消化器系

6/7ページ

【アロマ】レモンバーベナ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ハーブティーの材料としても使われているレモンバーベナ。呼び名の通りレモンに似た爽やかさと、どことなくフローラル感もある香りが特徴的です。昆虫忌避作用、特に蚊よけの効果が期待できることから、虫除けアロマとしても使われています。明るい香りはルームアロマとして香らせるのもオススメ。そのほかレモンバーベナ精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

【アロマ】ベチバー精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

好き嫌いが分かれる、湿った土の中のような独特の香りを持つベチバー。時間経過によって香りが熟成していく性質の精油の1つであり、伝統的な使用や、抗不安作用を持つ可能性が報告されていることからメンタルサポートにも取り入れられています。そのほか抗酸化や美白など、ベチバーの精油に期待されている作用、使用時の注意点などをご紹介します。

【アロマ】カルダモン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系をスパイシーにしたよう複雑かつ爽やかな香りを持つカルダモン。紀元前から香料・生薬として人々に愛されてきた歴史があり、現在もリラックス効果や1,8-シネオールによる抗菌作用が期待されています。伝統的に消化器サポートに使用されてきたハーブのため胃腸サポートに良いという声もあり

【アロマ】バジル・リナロール精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

バジル・リナロールは食材・ハーブとして馴染みのあるバジルよりも、少し甘くハーバルな香りの精油です。リナロール含有率が高く扱いやすいことからバジル形成油の中では最もポピュラーで、ストレス対策やリラックスなどにも役立つと考えられています。そのほかバジル・リナロール精油に期待される作用や理由、使用時の注意点などをご紹介します。

【アロマ】プチグレン精油
-植物の特徴・精油に期待される効果効能とは?

プチグレンの精油は、ビターオレンジの枝葉が原料で、ネロリにも通じるような軽やかさを持つウッディー系の香りが特徴です。精油成分としては、ラベンダーに多く含まれている酢酸リナリルとリナロールが比較的多いことが特徴。鎮静作用が期待できるため、ストレス対策やリラックス用にも役立ってくれるでしょう。そのほかプチグレンの精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

【アロマ】マンダリン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

マンダリンはオレンジとは別種の、ぽんかんに近い柑橘類。精油はスイートオレンジをライトにしたような、爽やかさが強めのオレンジといった香り。リモネン含有量が高く、鎮静・リラックス用に利用されています。そのほか抗菌作用など、マンダリン精油に期待される働き、使用時の注意点などをご紹介します。

【アロマ】ジンジャー/生姜精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

体が温まる食材としても使われる生姜。ジンジャー精油も血行促進や抗炎症作用が期待され、関節痛や生理痛などの緩和に取り入れられることがあります。そのほかスパイシーな香りによるストレス緩和など、ジンジャー精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

【アロマ】グレープフルーツ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

軽やかな香りの柑橘系のグレープフルーツ精油。メンタル面でのサポートにも効果が期待されており、香りと合わせて「スッキリしたい」時の香りとしてよく使われている存在。また、ヌートカトンという成分に交感神経活発化による脂肪燃焼作用を持つ可能性が報告されたダイエットのサポーターとしても注目されました。そんなグレープフルーツ精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

1 6 7