精神安定

7/8ページ

【アロマ】ローズ・オットー精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

薔薇から水蒸気蒸留されたローズ・オットーは皮膚に使う場合の安心感が高いことからスキンケアに適していること、フレッシュなバラの花の香りに近いエレガントな香りが特徴。華やぐ香りと合わせて心のサポートにも効果が期待されていますし、PMS・更年期障害・月経不順など女性領域のサポートに

【アロマ】ローズ・アブソリュート
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

濃密なバラの香りが楽しめるローズアブソリュート。溶剤抽出されているため皮膚利用については賛否が分かれますが、アブソリュートに含まれているフェニルエチルアルコールには抗うつ作用を持つ可能性も報告されています。民間療法では月経トラブルや更年期障害など女性領域でのケアにも使用

【アロマ】バジル・リナロール精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

食材・ハーブとしてもお馴染みのバジル。いくつかのケモタイプが存在し、その中でリナロールの含有率が高い「バジル・リナロール」が最も扱いやすくポピュラーな存在。主成分であるリナロールは人体に対する有用性について研究が行われており、ストレス対策や自律神経サポート、鎮痛抗炎症

【アロマ】プチグレン精油
-植物の特徴・精油に期待される効果効能とは?

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれており、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含む香りが特徴です。心のバランスを整えるのが得意な精油と考えられ、自律神経の乱れや不眠の軽減にも効果が期待されていますよ。ちなみに他柑橘類の枝

【アロマ】マンダリン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

マンダリンオレンジよりもみかんに近い柑橘類で、精油はオレンジスイートよりもフローラルで華やかな印象の香りです。精油成分としてはリモネンの含有量が高いことから、リラックスや安眠・消化機能のサポートにも活用されています。リモネンとγ-テルピネンの働きによって抗菌作用が期待できる

【アロマ】ヤロウ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ヤロウはカモミールジャーマンと同じくアズレン誘導体(カマズレン)を含む濃い青色をしていることが特徴で、抗アレルギー作用・抗炎症作用や皮膚組織再生促進作用など皮膚ケアに役立つ可能性があると注目されています。香りはスパイシーを含んだ濃厚なハーバル調で、重い印象があるので好き嫌いが

【アロマ】クラリセージ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

芳醇でフルーティーな香りを持つクラリセージ。精油は酢酸リナリルとリナロールの含有率が高くストレスケアや不眠対策に期待されているほか、更年期障害など女性ホルモンの乱れに起因する精神的な不調軽減に役立つ可能性も注目されています。エストロゲンと似た構造を持つ「スクラレオール」を含む

【アロマ】ベルガモット精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系の爽やかさとフローラル感の混じった、柔らかく上品な香りを持つベルガモット。紅茶アールグレイの香りとしても有名ですね。柑橘類精油では唯一“酢酸リナリル”を含んでおり、精神や神経バランスを整える働きに優れた精油としても注目されています。そのほか消化器トラブル緩和、抗菌・抗ウィルス

1 7 8