消化器系

6/8ページ

【アロマ】エレミ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

エレミはカンラン科樹木の樹脂を原料とする精油で、レモンやパイナップルなどに例えられる爽やかな芳香が特徴。リモネン含有量が高く、消化器系のサポート、免疫力向上・抗菌・抗ウィルス作用から風邪やインフルエンザ予防に効果が期待されています。気持ちを落ち着けてリラックスする手助けを

【アロマ】ミルラ(没薬)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

世界で歴史ある薫香の1つとも称されるミルラ。キリスト誕生時に捧げられた没薬もミルラのことを指します。精油は甘くスモーキーな香りが特徴で、鎮静作用と高揚作用によって心のバランスを整える働きが期待できる精油に数えられています。また抗炎症作用がある・シワ対策などエイジングケアに

【アロマ】レモンバーベナ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

呼び名の通りレモンや柑橘系を連想させる、スッキリとした中に甘さを含む香りが特徴的なレモンバーベナ。精油は化粧品類や食品類の香料としても利用されおり、主成分はリモネンやシトラールなどで消化機能のサポートや風邪予防に役立つと考えられています。鎮静作用が期待できる成分が多く、スッキリ

【アロマ】ベチバー精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

湿った土のような臭いとも称され好き嫌いが別れるベチバー精油。インドでは宗教的儀式やアーユルヴェーダで使用され、現在でも「安静のオイル」と呼ばれ瞑想時の香りにも使われています。また血行促進や軽い通経作用による月経トラブルの緩和、皮膚の再生促進作用や皮脂分泌調整作用による美肌

【アロマ】カルダモン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系をスパイシーにしたよう複雑かつ爽やかな香りを持つカルダモン。紀元前から香料・生薬として人々に愛されてきた歴史があり、現在もリラックス効果や1,8-シネオールによる抗菌作用が期待されています。伝統的に消化器サポートに使用されてきたハーブのため胃腸サポートに良いという声もあり

【アロマ】バジル・リナロール精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

食材・ハーブとしてもお馴染みのバジル。いくつかのケモタイプが存在し、その中でリナロールの含有率が高い「バジル・リナロール」が最も扱いやすくポピュラーな存在。主成分であるリナロールは人体に対する有用性について研究が行われており、ストレス対策や自律神経サポート、鎮痛抗炎症

【アロマ】プチグレン精油
-植物の特徴・精油に期待される効果効能とは?

プチグレンの精油は、ビターオレンジの枝葉が原料で、ネロリにも通じるような軽やかさを持つウッディー系の香りが特徴です。精油成分としては、ラベンダーに多く含まれている酢酸リナリルとリナロールが比較的多いことが特徴。鎮静作用が期待できるため、ストレス対策やリラックス用にも役立ってくれるでしょう。そのほかプチグレンの精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

【アロマ】マンダリン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

マンダリンはオレンジとは別種の、ぽんかんに近い柑橘類。精油はスイートオレンジをライトにしたような、爽やかさが強めのオレンジといった香り。リモネン含有量が高く、鎮静・リラックス用に利用されています。そのほか抗菌作用など、マンダリン精油に期待される働き、使用時の注意点などをご紹介します。

1 6 8