消化器系一覧

シラントロ/コリアンダーリーフ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シラントロやコリアンダーリーフとも呼ばれる、タイ料理などでもお馴染みのパクチーから抽出された精油。パクチーと言えば別名“カメムシソウ”とも呼ばれる独特の芳香がありますが、精油はパクチーよりも柔らかく柑橘系っぽさを含む爽やかな香りが楽しめます。精油の歴史が新しくアロマテラピーでは利用されていませんが、モノテルペンアルコール類のリナロールを含むことからストレス軽減やリラックスに役立つのではないかと考えられています。近年はデセナールなどいくつかの精油成分に有害物質・化学物質の解毒や排泄を促す作用を持つ可能性があることも報告され注目されています。そのほかコリアンダーリーフの精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ホーリーバジル/トゥルシー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インドの伝統医術アーユルヴェーダで用いられるハーブとしてや、神聖なハーブ・万能のハーブとして紹介されることもあるホーリーバジル。近年はストレスへの抵抗力を高めてくれるアダプトゲンの一つとしても注目されているハーブの一つで、精油もストレスへの抵抗力を高める働きが期待されています。重めのハーバル調と称される香りですが、主成分はオイゲノールでクローブに似た甘さとスパイシーさを含むことも特徴的です。オイゲノールの働きから消化機能系のトラブル軽減や風邪予防、歯痛・頭痛・関節炎などの痛み緩和にも効果が期待されています。そのほか抗菌・抗カビ作用などホーリーバジル精油に期待される働きや、皮膚刺激性など使用時の注意点についてもご紹介します。

ガランガル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガランガルはインドネシアやタイなどで香辛料として用いられているショウガ科植物で、月桃と同じくハナミョウガ属に分類されています。精油の原料として使われるのは主に大ガランガルと呼ばれる種類で、やや甘さのある生姜に似た香りが特徴とされています。酢酸ゲラニル・リナロールなど様々な成分が含まれており、リフレッシュ効果や気持ちを前向きにするためのサポートにも役立つと考えられていますよ。また主成分が1,8-シネオールのため風邪予防や呼吸系の不調軽減に、伝統医療における利用の歴史と合わせて消化器系の不調緩和にも効果が期待されています。そのほか疲労回復促進などカランガル精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

ロベージ/ラベージ/ラベッジルート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロベージは日本ではあまり馴染みのないものの、ヨーロッパでは広く用いられているセリ科ハーブの一つ。葉・茎・種・根とほぼ全てがハーブもしくは野菜として利用でき、古代ギリシア・ローマ時代から利用されていたこのが分かっています。中世には媚薬の原料に使われたため愛のパセリ(Love Parsley)とも呼ばれているんだとか。ロベージの根を原料とするラベッジルート精油はアンジェリカなどに似た重く甘いハーバル調の香りで、鎮静作用や消化器系のサポートに優れた働きを持つと考えられています。そのほかフタライド類を多く含むため抗色素沈着作用・美白効果なども期待されているロベージ精油や成分についてや、使用時の注意・禁忌などをご紹介します。

コウヤマキ(高野槇)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本の航空会社がファーストクラスで使用した事が報じられたこともあり、国産精油として注目されているコウヤマキ(高野槙/高野槇)。和歌山県にある真言宗の総本山“高野山”の周辺に多く生えていることが名前の由来とされており、イチョウとともに生きた化石と称される植物でもあります。精油は枝葉から採油されるので木を切り倒す必要はありませんが、採油率が低いので貴重な存在。香りは樹木系経由の中でもシャープな印象で、心身をリラックスさせてくれる働きが期待されていますよ。そのほかストレス性の胃腸トラブルや循環不良改善・免疫力サポートや風邪予防についてなど、コウヤマキ精油に期待される作用や使用時の注意点・精油のブレンド例をご紹介します。

ホップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ビールの材料としてお馴染みのホップ。シュメール文明期には既にポップと大麦を使って自然発酵させたビールの原形があったと言われるほどで、嗜好品としてではなく薬としても用いられていたと伝えられています。中世ヨーロッパのハーブ辞典にはホップの鎮静効果も記されており、現在でもドイツのコミッションEなどで認められています。ホップ精油は日本では非常にマイナーな存在ですが、鎮静作用や小鎮痛・抗炎症作用が期待できるとして欧米を中心に取り入れられているそう。ただし香気成分については未解明な部分も多くエストロゲン様作用なども不明瞭であること、常用すると逆に鬱症状の原因となる可能性がある・皮膚刺激性が強いなど注意点についてもご紹介します。

オレンジ・ビター精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オレンジスイートとグレープフルーツオイルをブレンドしたような渋めの香りを持つオレンジビター(橙オイル)。果実を原料としたオレンジビターの他に花からはネロリ・葉や枝からはプチグレンも採油されますが、この2つと異なりオレンジビター精油はフロクマリン類による光毒性(光感作作用)が強いこと・毒性が指摘されるケトン類などを若干含むことから一般家庭での使用には適さないとされています。成分としてはリモネンが90%以上、加えて酢酸リナリルやリナロールも含まれるため鎮静効果が期待され、気持ちのバランスを整えるのではないかという説もあります。風邪やインフルエンザ予防にも役立つと考えられますが、デイリーに使用したい場合はオレンジスイートの方が適している

シナモンバーク精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド類の含有率が高いことから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて気分ややる気を高める働き・血行を促し体を温める働き・消化機能をサポートする働きなども期待されています。ブレンド用としてごく少量加える

Sponsored Link