消化器系

7/8ページ

【アロマ】ジンジャー(生姜)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

世界中でスパイスとして利用されているジンジャー(生姜)。精油はウッディー調とスパイシーさの入り混じった印象で、私達の思う生姜のイメージとは異なる香りです。作用成分は違いますが、精油も食材のショウガと同様に血行促進・加温作用によって体を温める働きが期待されていますよ。殺菌作用

【アロマ】グレープフルーツ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

軽やかな香りの柑橘系のグレープフルーツ精油。メンタル面でのサポートにも効果が期待されており、香りと合わせて「スッキリしたい」時の香りとしてよく使われている存在。また、ヌートカトンという成分に交感神経活発化による脂肪燃焼作用を持つ可能性が報告されたダイエットのサポーターとしても注目されました。そんなグレープフルーツ精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】ベルガモット精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系の爽やかさの中に、フローラルやハーバルな印象も入り混じった柔らかい香りのベルガモット。精油は“酢酸リナリル”を含む事が特徴で、精神や神経バランスを整える手助けをしてくれるストレス対策精油としても注目されています。そのほか、消化器系サポートや、抗菌・抗ウィルス作用などベルガモット精油に期待されている働き、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】スイート・マジョラム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

甘くほろ苦い、ハーブ系の芳香が特徴的なマジョラム。精油は香辛料として使われるマジョラムよりもスパイシーさが薄く、温かみのある印象です。マジョラムは古くからメンタル面や胃腸機能のサポートなど様々に使用されきたハーブ。精油も鎮静作用や抗不安作用が報告されており、リラックス系の香りとして使われています。そのほかマジョラム精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】レモングラス精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

レモングラスはスッキリとした芳香が特徴的なアジアのハーブ。精油もレモンとハーブを混ぜたような爽やかで親しみやすい芳香があり、香りを楽しむ・ブレンド用としても使い勝手の良い存在。抗菌・抗真菌作用や抗炎症作用を持つことが報告されているほか、鎮静・抗不安作用などメンタル面のサポートなどレモングラス精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】スペアミント精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

スペアミントはさっぱりとしつつ、お菓子を連想させるようなマイルドな香りの精油。主成分はカルボンでメントール含有率が低いなど、ペパーミントとは芳香成分や使われ方に違いあります。抗菌性が報告されているほか、消化器系ケアや花粉症軽減、集中力サポートなどにスペアミント精油に期待されている作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】フェンネル・スイート精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

甘く華やかな香りが特徴的なフェンネル。紀元前から薬として利用されてきたハーブで、日本でも茴香(ウイキョウ)として活用されています。芳香には抗不安作用などメンタル面のサポート、トランス-アネトールを含むことから女性ホルモンの乱れによって起こる更年期障害などにも用いられています。そのほかフェンネル・スイート精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】スターアニス精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

漢方シロップを連想させる、甘くスパイシーな香りが特徴のスターアニス。トランスアネトールが主成分で胃腸や女性領域へのサポート、高い抗菌性が注目されはいますが、刺激性・毒性が懸念されている精油でもあります。そんなスターアニスの原料や精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

1 7 8