチルを含むため鎮痛に役立つ反面

セントジョーンズワート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

セントジョーンズワートは別名ハッピーハーブとも呼ばれ、抗鬱作用が期待できるとしてハーブティーやサプリメントとして利用される植物。抽出された精油は甘みを持ったハーバルな香りが特徴ですが、流通量が少なく高価なことからマイナーな存在。α-ピネンなどの精油成分を含んでいることから精神面のサポートとして、PMSや更年期障害など女性特有のイライラ緩和にも役立つのではないかと考えられていますよ。そのほかセントジョーンズワート精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

リンデン/アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リンデンはリラックス用のハーブティーとしても使われている植物で、リンデンフラワー(ライムフラワー)から精製されるアブソリュートもまた芳醇な花の香りからリラックス効果が期待されています。フローラル調とグリーン調の混ざった繊細な香りは、甘すぎずサッパリした印象なので男性にも支持されやすいそう。香水や化粧品の原料としても重宝されています。ゆったり優雅なリラックスタイムを演出してくれるリンデン・アブソリュートについて期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

バイオレット/スミレ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

西洋ではローズやラベンダーと並ぶ香料として親しまれきた歴史を持つバイオレット(ニオイスミレ)。古くから花の香りによる鎮静効果も知られており、興奮を落ち着けるときや就寝用としても古くから利用されてきたのだとか。花から香りを抽出したバイオレッドアブソリュートは採油量が少なく高級ですし、アブソリュートですのでアロマテラピーとして用いられることは少ない存在。しかし優れた鎮静作用が期待されており、ストレス・怒り・イライラなどの軽減や不眠対策に役立つと考えられています。また穏やかな鎮痛作用や利尿・発汗・循環器系刺激作用からむくみや血行不良・冷え性などに有効とする説もあるバイオレット精油についてや、使用時の注意点などをご紹介します。

ラベンサラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラベンサラは学名Ravensara aromaticaというマダガスカル固有植物の葉を原料とする精油で、アニスに似た甘さを含むややスパイシーな香りが特徴。。ラヴィンサラと混同されてきた歴史から曖昧な点も多いですが、、鎮静作用があると考えられています。リモネンやテルピネン4オールなど抗菌・抗ウィルス作用のある成分も多いので、風邪やインフルエンザ予防にも効果が期待出来されています。そのほかに鎮痛や筋肉の痙攣を抑えるなど、ラベンサラ精油に期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

ウインターグリーン精油/冬緑油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ウインターグリーンは英名チェッカーベリー、和名ヒメコウジと呼ばれるツツジ科植物。精油(冬緑油)は甘さのある消毒液っぽい香りで、サリチル酸メチルを含むことが特徴。アスピリン様作用=抗炎症・解熱鎮痛を持つと考えられており、筋肉痛や神経痛など緩和効果が期待されています。また、痩身用にも注目されていますが、毒性・刺激性が高いため長時間の芳香浴や高濃度での使用は厳禁。そんな取り扱いが難しいウインターグリーン精油について、期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

バレリアン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バレリアンは古代ギリシア時代から神経の高ぶりを抑えて、眠りに導いてくれるハーブとして用いられていた歴史があり、古くは「オールヒール(全てが治る)」や「神様の睡眠薬」とも呼ばれたハーブ。ハーブやサプリメントと比べるとバレリアン精油というのはマイナーな存在ですが、イソ吉草酸バレレニル・バレレノール・バレレナールなどの特徴成分の働きからメンタル面のサポートに役立つと考えられています。そのほか睡眠サポートなどバレリアン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズウッド精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹

ローズウッドはバラに似た香りが特徴のクスノキ科の樹木。かつては頻繁に精油が用いられていましたが、現在は絶滅が危惧されており、ホーリーフなどで代用することも増えています。精油の主成分は中枢神経に働きかけることで鎮静・高揚両作用を持つとされるリナロール。心のバランスを整える手助けが得意な精油に数えられますが、感染症予防や肌のエイジングケア・皮膚炎症のケアなど幅広い効果が期待されていますよ。そんなローズウッド精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link