精神安定一覧

タイム・ツヤノール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ツヤノールはコモンタイム(タチジャコウソウ、T. vulgaris)を原料していますがツヤノールという成分を多く含む精油で、香りとしてはミントのような爽やかさとほのかな甘さが特徴。ツヤノールを筆頭に抗感染症作用や免疫強壮作用などが期待されるモノテルペンアルコール類を多く含むため、風邪やインフルエンザ予防

タイム・ゲラニオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ゲラニオールはモノテルペンアルコール類のゲラニオールを多く含むタイム(T. vulgaris)のケモタイプ精油で、薔薇を連想させるフローラル調の香りが特徴。酢酸ゲラニルやリナロールなども含まれていることから精神面のサポートに高い効果が期待されており、刺激性が低いので適切に希釈すれば皮膚利用も可能

シベリアモミ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロシアでは“伝統療法の万能薬”とも呼ばれているシベリアモミを原料とした精油は、カンファー感がありファー系精油の中でもスッキリとした香りが特徴。他モミ系の精油と同様にα-ピネンやリモネンを多く含むことからメンタルバランスを整える働きや強壮、風邪・インフルエンザ予防に役立つと考えられています。また血行を促進する成分

キンモクセイ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

どこかノスタルジックな甘くスパイシーな香りを持つキンモクセイアブソリュート。あまり流通しておらずアロマテラピーでもほぼ用いられませんが、リナロールやゲラニオールが含まれていることから鎮静・抗うつ・抗不安などの働きが期待されています。また食欲を促す物質(オレキシン)を減少させるという報告があることからダイエットに

フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

南国を連想するような甘くフローラルな香りのフランジュパニ(プルメリア)アブソリュート。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されています。血行不良や冷え性軽減に良いとも言われていますが血圧降下

ダバナ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インド原産で植物としてはヨモギと近い種になりますが、洋酒のようなフルーティーで芳醇な香りを持つダバナ。香水原料としての需要が高く、皮膚に付くことで人によって異なった芳香を放つとも言われています。香りの働きとしてはメンタルバランスを整える・喉の不調緩和などの効果が期待されていますが、デイリー使いよりも手作り香水用

ヘムロックスプルース/ツガ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スプルース系精油の中では比較的メジャーなヘムロック(ツカナダツガ)は、同じ北アメリカ原産のブラックスプルースよりも明るく爽やかな印象のある香りが特徴。緊張を和らげたり自律神経のバランスを整える・強壮などに役立つ香りと考えられている他、疲労回復や冷え性・循環不全の改善・呼吸器系トラブルや風邪予防などにも効果が期待

レモンマートル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンマートルはユーカリやティートリーと同じオーストラリア原産のフトモモ科樹木です。特徴はシトラールの含有率が90%以上と全精油類トップクラスで、レモンよりもレモンを感じさせるフレッシュな柑橘系の香りを持ちリフレッシュ効果が高いとされていますし、精神安定のほか。また高い抗菌作用や抗炎症・免疫力調整効果なども期待

Sponsored Link